withコロナ ー新型コロナ時代の旅行はどうする?ー

GoToトラベルキャンペーンを徹底解説!対象期間・申請方法・いつ予約したら良いの?

withコロナ旅行
スポンサーリンク

7月22日より先行スタートをきった「GoToトラベルキャンペーン」。お得に旅行に行けるのは嬉しいのですが、国の方針が二転三転するのでよく分からないことも多いですよね?そこで今回は、一体どんな旅行が割引の対象になり、いつからが対象期間なのか、すでに予約済みの旅行の還付申請はどうするのかなど、これまでの話をまとめてみました!GoToトラベルキャンペーンを上手に利用する方法や、結局いつ予約したら良いのかについてもアドバイスしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GoToトラベルキャンペーン事業とは

GoToキャンペーンは、新型コロナウイルスの流行によって大打撃を受けた国内旅行を再活性化するためのキャンペーンです。このGoToキャンペーンには、「GoToトラベルキャンペーン」「GoToイートキャンペーン」「GoToイベントキャンペーン」「GoTo商店街キャンペーン」という4つの事業があります。

このうち、旅行代金の最大50%相当がお得になるのが「GoToトラベルキャンペーン」。補助額の7割は旅行代金の割引、3割は地域共通クーポンの付与という形での割引となります。つまり、「旅行代金35%割引+地域共通クーポン15%分付与」=合わせて50%割引で旅行に行けちゃうんですね!割引上限は1人1泊あたり2万円。利用回数や泊数の制限はないので、期間中であれば何度でも割引が適用になります。

 1人で1泊2万円の旅館・ホテルに泊まるケース


観光庁資料より

 1人で1泊2万円の旅館・ホテルに泊まるケースで具体例を見ていきましょう。宿泊料金20,000円のうち2分の1となる10,000円が支援金額となり、このうちの7割にあたる7,000円が割引になります。つまり旅行者が宿泊施設に支払う料金は13,000円です。残りの3割にあたる3,000円分の地域共通クーポンが配布されます。宿泊料金の割引と地域共通クーポンを合わせて、実質10,000円もお得に旅行できるということなんですね!

地域共通クーポンとは

地域共通クーポンは、旅行先の土産物店や観光施設などの登録加盟店で使えるクーポンのこと。旅行期間中に限り、旅行先の都道府県と隣接する都道府県内で、キャンペーンに加盟している土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関などで使用できます。発行は1枚1,000円単位で、お釣りは出ません。紙の商品券のほかに、電子クーポンも検討されています。地域共通クーポンで購入できないものに関しては、現在観光庁にて調整中です。

GoToトラベルキャンペーン対象の旅行スタイルは?

GoToトラベルキャンペーンでは、宿泊旅行と日帰り旅行のどちらも割引対象です。旅行会社が販売するパッケージツアーをはじめ、ホテル・旅館の直販サイトで予約する宿泊プランも対象とされているので、様々な旅行スタイルがカバーされています。旅行代金をポイントやマイルで支払った場合にも、割引の対象になるとのことです。

宿泊旅行

宿泊旅行の割引対象商品
①宿泊と交通機関がセットになったツアー旅行
②ホテル・旅館などの宿泊のみの予約
③クルーズ船・夜行フェリー・寝台列車などの宿泊に準ずる移動手段

宿泊旅行の場合は、「飛行機+ホテル」「鉄道+ホテル」といった一般的なパッケージツアーはもちろん対象となります。さらにオンライン旅行サイト経由での予約や、宿泊施設の直販サイトで予約する「宿泊のみの予約」も含まれるのがポイントです。

これに加えて、クルーズ船や夜行フェリー、寝台列車などの宿泊できる交通機関であれば、移動手段であっても割引対象になります。ベッドと同じようにフルフラットの睡眠スペースがあったり、枕や毛布といった寝具があるものが対象です。鉄道や新幹線など「座席のみ」とみなされるものは除きます。宿泊旅行の割引上限額は、1人1泊あたり2万円です。宿泊旅行の場合は、割引の対象範囲が幅広いことが分かりますね!

