県民割・隣県割キャンペーン特集!

中欧ウィーン・ザルツブルク・プラハ・ブダペスト・ベルリン旅行記まとめ

ヨーロッパ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の中欧旅行は12泊14日の日程で、ドイツのベルリン、チェコのプラハ、オーストリアのウィーンザルツブルク、ハンガリーのブダペストの順に周遊しました。今回の旅はウィーン・プラハ・ブダペストを中心に観光することが目的で、ベルリンは飛行機のINとOUTの関係上、立ち寄ることになりました。楽しみにしていたウィーンのシェーンブルン宮殿、プラハの美しい街並み、ブダペストの夜景はとても素晴らしかったですよ。

これから中央ヨーロッパ旅行される方の参考になればと思い、旅行日数や周遊ルート、航空会社、ホテル、予算、ガイドブックなどの情報を中欧旅行記としてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日目 カタール経由でベルリンへ

市内観光ツアーに参加しよう!ドーハ空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方

ベルリン中央駅すぐそば!インターシティホテルベルリン宿泊レビュー

ベルリンのおすすめホテル12選!観光に便利で手頃なホテルを厳選しました

2日目 ベルリン観光

ベルリン博物館島の1日観光!ペルガモン博物館をはじめ5つの博物館を巡りました

3日目 ベルリン観光/ベルリンからプラハへ

ドイツ・ベルリン観光のおすすめモデルコースと必要日数

国際特急列車ECでベルリンからプラハへ移動する方法

手頃な5つ星ホテル!グランディオールホテルプラハ宿泊レビュー

プラハのおすすめホテル10選!観光に便利で手頃なホテルを厳選しました

4日目 プラハ観光

チェコのプラハ城を観光してわかった!行き方・チケット・見どころを徹底解剖

プラハの穴場スポット!聖ミクラーシュ教会とストラホフ修道院への行き方

プラハ本駅から徒歩5分!グランディウムプラハ(ホテルヤスミン)宿泊レビュー

5日目 プラハ観光

中世の街チェコ・プラハ観光の必要日数とおすすめモデルコース

プラハのカレル橋を100%楽しむ!ポイントは聖人像・橋塔・夜景の3つ

6日目 プラハからウィーンへ/ウィーン観光

高速列車レイルジェットでプラハからウィーンへ移動する方法

ベルヴェデーレ宮殿の行き方と上宮美術館の押さえておくべき見どころ!

スターインホテルプレミアムウィーンハウプトバーンホフ宿泊レビュー

ウィーンのおすすめホテル13選!観光に便利で手頃なホテルを厳選しました

7日目 ザルツブルク観光

日帰りで行ける!ウィーンからザルツブルクへ電車での行き方

1日で巡れる!ザルツブルク観光のおすすめモデルコース

ザルツブルクのシンボル!ホーエンザルツブルク城を観光してきました

ザルツブルクのおすすめホテル10選!観光に便利でコスパが良いホテルは?

8日目 ウィーン観光

シュテファン寺院を観光!北塔に登ってウィーンの街を一望してみました

ホーフブルク宮殿を観光してわかった!アクセス・チケット・見どころを紹介

憧れのウィーン国立オペラ座でオペラ観劇!服装・チケット・座席料金について

グランドホテルメルキュールビーダーマイヤーウイーン宿泊レビュー

9日目 ウィーン観光

音楽の都ウィーン観光の必要日数とおすすめモデルコース

ウィーン美術史美術館の必見作品30選と入場レポート!

10日目 ウィーン観光/ウィーンからブダペストへ

シェーンブルン宮殿を観光してわかった!行き方・チケット・見どころを徹底解剖

高速列車レイルジェットでウィーンからブダペストへ移動する方法

鎖橋まで徒歩5分!スターライトスイーテンホテルブダペスト宿泊レビュー

ブダペストのおすすめホテル10選!観光に便利でコスパの良いホテルは?

11日目 ブダペスト観光

ドナウの真珠ブダペスト観光の必要日数とおすすめモデルコース

夜景が美しいブダペスト!レゲンダ社のドナウ川クルーズに参加しました

12日目 ブダペスト観光

ブダペストのセーチェニ温泉へ行ってきました!料金・予約方法・アクセスは?

ブダペストのおすすめスーパー4選!ハンガリーのお土産を安く購入しよう

アストリア駅そば!ダヌビウスホテルアストリアシティセンター宿泊レビュー

13~14日目 帰国

ブダペスト空港からカタール経由で帰国

スポンサーリンク

中欧旅行の期間・日数・訪問都市

旅行期間:2016年6月下旬~7月上旬

旅行日数:12泊14日

訪問都市:ベルリン(2泊)、プラハ(3泊)、ウィーン(4泊)、ザルツブルク(日帰り)、ブダペスト(3泊)

中欧旅行の利用航空会社

利用した航空会社はカタール航空で、約5か月前に予約しました。カタールのドーハ空港乗り継ぎで、ベルリンINブダペストOUTのオープンジョー航空券です。

中欧旅行の周遊ルート

今回の旅はドイツのベルリンからスタートし、チェコのプラハ、オーストリアのウィーン、ハンガリーのブダペストの順に電車を利用して巡りました。ザルツブルクへはウィーンを起点にして、日帰りで訪れました。

実はプラハINブダペストOUTで中欧3か国だけ周遊したかったのですが、カタール航空はプラハに就航していなかったため、一番近いベルリンから入ることにしました。カタール航空はミュンヘンに就航しているので、ミュンヘンINブダペストOUTも検討したのですが、思い描くようなルートにはならなかったので今回のルートになりました。

またチェコの人気都市チェスキークルムロフも訪れたかったのですが、アクセスが若干落ちることから諦めました。

ベルリン・プラハ・ウィーン・ブダペストの宿泊ホテル

今回の旅は中央ヨーロッパを巡る周遊旅行だったので、都市間移動や観光に便利なホテルを選びました。1泊1室約10,000~15,000円とリーズナブルな4~5つ星ホテルに宿泊しました。

中欧旅行の予算(一人あたり)

今回は観光シーズンである初夏に訪れましたが、ホテル代は比較的リーズナブルでした。交通費は日本に比べて安く、特にレイルジェットなどの新幹線に関しては割安感があります。外食費はベルリンとウィーンが日本よりやや高めだったので、私達はスーパーを活用して食事代を抑えました。外食費が安かったプラハとブダペストでグルメを楽しみましたよ。

観光スポットの入場は人気どころに絞りましたが、やはりヨーロッパなので入場料はこれくらい掛かるかと思います。一人当たり約20万円と、ヨーロッパにしては格安で旅行することができました。

  • 航空券代(燃油代込) 63,000円
  • ベルリンープラハ間の電車代 3,500円
  • プラハーウィーン間の電車代 3,000円
  • ウィーンーザルツブルク間の往復電車代 5,000円
  • ウィーンーブダペスト間の電車代 4,000円
  • その他交通費 5,000円
  • ホテル代(12泊分) 65,000円(室料130,000円)
  • 入場料 25,000円
  • 食事代 25,000円

中欧旅行におすすめのガイドブック

中欧のガイドブックは、人気ガイドブックシリーズから各タイトルが出版されています。

るるぶまっぷるは写真がたくさん載っているのでイメージが掴みやすく、ウィーン・プラハ・ブダペスト3都市の情報がまとめて掲載されているので非常に便利です。地球の歩き方はマイナー都市まで掲載されているので周遊旅行に役立ちますが、持ち歩くのは重たいです。

女子旅向けのことりっぷララチッタ地球の歩き方arucoやコンパクトサイズのタビトモ地球の歩き方Platは、持ち歩きには便利ですが情報量は少なめです。本を持ち歩きたくない方は、電子書籍のKindle版をスマホやタブレットに入れておくと便利だと思います。

