海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

ジョグジャカルタのスーパー・ショッピングスポット6選!お土産を安く購入しよう

インドネシア
スポンサーリンク

ジョグジャカルタスーパーマーケットショッピングモールでは、日本ではなかなか手に入らない面白いものが手頃な価格で購入できます。お菓子や調味料、コーヒー、紅茶などバラマキ用のお土産にもぴったりのアイテムがずらり!今回は観光客も行きやすい場所にある、マリオボロ通り周辺のスーパー・ショッピングスポットを紹介していきます。我が家がスーパーで調達してきた、ジョグジャカルタ土産も公開しちゃいますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョグジャカルタのスーパー・ショッピングスポット地図

①マリオボロモール ②ラマイモール ③プロゴ ④ミロタバティック

マリオボロモール(Malioboro Mall)

マリオボロモールは、ジョグジャカルタ中心部のメインストリート「マリオボロ通り」沿いにある大型ショッピングモールです。外国人や富裕層向けのショッピングモールで、小綺麗な店内では安心してお買い物ができます。町一番のショッピングスポットなだけあって、値段は他店に比べると少々高めですが、日本人からすると十分に安いです。

4階建てのモール内には、アパレルやコスメショップ、インドネシア最大の百貨店「マタハリデパート」など様々なテナントが入っています。

飲食店も充実しており、マクドナルドやケンタッキーといったファストフード店のほか、4階にはフードコートもあります。清潔感のあるフードコートなので、観光客も利用できそうな雰囲気。インドネシア料理や日本食が、1品200~300円という驚きの安さで食べられます。

マリオボロモールには、世界的ホテルチェーンのイビスホテルが直結しているのも特徴です。一泊一室5,000円程度~と格安で泊まれる、シンプルなホテルです。

イビス ジョグジャカルタ マリオボロの詳細・料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com
icon-check agoda   icon-check Booking.com

そしてマリオボロモールの地下には、HEROスーパーマーケットが入っています。他のスーパーに比べると価格は少し高めですが、お土産を購入するには一番おすすめのスーパーです。

店内には生鮮食品をはじめ、調味料やインスタント食品、お菓子、コーヒー、紅茶など、お土産になりそうなアイテムが揃っています。

インドネシアの高級チョコレートブランド「MONGGO」の特設コーナーもありました。ジャワ島やスマトラ島で収穫されたカカオを使用したチョコレートなので、お土産にもぴったり!自宅用にはリーズナブルな板チョコ、ギフト用にはボックス入りのチョコ、という風に使い分けると良いかもしれませんね。

世界的なコーヒー豆の産地として知られるインドネシア。日本では見かけないような珍しいコーヒーがたくさん並んでいました。スラウェシ島で栽培されている高級コーヒー豆のブランド「トラジャコーヒー」もあり、コーヒー好きには喜ばれるお土産ではないでしょうか。

日用品コーナーも充実し、珍しい漢方シャンプーや人気ヘアオイルの「エリップス」も置いてあります。バリ島みやげとして日本でもブームに火が付いたエリップスですが、ジョグジャカルタでも購入できるんですね~。

ジョグジャカルタでは宗教上の理由からお酒が購入できるお店は限られているのですが、こちらのHEROスーパーマーケットではお酒を取り扱っています。ビンタンビールやアンカービールといった国産ビールのほか、ハイネケンやカールスバーグなどの外国産ビールも置いてありました。会計はお酒コーナーだけ別になっていたので、気を付けて下さいね。

ラマイモール(Ramai Mall)

ラマイモールは、マリオボロ通り沿いにあるローカル向けのショッピングモールです。マリオボロモールより規模は小さいものの、中心部にある貴重なショッピングスポットです。入口前には自転車タクシーの「ベチャ」が停まっており、熱心に呼び込みをしていました。

3階建てのモール内には、個人商店のようなテナントがたくさん入っています。買い物客も地元っ子ばかりで、ローカル感たっぷり(笑)

最上階には、観光客も利用できそうなフードコートがありました。メニューはインドネシア料理が中心で、価格はなんと1品150~200円!マリオボロモールのフードコートよりもさらに安いですね。

そして地下にはスーパーマーケットが入っています。マリオボロモールのスーパーより、ラマイモールのスーパーの方が安いので、節約したい方はこちらのスーパーがおすすめ。ただし、商品の管理が甘い部分もあったりするので、パッケージをしっかりチェックしてからカゴに入れましょう(笑)

サンバルソースなどの調味料をはじめ、お菓子、インスタント食品といったバラマキ土産になりそうなアイテムがたくさん揃っています。

世界的な紅茶の産地としても知られるインドネシア。紅茶のティーバッグが山のように積んでありました。

日用品コーナーでは、エリップスだけでなく「サーシャ」のヘアオイルも扱っていました。

こちらのスーパーもお酒を購入できます。ビンタンビールやアンカービール、バリハイ、ハイネケン、ギネスといった銘柄が置いてありました。

プロゴ(Toko Progo)

プロゴはマリオボロ通りから600mほどの場所にある、ローカル向けのショッピングモールです。5つ星ホテルのメリアプロサニに隣接しており、私達もホテル滞在中にちょっとしたお買い物でお世話になりました。

エントランスを入ると、なぜか車が販売されていました(笑)

そのまま奥へ進んでいくと、1階にスーパーマーケットが入っています。こういった謎のローカル食品がたくさん販売されていて、他のスーパーよりさらに地元っ子向けだと感じます。品物にもよりますが、ラマイモールのスーパーよりプロゴのスーパーの方が安い印象を受けました。

ケチャップアニスなどの調味料をはじめ、お菓子や飲み物といったバラマキ土産になりそうなアイテムが揃っています。

日用品コーナーも充実しているので、珍しいシャンプーや歯磨き粉などを買って楽しんでも良いかもしれませんね。

こちらのスーパーもお酒を購入できます。種類は少ないですが、バリハイビールのドラフトや黒ビールなど4銘柄が置いてありました。

スポンサーリンク

ミロタバティック(ハムザバティック)

ミロタバティックは、インドネシアらしい工芸品や雑貨が購入できる土産物店です。場所はマリオボロ通り沿いにあり、向かい側にはローカル感漂う「ブリンハルジョ市場」があります。店前にはたくさんの観光馬車が待機しており、周辺はとっても賑やかな雰囲気。

さすが有名店なだけあって、調度品の飾られた店内は観光客で賑わっていました。

売り場は1階と2階に分かれており、1階は主にバティック(ロウケツ染めの布)製品を扱っていました。ジョグジャカルタはバティックの有名な産地なので、ぜひ本場の「ジャワ更紗」を手に入れて帰りたいですね。

スパイス類や漢方茶なども置いてあります。

2階は工芸品や雑貨の売り場になっていました。

ボロブドゥール遺跡のストゥーパ(仏塔)をかたどった置物もあります。

そしてジョグジャカルタは銀製品も有名で、質の良いアクセサリーが手頃な価格で購入できます。皇后美智子様がジョグジャカルタにご訪問された際には、銀のブローチをプレゼントされたのだとか。一つ一つ繊細に作られていて、すごく可愛いですね~。

インドマレット(Indomaret)

インドマレットは、インドネシアを代表するコンビニチェーンです。町のあちこちで見かけるので、旅行中に一度はお世話になるのではないでしょうか。コンビニとスーパーの中間の価格帯で、コンビニなのに安いのが特徴です。ちなみに、コンビニではノンアルコールビールしか売っていないので、お酒が欲しい場合はスーパーへ行かないと買えません。

アルファマート(Alfamart)

アルファマートは、インドマレットと並ぶ有名コンビニチェーンです。価格はインドマレットより少し高いかなという印象を受けますが、やはり町のあちこちで見かけるので、ちょっとした買い物に便利です。お菓子やインスタント食品を買い足すには、ぴったりではないでしょうか。こちらもノンアルコールビールしか売っていないので、気を付けて下さいね。