日帰り旅行

日帰り旅行に関しては、宿泊旅行よりも対象範囲が限定されます。「往復の乗車券」+「旅行先での食事・観光体験等」のセットプランが対象。具体的には、新幹線の往復チケット+日帰り温泉券、高速バスの往復チケット+フルーツ狩りなどが挙げられます。日帰り旅行の割引上限額は、1人1泊あたり1万円と割引額も低くなっています。

交通機関のみ(レンタカー・高速道路など)

飛行機、鉄道、新幹線、バス、船、レンタカー、高速道路料金などの交通機関のみの場合は、割引対象にはなりません。ただし、宿泊と交通機関がセットになったプランならば割引の対象となるので、「レンタカー+ホテル」や「フェリー+ホテル」といったプランはOKです。

出張・社員旅行

観光目的ではない出張やビジネス目的の旅行、社員の慰安旅行であっても、要件を満たしていればキャンペーンの割引対象となります。

ゴルフ旅行

ゴルフ旅行においても、宿泊と交通機関がセットになった旅行商品(ゴルフパック)であれば、キャンペーンの割引対象となります。

GoToトラベルキャンペーンはいつからが対象期間?

GoToトラベルキャンペーンの対象期間は、2020年7月22日~2021年1月31日宿泊分までの旅行が対象となります。7月22日(水)~9月1日(火)までの割引額は、半額ではなく35%割引となるので注意して下さい。

7月22日より先行スタート

GoToトラベルキャンペーンは、7月の4連休が始まる前日の2020年7月22日(水)より先行スタートしました。すでに予約済みの7月22日以降の旅行も割引対象になることから、HIS一休.comヤフートラベルなどの旅行会社はすでに先行予約を開始しています。割引販売実施前の旅行については、旅行後に自身でキャンペーン事務局へ還付申請を行い、還付金を受ける必要があります。

7月27日より割引販売を開始

7月27日(月)より、準備の整った旅行事業者から順に、割引価格で販売を開始する予定です。ここで注意したいのが、あくまでも準備の整った旅行会社・オンライン旅行サイトから割引販売になるということ。準備の整っていない旅行会社・オンライン旅行サイトから予約する場合は、7月27日以降になります。その場合は、これまでと同様に旅行後に自身でキャンペーン事務局へ還付申請を行う必要があります。

9月より地域共通クーポンの付与

9月以降より、旅行代金の15%相当分の地域共通クーポンが付与されます。このクーポンと割引を合わせると、旅行代金が50%割引になるという仕組みです。地域共通クーポンが付いた最大50%割引のキャンペーンは準備に時間がかかるため、残念なことに夏休みは見送りとなってしまいました。8月までの旅行にこだわらなければ、9月以降の旅行の方が断然お得ですね!

終了日はいつ?

GoToトラベルキャンペーンの終了日は、当初2021年春頃までとされていましたが、2021年1月31日と発表されました。1月31日までの宿泊分(宿泊施設のチェックアウトは2月1日まで)が対象となります。GoToトラベルキャンペーンの予算は約1.1兆円というケタ違いの金額ですが、割引上限の2万円で泊数を換算すると5,500万泊分。つまり、国民1人あたり1泊以下となります。キャンペーンの予算を使い切れば、前倒しでキャンペーンが終了する可能性もあると考えておいた方が良いでしょう。

早めに旅行先を決めて予約した方が良いかもしれないね。

スポンサーリンク

東京都居住の方、東京都を目的地とする旅行は対象外

7月17日、国土交通省はGoToトラベルキャンペーンの見直しを発表しました。赤羽国土交通大臣の会見を要約すると、以下の通りです。

・東京都居住の方、東京都を発着・目的地とする旅行は割引の対象外。
・東京の感染者数は、全国の感染者数の約半分を占める状況を踏まえた判断。
・東京都を除く46道府県では、予定通り7月22日からキャンペーンを実施。
・居住地の確認方法は、予約時・チェックイン時に免許証や健康保険証などの身分証明証を提示する。

東京都以外の在住者が神奈川や千葉など隣県に宿泊して都内を巡るツアーや、東京都内に宿泊して隣県の観光地を巡る旅行も対象外になります。つまり、旅行の目的が千葉県にある東京ディズニーリゾートでも、東京都内のホテルに泊まれば対象外になってしまうんです。

しかし、東京都以外の在住者が東京駅や羽田空港を利用するパッケージツアーに申し込む場合は、支援の対象にする方針とのこと。つまり神奈川、埼玉、千葉などの隣県在住の旅行者が、羽田空港などの都内から出発する交通機関を利用する旅行については割引対象になります。なんだかややこしいですね(笑)現時点では東京都民、東京都を目的地とする旅行は対象外となりましたが、感染状況を踏まえた上で、支援対象となる時期が決定する見込みです。

若者や高齢者の団体旅行は対象なの?