ウィーン・プラハ・ブダペストのガイドブック

るるぶウィーン・プラハ・ブダペスト (るるぶ情報版海外)
人気の中欧三都をコンパクトにまとめた一冊。このエリアを旅するうえで欠かせない、ハプスブルク家、音楽、世紀末芸術、文化などを各国ごとに紹介。人気のレストランやカフェ、ピヴニッツェ、土産も豊富な写真で紹介。各都市から行く郊外の人気エリアも網羅しているので、都市からちょっと足を延ばしてみたい人にもオススメです。 【本誌掲載の...
まっぷる ウィーン プラハ・ブダペスト (マップルマガジン 海外)
まっぷる ウィーン プラハ・ブダペスト (マップルマガジン 海外)
A17 地球の歩き方 ウィーンとオーストリア 2020~2021
「芸術と歴史の町」ウィーン、「モーツァルトの故郷」ザルツブルク、「ヨーロッパの十字路」インスブルック……中欧の美しい町を自由自在に歩きまわれる地図と旅情報が自慢のガイドブック。町歩きはもちろん、オペラのスケジュールからカフェ巡り、歴史探訪、ハイキングなどオーストリアを楽しむ情報が満載です。 ※今回の2020~2021年...
A26 地球の歩き方 チェコ ポーランド スロヴァキア 2020~2021
チェコ、ポーランド、スロヴァキアを詳しく紹介したガイド。最新のホテルから、伝統的なレストラン、ビアホールまで、徹底取材をもとにおすすめの「見る」「食べる」「買う」「泊まる」ための物件を掲載。歴史や文化、人物、暮らしなどのコラムも満載し、旅の周辺情報もバッチリ。これ1冊で3ヵ国の旅は怖いものなし。 ※今回の2020~20...
A27 地球の歩き方 ハンガリー 2019~2020
「ドナウの真珠」と賞され、世界遺産にも登録されている古都ブダペストは旅行者が絶えない観光地であり、また変化の激しい流行発信都市でもある。また、ブダペストから少し足を延ばせば、中世の趣が感じられる美しい小都市、騎馬民族のマジャール人に伝わる馬術ショー体験、貴腐ワインのふるさと探訪と、豊かな旅が待っている。 今回の2019...
A25 地球の歩き方 中欧 2019~2020
おとぎ話に出てくるような美しい町、中世が今なお息づく幻想的な町、キリスト教とイスラム教が並存する町、時間がゆっくりと流れるような町……。中欧の旅の魅力は、発展、繁栄、苦難、戦乱…さまざまな歴史を経てバラエティに富んだ特色ある町に出合えることです。このガイドブックであなたイチオシの町をみつけてください。 今回の2019~...
17 地球の歩き方 aruco ウィーン ブダペスト 2020~2021 (地球の歩き方aruco)
ひとり旅にも優しいカフェレストランやSNS映え抜群のスポットなど、最旬ウィーンがギュッと詰まった一冊! 音楽の都を楽しむための最新情報や、観光パスの徹底比較など、より賢くお得に旅する実用情報も満載! ひと足延ばしてザルツブルク、ハルシュタット、隣国ハンガリーのブダペストも詳しく紹介しています☆ ※今回の2020~202...
15 地球の歩き方 aruco チェコ 2019~2020 (地球の歩き方aruco)
フォトジェニックなプラハの町をひとり占めできる絶景スポットや、チェコの巨匠ムハ(ミュシャ)ゆかりの地巡り、願いが叶うパワスポにクルーズさんぽなど、aruco女子にぴったりのプラン満載!世界一美しい町チェスキー・クルムロフや温泉街カルロヴィ・ヴァリなど地方の魅力的な町もご紹介。 ※今回の2019~2020年版には以下の内...
ウィーン オーストリア ブダペスト プラハ (ブルーガイドわがまま歩き)
ハプスブルク家ゆかりの三都をめぐり、カフェにアートに酔いしれる旅! 世界遺産、音楽や芸術、ワインにビール、カフェ巡り……。 さまざまな魅力の詰まった中欧エリアを思い思いに楽しめる提案満載の一冊です。 もちろん、見どころやレストラン、ショップやホテルの情報も充実。 ウィーン、ブダペスト、プラハの三都市やザルツブルク、イン...
ララチッタ ウィーン・プラハ
コンセプトは『大人カワイイ女子旅案内』。ウィーンの中心部を走るリングトラムの特集や、旧市街の散歩MAP、カフェでのオーダーメニューなどを特集。。宮殿、王宮、美術館などの観光ハイライトはもちろん、皇妃エリーザベトやハプスブルク家、オペラや世紀末建築など、ウィーン、プラハでははずせないテーマもきっちりご紹介。<br><br...
ウィーン オーストリア (タビトモ)
【ウィーンの魅力をギュっと凝縮!】 観光のハイライトを巻頭で特集。また、名物グルメ、カフェなどウィーン旅行にはずせないテーマ特集を充実。多くの旅行者が訪れるハプスブルク家ゆかりの地や、オペラ鑑賞ガイドを掲載。コンパクトながらウィーンの魅力がぎゅっと詰まった一冊です。 【本誌掲載の主な特集】 ◆ハプスブルク家ゆかりの地 ...

ベルリンのガイドブック

るるぶドイツ ロマンチック街道 (るるぶ情報版海外)
白亜の古城・ノイシュヴァンシュタイン城、ロマンチック街道や古城街道やライン川など、人気の観光スポット特集をはじめ、起点となるミュンヘンやフランクフルト、ベルリンの都市情報も充実紹介。クリスマスマーケット特集も。特製付録はマップ&主要都市の交通情報掲載。 ★読者限定2大特典★ 【Google マイマップ対応】 1掲載物件...
まっぷる ドイツ ロマンティック街道 (マップルマガジン 海外)
まっぷる ドイツ ロマンティック街道 (マップルマガジン 海外)
A14 地球の歩き方 ドイツ 2021~2022
今回の特集では、路線バスで巡るベルリン横断の旅を紹介しました。さらにベートーベン生誕250周年を祝うボンのイベント情報やフランクフルトにできた金の博物館、ベルリンのかつての王宮復活などとっておきの旅情報をご案内します。町ごとのモデルルートなど旅の計画に役立つ工夫も満載。ドイツの旅に必携のガイドブック! ※今回の2021...
A16 地球の歩き方 ベルリンと北ドイツ ハンブルク ドレスデン ライプツィヒ 2020~2021
今回の巻頭特集では、ドイツ東部・ザクセン州の見どころをドイツの王様としてはノイシュヴァンシュタイン城を作ったルートヴィヒ2世と並んで有名な「アウグスト強王」の足跡をたどりながら紹介しました。また、日本人にはまだ馴染みのないバルト海・北海沿岸地方の美しいリゾート地もご紹介しています。 ※今回の2020~2021年版には以...
06 地球の歩き方 Plat ドイツ (地球の歩き方Plat)
ドイツは、自由都市や中小の領邦国家の集まりだった中世の歴史から多彩な地方文化が育まれてきた国。そして、魅力的な町をつなぐ観光街道が縦横に延びています。どこを旅するかでまったく違うドイツの顔に出合う楽しみがあるのです。その中からPlatは「ドイツならここ! 」の7つの町と街道をセレクトしました。 本書は以下の内容が収録さ...
28 地球の歩き方 aruco ドイツ 2021~2022 (地球の歩き方aruco)
今号は映える古城巡り、ドイツの最高峰ツークシュピッツェの楽しみ方、クラシック音楽の迫力を体験する新特集に注目。スーパーマーケットの人気商品、ドイツ発コスメブランド、ベルリンの蚤の市など多彩な情報を掲載しています。クリスマスマーケット特集もさらに充実させました。これ1冊でドイツ各地の魅力がまるわかり! 最新2021~20...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヨーロッパ
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました