海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

インドネシア・ソロ(スラカルタ)のおすすめレストラン・グルメスポット5選!

インドネシア
スポンサーリンク

インドネシア・ジャワ島中部のソロ(スラカルタ)は、ボロブドゥール遺跡で有名なジョグジャカルタから車で2時間のところにある町です。まだあまり知られていない旅行先のため、ジョグジャカルタと同じく外国人が気軽に利用できるレストランは少ないのが悩ましいところ。そこで今回は、観光客も入りやすい雰囲気のレストランを中心に、安くて美味しいソロ(スラカルタ)のおすすめグルメスポットを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソロ(スラカルタ)のおすすめレストランの地図

①ラーマ ヤナ ②オマー シンテン ③クスマ サリ ④サフラン レスト ⑤ソロ グランドモールのフードコート

ソロ(スラカルタ)のおすすめレストラン・グルメスポット

ラーマ ヤナ(Rama Yana)

ラーマヤナは、ソロ中心部のマンクヌガラン王宮から徒歩5分ほどの場所にあるレストラン(地図①)です。インドネシアでは宗教上の理由からお酒が飲めるレストランは限られているのですが、ラーマヤナはビールが飲める貴重なお店です。営業時間は8:00~21:30。

店内は清潔感があり、インドネシアにしてはなかなか雰囲気の良いレストランでした。客層も外国人や地元の富裕層が多いので、安心して食事ができます。ソロの物価を考えると料理の値段は高めですが、日本人からすると十分に安く感じられます。

メニューは定番のインドネシア料理が中心で、串焼きの「サテ」が看板メニューのようでした。私達はメニュー表の一番上に載っていた、牛串焼きのSate Daging(Rp.24,000)をオーダー。香ばしく焼かれた牛肉の上に、甘辛いピーナッツソースがのっていて美味しかったです。

日本ではなかなかお目にかかれない、鳩の唐揚げBurung Dara Goreng(Rp.80,000)なんていうメニューもありました。鳩肉は臭みもなく、鶏肉のように柔らかい食感でした。

牛テールスープのSup Buntut Sapi(Rp.39,000)は、長時間煮込まれているのかお肉がホロホロに柔らかく、しっかりとダシが出ていました。この他に瓶ビール(Rp.50,000)やライス(Rp.10,000)も頼んで、お会計は約1,500円だったのでリーズナブルですよね。

オマー シンテン(Omah Sinten)

オマーシンテンは、マンクヌガラン王宮の目の前にあるレストラン(地図②)です。雰囲気の良い店内では、定番のインドネシア料理がリーズナブルに楽しめます。外国人向けのレストランなので、観光ついでにランチを頂くにはぴったりではないでしょうか。

クスマ サリ(Kusuma Sari)

クスマサリは、ソロ中心部を東西に走るスラメ・リヤディ通り(Jl. Slamet Riyadi)沿いにある老舗レストラン(地図③)です。店の入口は通りに面しておらず、少し奥まったところにありました。

外観の古さにはちょっと不安を感じましたが、店内は清潔感があり安心して食事できる雰囲気でした。リーズナブルなレストランなので、地元客に人気があるようでしたね。

メニューは地元ジャワ料理が中心で、他ではちょっと見かけないようなメニューがたくさんありました。フードメニューと同じくらいデザート類が充実していたので、カフェ的なお店でもあるのでしょうか?デザートやドリンクは、1品Rp.10,000前後と激安です。

私達は、ジャワ島名物のリソレスResoles Smorked Beef(Rp.9,000)をオーダー。春巻きやコロッケのようなもので、中にスモークされた牛肉が入っていました。

照り焼きビーフのBeef Teriyaki(Rp.22,000)をオーダーしたら、想像とは違うものが出てきました…。牛肉のから揚げに、とろみのあるタレがかかった謎メニュー(笑)

牛テールスープのSoup Buntut(Rp.35,000)は、柔らかいお肉とゴロンとした野菜が入っていて、しっかりとダシが出ていました。このレストランは1品ごとの量が少なめなので、何品かオーダーすると良いでしょう。これだけ頼んでお会計は1,000円もしなかったので、驚きの安さですよね!

サフラン レスト(Saffron Resto)

サフランレストは、一番最初に紹介したラーマヤナから100mほどの場所にあるレストラン(地図④)です。こちらもビールが飲める貴重なお店で、外国人向けの洋食レストランです。

お洒落なカフェのような雰囲気のレストランで、テラス席もあります。ソロにもこんなセンスの良い店があるのかと、正直びっくりしてしまいました。

メニューはステーキなどの肉料理をはじめ、シーフード料理、サラダ、スープ、デザートといった洋食が中心です。インドネシア料理は一切扱っておらず、ライスすら置いていない徹底ぶりでした。

私達もインドネシア料理に飽きてきた頃だったので、洋食メニューは体に沁みましたね~(笑)こちらのチキンクリーミーグレービー(Rp.46,000)は、コクのあるグレービーソースがかかっていました。

この他にスパイシートマトwithミートボールパスタ(Rp.45,000)やビンタンビール(Rp.39,000)をオーダーし、お会計は1,000円もしませんでした。お洒落で美味しいうえに、安いなんてありがたいですね。

ソロ グランドモール(Solo Grand Mall)のフードコート

ソログランドモールは、メインストリートのスラメ・リヤディ通り沿いに建つ大型ショッピングモール(地図⑤)です。ハンバーガーショップの「A&W」やカフェの「J.CO」など、様々な飲食店が入っています。

モール内には綺麗なフードコートもあり、地元客でかなり混み合っていました。インドネシア料理だけでなく、多国籍な料理を手頃な価格で食べることができます。買い物ついでにサクッと食事するには、ぴったりのスポットではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インドネシア
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました