海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

セブ島オスロブでジンベイザメと泳ぐ!格安の現地ツアーに参加してきました

フィリピン
スポンサーリンク

南国リゾートのセブ島には、ジンベイザメと一緒に泳げるオスロブという町があるのはご存知でしょうか?日本では水族館でしか見られないジンベイザメですが、セブ島オスロブでは海面のすぐそばまで近寄ってきてくれます。野生のジンベイザメとのシュノーケリングが楽しめるなんて夢みたいですよね。

ジンベイザメを見るためには早朝に出発しなければならないので、自力で行くのは大変です。そのためオプショナルツアーに参加して行くのが一般的ですが、大手旅行会社から予約すると高額になるのがデメリット。そこで今回は、現地オプショナルツアー会社「KKday」の格安ジンベイザメツアーに参加してきました。オスロブへの行き方やおすすめのジンベイザメツアーの内容・料金、ツアーの持ち物や服装などについて紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブ島オスロブの場所はどこ?

ジンベイザメと泳げる場所は、セブ島の南端に位置する「オスロブ」という町です。セブ島中心部のセブシティやリゾートホテルの集まるマクタン島からは、車で3~4時間ほどの場所にあります。

セブ島でジンベイザメと泳げる時期と時間はいつ?

セブ島でジンベイザメと泳げる時期は一年中です。年間の平均気温が27℃という温暖なセブ島では、いつでもジンベイザメと泳げるのが魅力なんです。セブ島の季節は12~5月の乾季と6~11月の雨季に分かれていますが、旅行の時期が雨季だったとしてもあまり気にする必要はありません。南国特有のスコールはすぐに止みますし、台風クラスの大雨でなければツアーが中止になることも少ないでしょう。そしてジンベイザメと泳げる時間は午前中のみと決まっています。そのため、早朝3~4時にホテルを出発するのが一般的なスケジュールです。

セブ島オスロブへの行き方

セブ島オスロブへのアクセス方法は、①自力でバスに乗って行く、②現地オプショナルツアーに参加して行くのどちらかです。

自力でバスに乗って行く

オスロブへ自力で行く場合は、朝3~4時頃に宿泊するホテルからタクシーに乗り、セブシティの南側にあるサウスバスターミナル(South Bus Terminal)へ向かいます。そしてサウスバスターミナルから出ているオスロブ行きのバスに乗れば、4~5時間ほどでオスロブに到着します。オスロブ行きのバスは大体30分に一本の間隔で運行、料金は170~200ペソ程度です。

私達は朝3時頃にサウスバスターミナルへ行ってみましたが、周辺は街灯も少なく真っ暗でした。現地のドライバーさんにも「写真を撮るなら気を付けて」と言われたほど。激安で行けるのはメリットですが、治安の心配があるので自力で行くのは避けた方が良いかもしれません。

現地オプショナルツアーで行く

自力で行くと不便なオスロブへは、旅行会社や現地ツアー会社の催行するオプショナルツアーに参加して行くのが一般的です。朝出発するのが早くても、宿泊ホテルまで迎えに来てくれるのでとにかく楽ちんです。またホテルからオスロブへはダイレクトで行くため、バスより1時間ほど早く到着するのがメリット。ツアーの場合の所要時間は、オスロブまで3時間ほどと思っておくと良いでしょう。

オスロブへ自力で行く場合の料金

オスロブへ自力で行った場合は、現地の受付カウンターで料金を支払う必要があります。料金はプランによって異なり、一番人気はジンベイザメと泳げるシュノーケリングプランです。

・船上からの見学プラン:500ペソ
・シュノーケリングプラン:1,000ペソ
・ダイビングプラン:1,500ペソ
・フィンのレンタル:100ペソ

ジンベイザメツアーの内容と料金

ジンベイザメツアーに参加した場合は、ツアー料金の中に往復送迎代、ボート代、シュノーケルセット、ライフジャケットのレンタル料金が含まれています。ジンベイザメツアーの内容は、大きく分けて以下の3種類。一番人気のツアーは①オスロブ観光とのセットプランで、②スミロン島とのセットも少し高いですが人気です。※注 スミロン島は毎月第3水曜、ツマログの滝は毎月第4水曜がクローズ日。

①ジンベイザメとシュノーケリング体験+オスロブ観光(ツマログの滝・遺跡公園)
②ジンベイザメとシュノーケリング体験+スミロン島
③ジンベイザメとシュノーケリング体験+秘境のカワサン滝

大手旅行会社のツアー

ジンベイザメツアーを日本の大手旅行会社から申し込むと、一人15,000円~20,000円ほどが相場になります。日本語ガイドツアーなので安心感はありますが、高額なのがデメリットです。

【JTB】 ジンベエザメウォッチング&シュノーケリング体験ツアー 約20,000円
【HIS】 ジンベイザメシュノーケリング&ツマログの滝ツアー 約20,000円

タビナカのツアー

現地オプショナルツアー会社のタビナカは、一人10,000円~15,000円が相場です。大手旅行会社に比べ、日本語ガイドツアーが割安になります。

【タビナカ】 ジンベイザメと泳ぐシュノーケリングツアー 約10,000円~
【タビナカ】 ジンベイザメと泳ぐ+カワサン滝ツアー 約15,000円
【タビナカ】 ジンベイザメと泳ぐ+スミロン島のアイランドホッピングツアー 約15,000円

KKdayのツアー

格安でジンベイザメツアーに参加するなら、現地オプショナルツアー会社のKKdayが一番安いです。英語ガイドにはなりますが、他社の半額ほどの値段でジンベイザメツアーに参加できるのがメリットです。他の乗客と一緒に行く混載ツアーであれば、約4,700円という驚きの安さ。高額になりがちなプライベートツアーに関しても、2名参加で約7,300円、3名だと約5,700円という破格の値段です。私達もこのKKdayのプライベートツアーに参加してきました。

【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+オスロブ観光の混載ツアー 約4,700円
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+オスロブ観光のプライベートツアー 約4,300円~
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+カワサン滝のプライベートツアー 約8,100円~
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+スミロン島のプライベートツアー 約11,300円~

ジンベイザメツアーの持ち物と服装

・水着 ツアー当日はあらかじめ水着を着ていくと、現地での着替えがスムーズです。
・ラッシュガード 日焼け止めの使用は禁止されているため、日焼けしたくない人は必須。
・ビーチサンダル サンダルは脱げやすいのでマリンシューズもおすすめ。
・タオル ホテルのタオルを持ち出すのはNGなので持参すること。
・酔い止め ボートは小さいので結構揺れます。
・防水スマホケース 防水ケースに入れておけば水没の心配がありません。
・水中カメラ(アクションカメラ) ツアーによっては含まれていることもあるので要確認。

ジンベイザメツアーでの水中カメラ率はかなり高かったので、現地でレンタルもしくは事前に購入していくのがおすすめです。現地でのレンタル料金は、1,000~3,000円(500~1500ペソ)が相場。各ツアー会社の料金を比較すると、JTBは1,000ペソ、タビナカは1,500ペソ、KKdayは550ペソで一番安いです。いずれもSDカードは含まれていないため、自分で用意していく必要があります。

水中カメラ(アクションカメラ)と言えば「GoPro」が有名ですが、購入すると結構な値段がします。予算を抑えるなら、Amazonや楽天で販売されている中華系アクションカメラを選ぶと良いでしょう。私達もAmazonで8,000円程度のカメラを購入しましたが、何の問題もなく使えたうえに、画質も結構キレイでした。

ツアーの参加日はいつにする?

ジンベイザメツアーは未明に出発するため、体力的に結構ハードです。セブ島中心部では渋滞に巻き込まれることもあるので、当日の交通状況によっては予定のツアー時間を超えてしまうことも。そのため、セブ島到着日と帰国日のツアー参加は避けた方が良いでしょう。セブ島旅行の2日目や3日目など、体力がある最初のうちに参加してしまうのもおすすめです。

子供と一緒にツアーに参加できるの?

ツアー会社によって基準は異なりますが、基本的に子供でもジンベイザメツアーに参加できます。KKdayの場合は、0〜6歳の子供は船上からの鑑賞のみで、ジンベイザメとの遊泳を体験できるのは7歳以上です。0〜2歳の幼児は無料でツアーに参加できます。子供の体力やパパ・ママの負担を考えると、小学生になってからの方が楽しめるかもしれませんね。

スポンサーリンク

KKdayの格安ジンベイザメツアーに参加しました

今回私達は、ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験+オスロブ観光がセットになったKKdayのプライベートツアーに参加してきました。どんなツアー内容だったのか、実際の流れに沿って詳しく紹介していきますね。

宿泊ホテルから出発

AM3:00に宿泊ホテルを出発
ジンベイザメツアーの当日は、宿泊しているホテルのエントランスまで車が迎えに来てくれます。待ち合わせの5分前には、すでにガイドさんが到着していました。ガイドさんはKKdayのロゴ入りベストを着用していたので、スムーズに合流できて良かったです。

ホテルを出発し、一気にオスロブへと向かいます。途中でコンビニに寄ってほしい、トイレに行きたいというリクエストくらいなら聞いてくれるので、遠慮なくお願いしましょう。英語はほとんど喋れなくても、簡単な単語で十分に伝わります。

車内でぐっすりと眠っている間に、夜が明けていました。

オスロブに到着

AM5:30にオスロブへ到着
道路が空いていたせいか、なんと2時間半でオスロブに到着しました。

こちらのシャワールーム&更衣スペースで、水着に着替えます。

着替えを済ませたら、ビーチへ下ります。

まだ朝の6時頃だというのに、ビーチには大量の観光客が!