7月17日、国土交通省は「若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行は控えていただくのが望ましい」との考えを示しました。現時点では、若者や高齢者の団体旅行は旅行業者の判断に委ねるとされています。年齢や人数制限などの明確な線引きは示されていないので、今後明らかになるものと思われます。未発表の段階では何とも言えませんが、若者・高齢者の団体旅行、宴会を伴う旅行に関しては、感染リスクの可能性が高いため見合わせるのが望ましいでしょう。

7月22日、菅官房長官は会見で「若者は20代以下、高齢者は60代以上」を念頭に置いていることを明らかにしました。

すでに予約済みの旅行は割引になるの?

当初はGoToトラベルキャンペーン開始前に予約した旅行については、割引の対象外とされていました。しかし旅行者間での公平を期す観点から、すでに予約済みの7/22(水)~8/31(月)の宿泊についても割引の対象になるとのこと。割引分の還付を受けるためには、旅行後に自身で、キャンペーン事務局に郵送またはオンラインで還付申請を行う必要があります。

そして「東京都在住者と都内を目的地とした旅行は、予約済みの分も含めて支援の対象外」とされていましたが、旅行の予約取り消しが相次いでいるため、政府はキャンセル料の全額補償を行うことを決定しました。補償の対象となるのは、7月10~17日までに旅行を予約した人。すでに支払い済みのキャンセル料に関しても返金されます。

GoToトラベルキャンペーンの還付申請方法は

GoToトラベルキャンペーンの還付申請方法は、自分で書類を揃えて手続きしないといけないのでちょっと面倒です。旅行後に下記の書類を全てGoToキャンペーン事務局へ送付し、事務局が書類を確認後、旅行者の銀行口座またはクレジットカードに還付金が振り込まれます。7月22日~8月31日までの宿泊分については還付手続きが可能で、還付申請の期間は8月14日~9月14日まで。9月以降の旅行については未定です。

・申請書(事務局や宿泊施設等で入手)
・領収書(原本)
・宿泊証明書(宿泊施設から入手)
・個人情報同意書(事務局や宿泊施設等で入手)

GoToトラベルキャンペーン VS 個人手配どっちが安い?

個人で手配する飛行機や電車などの交通機関は、GoToトラベルキャンペーンの対象外ですが、独自のセールを行う交通機関も増えてきています。JR東日本は、8月20日~2021年3月31日の期間に出発する全方面の新幹線、および一部特急列車がインターネット予約で50%割引となる「お先にトクだ値スペシャル」というキャンペーンを実施中です。また、ピーチやジェットスターといった格安航空会社(LCC)も頻繁にセールを行っています。

そのため、移動手段は各交通機関の行うセールで手配をし、ホテル・旅館だけGoToトラベルキャンペーンを利用して予約するという方法があります。別々に予約するのはちょっと面倒ですが、GoToトラベルキャンペーンを利用するよりも安かった!なんていうケースもあるかも。特に8月までは割引率が35%とそれほど大きなインパクトはないので、別々に手配することを考慮に入れても良いかもしれませんね。

結局、GoToトラベルキャンペーンはいつ申込むと良いの?

ここまで読み進めて、結局のところGoToトラベルキャンペーンはいつ申し込んだら良いの?と疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。キャンペーン開始前に予約しても割引の対象となりますが、書類を用意して還付手続きを行わなければいけないのは、正直なところ手間がかかる…。急ぎでなければ、これから各旅行会社が用意するGoToトラベルキャンペーンの割引対応プランに申し込んだ方が楽だし、還付対象外のプランだったという失敗も起こらないと思います。とりあえず今予約した方が良いのは、夏休み(8月中)の旅行です。ホテル・旅館は直前までキャンセルできるところも多いので、宿泊だけの割引を利用する場合は、早めに予約しても良いかもしれませんね!

キャンペーンの利用にあたって注意すべきことは?

最後になりますが、新型コロナウィルスの感染状況は最新情報を必ず確認して下さい。今回対象外となった東京だけでなく、感染の拡大が見られるエリアも出てきています。首都圏では東京のほかに神奈川、埼玉、千葉。関西圏では大阪、京都、兵庫。その他にも福岡や愛知など。そのため、GoToキャンペーンが途中で見直されることも考えられます。くれぐれも旅行会社のキャンセル規定には必ず目を通してから予約しましょう。

6月19日に国土交通省より、旅行者視点での感染防止に関する留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」が公表されました。キャンペーンには賛否両論あるとは思いますが、「手洗い・うがい・消毒・マスク着用」や「接待を伴う飲食店を避ける」といった感染防止対策を心がけて旅行を楽しんで下さいね。

関連GoToトラベルキャンペーン対象の旅行会社は、こちらのページをご覧下さい。
GoToトラベルキャンペーンが対象の旅行会社20選!じゃらん・楽天・ヤフーも利用可
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
withコロナ旅行
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました