ハワイで綺麗&コスパが良いホテル!ハイアットプレイスワイキキビーチ宿泊記

この記事をシェアする

ハワイで宿泊した、ハイアット プレイス ワイキキ ビーチをご紹介します。スタイリッシュで清潔感があり、朝食は無料、リゾートフィーが必要ないなど、コスパの良さが感じられるホテルです。場所はワイキキの東側、ビーチまで徒歩5分のクヒオ通り沿いにあります。予算重視や観光目的の方など、リーズナブルに綺麗なホテルに泊まりたい方におすすめですよ。

スポンサーリンク

ハイアット プレイス ワイキキ ビーチ

ハイアット プレイス ワイキキ ビーチはワイキキの東側、クヒオビーチやホノルル動物園まで徒歩5分の立地にあるホテルです。ワイキキの中心部からは少し離れていますが、リーズナブルにハイアットの快適さを感じられるホテルとなっています。

ハイアットプレイスは、ハイアットのカジュアルブランドなので、豪華さよりもサービスに重点を置いているのが特徴です。JTBのホテルグレード一覧では「Bグレード」に分類されているので、スーペリアクラスの中では結構良いホテルだと判断できますね。

私達はハワイ到着日に宿泊したのですが、お昼前にチェックインできたので助かりました。また館内には日本語表記があるものの、レセプションでは日本語はあまり通じないと思った方が良いでしょう。

2012年に全面リノベーションされているため、館内や客室は清潔感があり、スタイリッシュなデザインとなっています。ロビーはオープンエアなので、ハワイの心地よい風を感じることができました。

24時間営業のカフェ・バーもお洒落な雰囲気ですね。

ロビーでは嬉しいことに、無料のドリンクサービスが行われていました。コーヒーや色々なフレーバーの紅茶をいつでも頂くことができます。

無料でパソコンが利用できるコーナーもあります。

プールは3階にあり、利用時間は10:00~22:00。小さいプールながらも、ビーチベッドとタオルは備わっていました。

プールサイドのオープンテラスは、朝食会場となっています。

3階には24時間オープンのフィットネスジムも完備。ジムにはコインランドリーも併設されているので、洗濯にも困りませんね。

客室(キングベッド シティビュールーム)

ハイアットプレイスには「ダイヤモンドヘッドタワー」と「パリタワー」があるのですが、今回アサインされたのはダイヤモンドヘッドタワーの3階でした。一番安いキングベッド シティビュールームで、部屋の広さは26㎡あります。

ハイアットの上級ブランドでも使用されている「ハイアット グランド ベッド」が導入されているため、寝心地はとても良かったです。ベッド横にはソファとミニテーブルがあり、朝食テイクアウト用のトレイまで付いていました。

ベッドの足元には、ワークデスク・チェアとミニバーがあります。NHKも入る42型のテレビ、有線LANポート、コーヒーメーカーなどが備わっています。全館無料のWiFiは、問題なく使える速度でした。エアコンは富士通製なので、効きが良かったですね。

冷蔵庫は大きいので使い勝手が良く、しっかりと冷えました。コーヒーと紅茶は無料ですが、ミネラルウォーターは有料(3ドル)になります。

クローゼットには、予備の毛布と枕、アイロン、アイロン台、大きなセーフティボックス、折り畳み式のバゲージラックが入っています。

狭いながらも、ハイアットプレイスは全室ラナイ(バルコニー)付きとなっています。

私達は低層階なので海は見えませんでしたが、高層階には一部オーシャンビューの部屋もあります。ちなみに正面に見えているのはエバホテルで、ハイアットプレイスよりも格安で泊まれる有名なホテルです。

客室と同じく、バスルームも清潔感がありました。ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルが3枚ずつ用意されており、アメニティとティッシュも備わっています。ドライヤーはハイパワーなので、女性の髪でもしっかりと乾きましたよ。

アメニティは世界中のハイアットホテルで使用されている、Barney Kenet. MDのもの。シャンプー、コンディショナー、石鹸、マッサージバーが用意されています。

私達が宿泊したのはバスタブがない部屋ですが、バスタブ付きの部屋もあります。シャワーは固定式のレインタイプで、水量は少なめ、水圧と温度は普通くらい。シャワーブースになっているので、トイレの床が濡れなくて快適でした。

ホテル予約サイトでハイアット プレイス ワイキキ ビーチの宿泊料金を確認してみる
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

朝食・レストラン

ハイアットプレイスの特筆すべき点は、物価の高いハワイで朝食が無料サービスなところでしょう。朝食時間は6:30~9:30、朝食会場は3階プールサイドのテラスです。

オープンテラスなので、心地よい風を感じながら朝食が頂けます。朝食を部屋でゆっくり食べたい方は、各部屋に備わっているトレイで持ち帰ることも可能です。

パンケーキやトースト、シリアル、卵料理、ベーコンといった簡易的なメニューが中心のビュッフェです。

ご飯や味噌汁、漬物といった和食メニューも少しだけ用意されていました。カットフルーツやヨーグルトも。

各種ジュース、テイクアウト用のコーヒーステーションもあります。無料の朝食なので、味は期待しない方がいいかなと思います。ただ、ハワイには美味しいものがいっぱいあるので、サッと食べて出掛ければ問題ないのではないでしょうか。

立地・アクセス

ハイアットプレイスはホノルルの東寄りにあるので、ワイキキ中心部からは少し離れていますが、決して立地が悪いということはありません。ホノルル動物園とカピオラニ公園は1ブロック隣にあり、徒歩5分ほどです。

クヒオビーチも1ブロック隣にあり、徒歩5分ほど。

クヒオビーチは、ワイキキビーチよりも混雑していない穴場のビーチとして知られています。

防波堤があるので波がほとんどなく、穏やかなビーチです。小魚もいますし、お子様連れでも安心して遊べる環境なので、家族で楽しむにはぴったり!

ハイアットプレイスは、カラカウア通りと並行するクヒオ通りに面しています。

クヒオ通りにはザ・バスの停留所があるので、ちょっと遠くへ出掛ける場合も便利です。近くのアストンワイキキビーチホテル前には、ワイキキトロリーの停留所もあります。トロリーのピンクラインに乗れば、DFSやアラモアナセンターへ行くことができます。

ホテルのすぐ近くには、ハワイの有名コンビニ「ABCストア」もあります。

ジュースやお酒はもちろんのこと、デリ(お惣菜)も充実しています。

地元ロコに愛されるハンバーガーショップ「テディーズ ビガーバーガー」も近くにあります。特大サイズのハンバーガーには、肉汁溢れる100%ビーフがサンドされています。ハワイで食べたハンバーガーで一番美味しかったかも!

クヒオビーチの目の前には、「タッカー&ベビーピクニックフード」もあります。人気のサンドイッチをテイクアウトして、ビーチでのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はキングベッドシティビュールームに、1泊1室約20,000円で宿泊しました。総合的にコスパが良いだけでなく、ハワイのホテルでは必ずと言っていいほど徴収される「リゾートフィー」が不要なのは大きなポイントだと思います。1泊あたり15~30ドルほど取られるので、数日滞在すれば結構な金額になりますからね。

ハワイらしさやリゾート感を求める方には不向きですが、予算を重視される方、観光メインでホテルにあまり居ない方におすすめしたいホテルです。

ホテル情報・予約

ハイアット プレイス ワイキキ ビーチの宿泊料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

ホテル名ハイアット プレイス ワイキキ ビーチ
Hyatt Place Waikiki Beach
星の数★★★
住所175 Paoakalani Avenue, Honolulu, Hawaii
アクセスクヒオ通り沿い、ホノルル動物園近く
時間チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00
スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!