海上にはたくさんのボートが浮かんでいます。

セブ島で迎えるサンライズタイム。天気が良かったので、見事な日の出が見られました。

ジンベイザメと泳ぐ前に、簡単な講習会に参加する必要があります。

ジンベイザメウォッチングの禁止事項
・ジンベイザメには触れず、5~6メートルの距離を保って泳ぐこと。
・ボートからジャンプして海に入らないこと。
・ジンベイザメが驚くので撮影時はフラッシュの使用を禁止。
・環境保護のため日焼け止めの使用は禁止。

講習会が終わったら、自分が乗るボートの順番が来るまで待ちます。椅子に座って20分ほど待っていると、ガイドさんに呼ばれました。まずはライフジャケットを着用します。

そしてシュノーケルマスクを受け取ります。

ジンベイザメと泳ぐ

AM6:30にボートに乗って沖へ
準備が出来たら、小型ボートに乗り込みます。ここからは一旦ガイドさんと離れ、ボートスタッフの指示に従います。

ボートは15人も乗れば満員になってしまうサイズなので、荷物はカメラやスマホくらいしか持ち込めません。

ビーチから10~20メートルほどの沖合が、ジンベイザメのウォッチングスポットです。ざっと見渡しただけでも、50隻以上ものボートが沖に停留していました。

さっそく海に入ると、目の前にジンベイザメが…!!!

大きな口を開けて、迫ってくるではありませんか!

向こうから近寄ってくるので、食べられるのではないかとビビリました(笑)※注 ジンベイザメはプランクトンが主食のため、人を襲うことはないそうです。

水族館で見たジンベイザメが、まさか自分の目の前にいるなんて信じられません。

何匹ものジンベイザメが次から次へとやってきます。

ジンベイザメは海面のギリギリまでやって来るので、泳ぎが上手でなくても十分に楽しめます。泳げない人はボートの上から見学すると良いでしょう。

ボートスタッフにお願いすれば、こんな素敵なジンベイザメとのツーショットも撮影できます。可愛い水着を着ていくと、さらに写真映えしそうですね!

ジンベイザメとのシュノーケル時間は30分程度です。スタッフに声を掛けられたら、すみやかに海から上がりましょう。

スポンサーリンク

ツマログの滝へ

AM8:00にツマログの滝へ
ジンベイザメとの素敵なシュノーケリング体験を終えたら、次はツマログの滝へ向かいます。滝へは車で近付けないので、入口でバイクに乗り換えて行きます。

バイク代と滝の入場料はツアー料金に含まれているので、バイクを降りたらそのまま竹林を進みます。

少し歩くと、ツマログの滝に到着しました。

霧のような水が滴り落ち、なかなか風情のある滝でした。

滝つぼで記念撮影をする人も。

滝を下から見上げるダイナミックな写真が人気でした。

ツマログの滝には、肌の角質を食べてくれるドクターフィッシュがいます。

足を入れると、うじゃうじゃ寄ってきました。ちょっとくすぐったいかも。

朝食タイム

AM9:00に朝食レストランへ
次は近くのレストランに立ち寄り、お待ちかねの朝食タイムです。さすがにお腹が空いてペコペコ。

店内はジンベイザメツアーの観光客でいっぱいでした。

海沿いの町らしく、メニューはシーフード料理が多かったです。このランチ代はツアー料金には含まれていないので、お会計は自分で済ませて下さいね。

オスロブ遺跡公園へ

AM10:00に遺跡公園へ
朝食タイムの後は、スペイン統治時代の遺跡が残るオスロブヘリテージパークへ向かいます。時間がなければ、遺跡公園の観光はカットすることも可能です。

八角形の塔が印象的なオスロブ教会

クアルテル(CUARTEL)は、スペイン軍による造りかけの兵舎。

バルアルテ(BALUARTE)と呼ばれる要塞跡。要塞の前にはベルメホ神父像が立っています。遺跡公園の観光後は、ホテルがあるセブシティへ3時間ほどかけて帰りました。

まとめ

ジンベイザメを間近で見られたのは本当に感動的で、セブ島旅行の一番の思い出になりました。KKdayのジンベイザメツアーはかなり安かったので、当日まではどんなツアーなのかちょっとドキドキでした。結果的にジンベイザメと問題なく泳げたので、KKdayは一番コスパが良いのではないでしょうか。特に私達が参加したプライベートツアーは、他人に気兼ねすることなく行動できて楽でしたね。

【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+オスロブ観光の混載ツアー 約4,700円
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+オスロブ観光のプライベートツアー 約4,300円~
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+カワサン滝のプライベートツアー 約8,100円~
【KKday】 ジンベイザメと泳ぐ+スミロン島のプライベートツアー 約11,300円~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フィリピン
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました