海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

ブリュッセルからアムステルダムへ高速鉄道タリスで移動する方法

ベルギー
スポンサーリンク

ベルギーの首都ブリュッセルとオランダの首都アムステルダムは、気軽にアクセスできるため日帰りや周遊での旅行を楽しめるのが魅力です。この区間の移動方法はタリス(高速鉄道)、インターシティ(電車)、バスがあり、中でもおすすめなのが利便性の高いタリスです。タリスは欧州のハブ空港として名高いスキポール空港に停車するので、アムステルダム経由でブリュッセルへ行く場合にも利用できます。

今回私達は、実際にタリスを利用してブリュッセルからアムステルダムへ移動しました。チケットの予約方法やタリスで移動する方法、タリスが発着するブリュッセル南駅について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュッセルからアムステルダムへの移動方法について

タリス(高速鉄道)

タリス(Thalys)はブリュッセル、パリ、アムステルダム、ドルトムントなどを結ぶ、4か国間の高速国際列車です。最高速度は300km/hと新幹線並みで、あっという間に目的地へ到着します。早期割引を利用すれば、普通の電車のような料金で乗れてしまう点も魅力です。2015年のテロ事件を受け、パリでは乗車前に手荷物検査が実施されていますが、他の都市では手荷物検査がないのでスムーズに乗車できます。

  • 所要時間:約1時間50分
  • 片道料金:29ユーロ~(スタンダード/2等)
  • 運行本数:1日14本(1時間に1本の間隔)

インターシティ(電車)

インターシティ(InterCity)は、ヨーロッパの主要都市間を結ぶ特急列車です。タリスよりも時間がかかるうえに、早割料金のタリスとほとんど値段が変わらないので利用するメリットは低いと言えるでしょう。ただし、タリスは直前に予約すると料金が高いので、日程が差し迫っている場合にはインターシティの利用価値があります。

  • 所要時間:約3時間
  • 片道料金:26ユーロ~(2等)
  • 運行本数:1日12本

バス

ブリュッセル~アムステルダム間の国際バスは、FlixBusやEurolinesなど複数のバス会社が運行しています。インターシティと同じくらいの時間でアクセスできるうえ、料金も一番安いのでトータルで考えるとコスパは良いです。ただし、アムステルダム側のバスターミナルは中心部から少し離れた場所にあるので注意が必要です。

  • 所要時間:約3時間
  • 片道料金:11ユーロ~
  • 運行本数:1日に10本以上

ブリュッセル~アムステルダムのタリスについて

タリスは全席指定で、乗車日の4か月前から予約ができます。ベルギー側の発着駅はブリュッセル南駅(Brussels Midi/Bruxelles Zuid)、オランダ側の発着駅はアムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal)です。

タリスの座席クラス

タリスは飛行機のように座席クラスがあり、プレミアム(1等)、コンフォート(1等)、スタンダード(2等)の3クラスに分かれています。

 icon-check-circle プレミアム(PREMIUM)
・駅の専用ラウンジが利用できる
・座席での食事・ドリンク無料サービス
・無料の高速Wi-Fiサービス
・2列+1列の広々とした電動リクライニングシート

 icon-check-circle コンフォート(COMFORT)
・無料の高速Wi-Fiサービス
・2列+1列の広々とした電動リクライニングシート

 icon-check-circle スタンダード(STANDARD)
・無料Wi-Fiサービス
・2列+2列のスタンダードシート

タリスのチケット予約方法

タリスのチケットは、タリス公式サイト(英語)やレイルヨーロッパ公式サイト(日本語)から予約することができます。現地の駅窓口にて購入することも可能ですが、事前にネットで予約するより高くなってしまいます。

1. タリス公式サイトから予約する方法

 icon-external-link タリス公式サイト(英語)

①出発地
②到着地
③往路/復路の出発日
④片道のみの場合はチェックを入れる
⑤乗車人数

①~⑤を入力したら「SEARCH」をクリックします。

各便の1等車(Comfort 1)と2等車(Comfort 2)の最安料金が表示されます。希望の乗車時間を選び、1等車か2等車のどちらかをクリックします。

ここで1等車を選ぶと、次にコンフォートクラスとプレミアムクラスの料金が表示されます。コンフォートは手数料を支払えば変更・返金可(Changeable with a fee)で、プレミアムは無料で変更・返金可(Flexible)という運賃条件になっています。スタンダードの2等車を選んだ場合は、変更・返金不可(Non Flexible)と手数料を支払えば変更・返金可(Changeable with a fee)の料金が表示されます。

運賃条件を確認し、どちらかを選んだら「CONFIRM」をクリックします。

①タリスカードメンバーの場合はチェックを入れる
②名前
③苗字
④メールアドレス
⑤電話番号(日本の国旗を選択する)

①~⑤を入力したら「NEXT」をクリックします。

①女性/男性
②名前
③苗字
④メールアドレス
⑤タリスからダイレクトメールを受け取る場合はチェックを入れる

①~⑤のお客様情報を入力したら、支払方法を選択します。規約に同意する欄にチェックを入れ、「CONFIRM」をクリックします。

最後にクレジットカードの名義人名、番号、有効期限、セキュリティコードを入力し「Yes , I Confirm My Payment」をクリックして予約は完了です。決済が完了したら、入力したアドレスにPDFファイルの添付されたメールが届きます。チケットはプリントアウトするかスマートフォンに保存して、当日持参しましょう。

2. レイルヨーロッパ公式サイトから予約する方法

 icon-external-link レイルヨーロッパ公式サイト(日本語)

もう一つのレイルヨーロッパ公式サイトは、日本語でタリスの予約をすることができます。日本円での決済に対応しており、タリス公式サイトでは利用不可だったJCBカードでの支払いも可能です。予約手数料の1,500円はかかりますが、日本語の問い合わせ窓口もあるのでトラブルの際も安心ですね。

スポンサーリンク

ブリュッセルからアムステルダムへタリスで移動する方法

ブリュッセル中央駅から南駅へ移動

私達はブリュッセル中央駅そばのウォーウィック ブリュッセルに宿泊していたので、まずは中央駅からタリスが発着するブリュッセル南駅へ移動しました。ブリュッセルでは観光の中心地である中央駅の周辺に滞在する人が多いと思いますが、スーツケースを持って石畳の道を歩くのは大変なので、なるべく中央駅近くのホテルに泊まると楽に移動ができますよ。

駅の正面入口から入ると、チケット売り場(窓口)、券売機、電光掲示板などがあります。

 icon-hand-o-right 駅について詳しく知りたい方は、ブリュッセル南駅と中央駅をガイド!構内図・コインロッカー・周辺ホテルは?をご覧下さい。

中央駅から南駅へは、普通電車に乗って移動します。切符を購入したらプラットホームのある地下2階へ下りますが、日本と違って改札口はないのでそのまま電車に乗ってOKです。南駅行きの電車は頻発しており、時刻やホーム番号はベルギー国鉄公式サイトから確認ができます。

ブリュッセル南駅から出発

ブリュッセル中央駅と南駅は隣駅のため、わずか3分ほどで着きました。次に普通電車からタリスへ乗り換える必要があるので、一旦プラットホームを下ります。

コンコースには、タリスの乗り場を示す看板があります。

案内通りにコンコースを進みます。

すると、赤いカウンターが目印のタリスの窓口があります。

南駅の構内には、スーパーのカルフールエクスプレスをはじめ、フードコートやカフェ、お土産店などが充実していました。出発前に飲み物やお土産を買ったり、軽く食事もできます。

駅構内は明るい雰囲気ですが、旅行者狙いのスリや置き引きがウロウロしているのでくれぐれも注意して下さい。特に深夜・早朝の電車を利用される方は、中央駅ではなく南駅前のホテルに泊まる方が安心かもしれません。南駅に直結したプルマン ブリュッセル センターミディは、1番ホームの近くに出入口があります。

プルマン ブリュッセル センターミディの詳細・料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

タリスをはじめとする国際高速列車は、3~6番ホームのいずれから発着します。今回乗車する12時52分発のタリス9993号は、4番ホームからの出発でした。

タリスも普通電車と同様に改札口はないため、そのままホームへ上がります。

タリスに乗車する

ホームへ上がるとすでに電車は待機しており、乗車前に一度チケットの確認がありました。検札は乗車中に回ってきますが、その際にはパスポートも一緒にチェックされます。

車体には行き先、電車番号、車両番号が表示されています。座席番号はチケットに書かれているので、確認してから座りましょう。

今回私達は、スタンダードの2等車に乗車しました。車内はタリスのイメージカラーであるワインレッドで統一されています。座席は2+2の配列で、思ったよりも足元が広々しており快適に過ごすことができました。各座席にはC型の電源コンセントがあり、車内では無料Wi-Fiが使えます。

トイレも清潔感があり、気持ち良く利用できました。

プレミアムクラスは食事付きですが、それ以外の座席クラスには食事サービスはありません。そのため、食堂車ではコーヒー2.60ユーロ~、サンドイッチ4.50ユーロ~、朝食セット7ユーロなどの軽食を頂くことができます。

電車は定刻通りに出発し、あっという間にブリュッセルを抜けます。車窓にはのどかな風景が続き、ヨーロッパ鉄道旅の良さが感じられるひとときでした。

途中アントワープやロッテルダムを経由し、アムステルダムへ向かいます。

アムステルダム中央駅の一つ手前で、スキポール空港にも停車します。欧州のハブ空港として世界的に有名な空港ですから、利用者も多いのではないでしょうか。タリスはスキポール空港経由でベルギーやフランスを周遊旅行される方にとっても、非常に便利な存在ですね。

アムステルダム中央駅に到着

ほぼ定刻通りに、アムステルダム中央駅へ到着しました。

私達が宿泊したイビス アムステルダム センターは、アムステルダム中央駅のすぐそばという好立地。こうやってホームから眺めると、駅前というより駅にくっついてますね(笑)

イビス アムステルダム センターの詳細・料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

まとめ

タリスはベルギー・オランダ・フランス・ドイツを旅行する場合に、大いに役立つ電車だと分かって頂けたのではないでしょうか。特にブリュッセル~アムステルダム、ブリュッセル~パリは2時間もかからずに移動できるので、日帰り旅行も楽しめるのがポイントです。

タリスのチケットは定価だと1万円くらいしますが、早期割引を利用すればかなり安く購入できます。乗車日まで2~3週間を切ると料金は割高になるため、出発前に日本で予約していくのがベター。価格は席の残数や時間帯によって変動するので、早めの予約が肝心ですよ。

タリスのチケット予約サイトはこちら
 icon-caret-right タリス公式サイト(英語)
 icon-caret-right レイルヨーロッパ公式サイト(日本語)