県民割・隣県割キャンペーン特集!

マレーシア旅行記まとめ【クアラルンプール・マラッカ】

マレーシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回で4度目の訪問となったマレーシアでは、クアラルンプールマラッカを訪れました。旅の目的はクアラルンプールで人気の高級ホテルに泊まり歩くことだったので、約2週間と長めに滞在してきました。クアラルンプールではグルメ・ショッピング・マッサージを満喫し、マラッカでは可愛らしい建物を眺めながら街歩きを楽しみました。クアラルンプールの高級ホテルは部屋もサービスも良くて、とにかくコスパが高かったですよ。

これからマレーシアを旅行される方の参考になればと思い、宿泊したホテルを中心に、グルメ、ショッピング、マッサージなどの情報をマレーシア旅行記としてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシア旅行記の目次

クアラルンプール編

クアラルンプール国際空港KLIA2と市内へのアクセス方法

クアラルンプールのバトゥ洞窟へ電車で行く方法!階段の先は神秘的な世界だった

クアラルンプール近郊プトラジャヤへの行き方!可愛いピンクモスクを観光しよう

人気の展望台KLタワーへの行き方!スリル満点のスカイボックスを体験しよう

クアラルンプール観光の必要日数とおすすめモデルコース

交通の中心KLセントラル駅を徹底解剖!空港アクセス・食事・両替について

クアラルンプール・ミッドバレーメガモールのレストランやショップを徹底解剖!

クアラルンプールで一番人気のパビリオンでグルメやショッピングを楽しもう!

スリアKLCCってこんなトコ!レストラン・フードコート・スーパーを要チェック

クアラルンプールのおすすめレストラン特集!人気のグルメスポットはどこ?

クアラルンプールのスーパー・ショッピングセンター特集!お土産を安く購入しよう

クアラルンプールで安くておすすめのマッサージ&スパを厳選しました!

クアラルンプールの両替事情とおすすめの両替所について

KLセントラル駅そば!ホテルセントラルクアラルンプール宿泊レビュー

KLセントラル駅前の5つ星ホテル!ルメリディアンクアラルンプール宿泊レビュー

KLセントラル駅直結で便利!アロフトクアラルンプールセントラル宿泊レビュー

ブキッビンタン駅そばの5つ星ホテル!パークロイヤルクアラルンプール宿泊レビュー

繁華街の中心にある5つ星ホテル!グランドミレニアムクアラルンプール宿泊レビュー

キッチン付で広々!パークロイヤルサービスドスイーツクアラルンプール宿泊レビュー

日本人専用ラウンジがある5つ星ホテル!イスタナクアラルンプール宿泊レビュー

好立地なのにクラブルームが格安で泊まれる!インピアナKLCCホテル宿泊レビュー

ツインタワービューが大人気!トレーダースホテルクアラルンプール宿泊レビュー

パビリオン裏の5つ星ホテル!プルマンクアラルンプールシティセンター宿泊レビュー

クアラルンプールのおすすめホテル20選!観光に便利な立地のホテルを厳選しました

マラッカ編

クアラルンプールからマラッカへの行き方!安くて早いバスがおすすめ

古都マラッカ観光の所要時間とおすすめモデルコース

マラッカのおすすめレストラン・カフェ!安くて美味しい地元グルメを食べよう

プラナカンの趣きを感じるプチ邸宅ホテル!ホテルプリマラッカ宿泊レビュー

ショッピングセンター直結の大型格安ホテル!ハッテンホテルマラッカ宿泊レビュー

マラッカのおすすめホテル10選!観光に便利な立地のホテルを厳選しました

スポンサーリンク

マレーシア旅行の期間・日数・訪問エリア

今回のマレーシア旅行は、エリアと人気の高級ホテルの調査も兼ねていたため、約2週間と長めに滞在しました。

旅行期間:2016年11月

旅行日数:13泊15日

訪問エリア:クアラルンプール(11泊)、マラッカ(2泊)

マレーシア旅行の利用航空会社

利用した航空会社はLCC(格安航空会社)のエアアジアXで、約5か月前に予約しました。

クアラルンプールとマラッカで宿泊したホテル

クアラルンプールでは「KLセントラル駅」「ブキッビンタン」「KLCC」エリアに、1泊1室朝食付きで10,000円前後の5つ星ホテルを中心に宿泊しました。マラッカでは、観光に便利なプラナカンホテルと4つ星ホテルに宿泊しました。

【クアラルンプール】

【マラッカ】

マレーシア旅行の予算(一人あたり)

クアラルンプールは世界で一番約安く5つ星ホテルに泊まれる都市なので、今回は10,000~15,000円の4~5つ星ホテルに宿泊しました。私達は全て朝食付きプランで予約しましたが、朝食なしプランより2~3,000円増しでもビュッフェが豪華なので高くないと思います。

今回はタクシーをほぼ利用せず、公共交通機関で主に移動したので、交通費はあまりかかりませんでした。マレーシアは交通費が安いため、タクシーでクアラルンプール市内を移動しても500円くらいです。ただしクアラルンプール中心部は近年渋滞がひどいので、荷物が多い時だけタクシーを利用するなど、使い分けるといいかもしれせんね。

食事はショッピングセンターに入っているレストランやカフェを中心に、ほぼ人気のレストランを網羅しました。食事代は一食500円程度と格安ですが、お酒代は宗教上の理由から高い(日本と同じくらい)のであまり飲みませんでした。マッサージ代は日本と比べても半額くらいなので、旅行中に3回通いました。今回はあれもこれも楽しんで、一人当たり約120,000円と長期間のわりに格安で旅行できました。

  • 航空券代(燃油代込) 33,000円
  • クアラルンプール空港ーKLセントラル駅間の往復バス代 700円
  • KLセントラル駅ープトラジャヤ駅間の往復電車代 700円
  • KLセントラル駅ーバトゥケイブ駅間の往復電車代 150円
  • クアラルンプールーマラッカ往復バス代 700円
  • その他交通費 1,600円
  • ホテル代(13泊分) 58,000円(室料116,000円)
  • 入場料 7000円
  • 食事代 12,000円
  • マッサージ代 5,000円
  • 雑費 3,000円(お土産代は除く)

マレーシア旅行におすすめのガイドブック

マレーシアのガイドブックは出版しているところが少なく、選択肢が限られています。

るるぶまっぷるは写真がたくさん載っているのでイメージが掴みやすく、最新情報が掲載されているのでトレンドを掴みやすいです。地球の歩き方ブルーガイドはマイナー都市まで掲載されているので周遊旅行にも役立ちますが、持ち歩くのは重たいです。

コンパクトサイズのタビトモは内容がまとまっていて持ち歩きに便利ですが、情報量は少なめです。本を持ち歩くのが重い、面倒だという方は、電子書籍のKindle版を購入しスマホやタブレットに入れておくと便利だと思います。

るるぶマレーシア クアラルンプール・ボルネオ (るるぶ情報版海外)
エリアによって異なる魅力をもつマレーシア。 クアラルンプールシティ・ガイド、ボルネオでのネイチャー探検、楽園リゾートのペナン島とランカウイ島、 世界遺産の街並みジョージタウンとマラッカ街めぐり、プラナカン文化など、 子供から大人まで楽しめるマレーシアの旅情報が満載! ●巻頭特集 フォトジェニックな映えスポット ●クアラ...
まっぷる マレーシア (マップルマガジン 海外)
まっぷる マレーシア (マップルマガジン 海外)
D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2020~2021
マレーシアはさまざまな魅力であふれている。東南アジア有数の都市クアラルンプール、世界最古と言われるボルネオ島のジャングル、至福のひと時を約束するアイランドリゾート、食べ物をとってみても、マレー、中国、インド、ニョニャ料理と、旅人を飽きさせることなくあたたかい笑顔で迎え入れてくれる。また、日本になじみの薄いブルネイだが、...
16 地球の歩き方 Plat クアラルンプール マラッカ (地球の歩き方 Plat 16)
軽くて持ち歩きにも便利なコンパクト版なのに、とっても中身が濃いのは地球の歩き方が作っているから。地球の歩き方を持っていくには情報が多過ぎて選べない。そんな声にお応えして、限られた時間の中で効率よく旅するための情報を「72時間で目一杯楽む」ことをテーマにギュギュッと詰め込んで一冊にまとめました。 本書には以下の内容が収録...
マレーシア (ブルーガイドわがまま歩き)
買い物&グルメの旅からリゾートやジャングル体験、 世界遺産まで、多面的な魅力のあるマレーシア。 日々進化し続ける首都クアラルンプールをはじめ、 ペナン島やランカウイ島などのマレー半島西海岸のリゾートのほか、 半島東海岸、ボルネオ島の東マレーシアなど、余すところなく案内します。 マレーシアの料理やおみやげ、スパ情報もたっ...
クアラルンプール マレーシア (タビトモ)
持ち歩きしやすい大きさと軽さで便利! と好評のタビトモシリーズの「クアラルンプール マレーシア」版。 絶対見たいペトロナス・ツインタワーや、地元の名店、おみやげ情報も満載! 【主な特集】 ◆やるべきコト! ・クアラルンプール1日モデルコース ・ペトロナス・ツインタワー大解剖! ・マレー料理&ニョニャ料理 ・安ウマ人気店...
ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア (ことりっぷ海外版)
ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア (ことりっぷ海外版)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マレーシア
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました