GoToトラベルキャンペーン特集!

マニラの高級地区マカティのおすすめホテル!デュシタニマニラ宿泊記

ホテル宿泊記
スポンサーリンク

マニラ旅行で宿泊した5つ星ホテル、デュシタニ マニラ(Dusit Thani Manila)を紹介します。場所はマニラきっての高級エリア「マカティ地区」にあり、周辺にはホテルやショッピングモールが集まっています。部屋はやや古さを感じましたが、高級ホテルなのに安く泊まれてコスパが良かったです。セキュリティもしっかりとしているので、安心して滞在できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マニラの高級地区マカティエリア

以前より良くなったとはいえ、他の東南アジア都市に比べてまだまだ治安の悪いマニラ。そんなマニラでも外国人が安心して滞在できるのが「マカティ地区」です。このエリアには高級ホテルやショッピングモールが集まり、マニラとは思えないほどの治安の良さが特徴です。

マカティにはデュシタニをはじめ、ペニンシュラシャングリラといった世界レベルの高級ホテルが集結しています。

マカティを代表するショッピングモールだけでも4つあり、とうてい1日では見て回れないほどの規模を誇っています。こちらはマカティ地区の中核をなす、グリーンベルトモール。グリーンベルトモールだけでも5つの建物で構成され、まさにモンスター級のモールです(笑)

グリーンベルトに隣接して建つのが、庶民的なショッピングモールのザ・ランドマーク

グロリエッタも1~5までの建物で構成されている巨大ショッピングモールです。

デュシタニの目の前に建つのは、SMマカティ。デュシタニ側からだと、SMマカティ → グロリエッタ → ザ・ランドマーク → グリーンベルトモールの順にショッピングモールが並んでいます。

デュシタニからMRTアヤラ駅までは徒歩3分程度。

マニラ空港からデュシタニへは、渋滞が無ければタクシーで20分程度でアクセスできます。マニラのタクシーの悪評は知りつつも、空港からメータータクシーを利用してみたら案の定ボラれました(笑)マニラでは配車アプリのGrabか空港送迎サービスを利用した方が安心です。

デュシタニマニラ周辺のお店

SMマカティの地下には、大型スーパーのSMスーパーマーケットが入っています。食料品や飲み物はもちろんのこと、バラマキ用のお土産なども買い揃えることができて便利でした。

デュシタニの目の前にはファミリーマートがあります。お酒の値段はスーパーとほとんど変わらないので、コンビニで買った方が楽かも。

ファミマの隣にあるのは、ピザチェーン店のシェイキーズ。ショッピングモールに行けばたくさんの飲食店がありますが、巨大すぎて歩くのが面倒くさい…という時は、ホテル近くのお店で食事するのもいいかもしれませんね。

MRTアヤラ駅の構内には、グリルチキンのファストフードチェーン店のマン・イナサルも。

さらにデュシタニのメインエントランスを出て左側のところには、ミニストップがあります。

スポンサーリンク

デュシタニマニラ

デュシタニはアジアや中東で展開する、タイ発祥の高級ホテルグループです。このデュシタニマニラはもともと「日航ホテル」ということもあり、日本人観光客やビジネスマンも結構泊まっていました。

メインエントランスには空港のような荷物のX線検査装置があり、銃を持った警備員と爆発物探知犬まで待機しているのでセキュリティは万全でした。

ロビーに足を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのが黄金の柱!タイと言えば金色の仏教寺院が有名ですが、それをイメージしているのでしょうか?

タイは象も有名ですよね。クリスマスシーズンに訪れたので、サンタのコスプレをした巨大な象と、象のぬいぐるみで作られたクリスマスツリーが飾られていました。

ピッカピカに磨かれた大理石の床に、黄金の柱が反射してゴージャスな雰囲気。

天井のシャンデリアや螺旋階段など、ロビーだけでも5つ星ホテルの風格が感じられます。

トゥクトゥクの可愛い展示も。

さすが「微笑みの国」タイ資本のホテルらしく、ホスピタリティを感じる接客です。Grabのドライバーと合流できずに困っているとドアマンが代わりにコンタクトを取ってくれたり、氷をお願いするとすぐに持ってきてくれたり、と快適に滞在することができました。

プールは2階にあり、利用時間は6:00~21:00です。

お洒落な雰囲気のプールサイドバー。

ライトアップされた夜のプール。

ジムも2階にあり、トレーニングマシンは充実していました。

2階にはスパの「DEVARANA SPA」と、いざという時に安心の「メディカルクリニック」もあります。

クラシカルな雰囲気のエレベーターホール。

エレベーターはルームキーをかざさないと、宿泊フロアへはアクセスできません。治安の悪いマニラですが、これだけセキュリティがしっかりとしていれば安心して滞在できますね。

客室(デュシットキングルーム)

温かみのあるデザインの廊下を通り客室へ。

今回宿泊したのは、広さ30㎡のデュシットキングルーム。部屋はやや古さを感じますが、綺麗に改装されています。寝具の質が良く、キングサイズのベッドなのでゆったりと休めました。

ベッドの足元にはデスクとミニバー、バゲージラックがあります。

ミニバーには冷蔵庫とアイスペール。

電気ケトルとミネラルウォーター、コーヒー。紅茶はスリランカの高級ブランド「Dilmah」のもので、アールグレイやカモミールなど4つのフレーバーが用意されていました。

マルチコンセントとUSBポートがあるので、変換プラグがなくても充電できます。ベッドサイドにもコンセントが備わっているため、寝ながら充電もできました。Wi-Fiはもちろん無料。

クローゼットにはセーフティボックスとドライヤーのほか、アイロン、バスローブ、スリッパが入っています。

洗面所も清潔感があり、鏡が大きいので身支度しやすかったです。

シャワーのみで、バスタブはありませんでした。時間帯のせいもあったのでしょうか、シャワーの水圧が弱かったのは残念なポイントです。

シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローションは、デュシタニのオリジナルアメニティ。このほかにも歯ブラシ、綿棒、シャワーキャップ、カミソリなど一通り揃っています。

今回アサインされた部屋からは、MRTアヤラ駅と最先端の街BGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)が見えました。

真下にはSMマカティも。

夜景もなかなか綺麗でしたが、マニラ名物の渋滞はひどかったですね~。

スポンサーリンク

朝食・レストラン

朝食会場は、1階のレストラン「PANTRY」です。朝食時間は6~10時で、入口には混雑する時間帯の看板が出ていました。9~10時が最も混雑し、その次に8~9時も混雑するそう。ゆったりと落ち着いて食事するなら、7~8時頃に食べに行くといいですね。

ホテルの雰囲気とは一転して、ポップなデザインのレストラン。

ビュッフェは、和・洋・中とインターナショナルなメニューが豊富に用意されています。その中でもタイ料理が多めで、味付けはやや濃いめかなという印象でした。

パンの種類も多く、焼き立てで美味しいです。

定番のハム、チーズ、ヨーグルト。

白身魚のスモークフィッシュ。

エッグステーションでは、オムレツや目玉焼きなど好きな卵料理を作ってくれます。

ヌードルステーションでもシェフが腕をふるってくれました。

日本食コーナーには、納豆、海苔、漬物、味噌汁、ひじきの煮付けなどが用意されています。日本食が恋しくなった人にはありがたいですね~。

パイナップルやパパイヤなどの南国フルーツ。食事中には、肩にバケツを背負って「豆花スイーツ」を各テーブルに配膳する面白いパフォーマンスも行われていました。

まとめ

今回はデュシットキングルームに、朝食付き1泊1室約13,500円で宿泊しました。高級ホテルなのに週末に宿泊してこの値段は、かなり安いのではないでしょうか!ただし週末だったせいか、プールサイドでのパーティーの爆音が夜0時頃まで響いていたのは残念ポイントでした。まあフィリピンの人はお祭り好きみたいなので、仕方ないのかもしれませんが…。

マカティ地区にはスーパーからドラッグストア、お土産ショップ、両替所と何でも揃っているので、滞在中はとにかく便利でしたね。マニラなのに安心して滞在できるうえに、この値段で泊まれるのはかなりコスパが良くて気に入りました。

ホテル情報・予約

デュシタニ マニラの宿泊料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

ホテル名デュシタニ マニラ
Dusit Thani Manila
星の数★★★★★
住所Ayala Centre, 1223 Makati City, Metro Manila
アクセスマニラ空港まで車で20分
時間チェックイン 14:00/チェックアウト 12:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホテル宿泊記 フィリピン
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました