海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

ブリュッセルからブルージュの行き方!電車に乗って日帰り観光を楽しもう

ベルギー
スポンサーリンク

ベルギーの古都ブルージュは、運河と中世の可愛らしい街並みが残る世界遺産の街です。首都のブリュッセルからブルージュへは、特急電車のICに乗って1時間ほどでアクセスできます。今回私達は、ブリュッセル中央駅から電車に乗ってブルージュを日帰り観光してきました。ブリュッセルからブルージュへの行き方、料金・時間、チケットの買い方、電車移動レポートなど実際に訪れて分かった情報を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリュッセルからブルージュの行き方(電車)

ブリュッセルからブルージュへは、IC(InterCity)という特急列車で行くことができます。ブリュッセルには主要な鉄道駅が3つあり、北駅(Bruxelles Nord)、中央駅(Bruxelles Central)、南駅(Bruxelles Midi)のどこからでもブルージュへ行けます。ブリュッセル北駅 → 中央駅 → 南駅の順に停車する直通電車なので、乗り換えの必要はありません。

所要時間

約1時間10分

料金

片道料金1等席2等席
大人22.10ユーロ14.30ユーロ
シニア(65歳以上)15.30ユーロ7.20ユーロ
学生(12~25歳)6.60ユーロ
子供(11歳以下)無料無料

※ブリュッセル北駅、中央駅、南駅のどこから乗っても料金は同じです。

運行時間

ブリュッセル中央駅発 → ブルージュ駅行きの場合
・平日 5:45~23:20
・土日 5:58~23:45

運行間隔

ラッシュ時は約20分、それ以外は約30分おき(1時間に3~4本)
※最新の時刻表は、ベルギー国鉄公式サイトから検索できます。

チケット(切符)の買い方

電車のチケットは、①駅の自動券売機、②駅の窓口、③ベルギー国鉄公式サイトからオンライン予約(英語)、④レイルヨーロッパ公式サイトからオンライン予約(日本語)での購入が可能です。

駅の自動券売機で購入する

各駅には自動券売機がたくさん設置されているので、切符は券売機で購入するのが手っ取り早いです。ただしベルギー国鉄の券売機は、小銭かクレジットカードでしか支払いできない機械が多いです。私達が確認した限りでは、ブリュッセル中央駅の券売機に関しては紙幣が使えませんでした。そのため、小銭やカードを事前に用意していく必要があります。切符の種類、目的地(Bruges)、1等車/2等車、片道/往復などを選択して購入します。

駅の窓口で購入する

小銭やカードを準備していくのを忘れてしまった場合は、各駅の窓口でも切符が購入できます。ただし窓口は混んでいることが多いので、時間に余裕を持って行く必要があります。

ベルギー国鉄公式サイトで予約する(英語)

電車のチケット(切符)は、ベルギー国鉄公式サイトから事前にネット予約することもできます。予約完了後に送られてくるPDFファイルは、そのまま乗車チケットとして利用できるのがポイントです。手数料はかかりませんが、英語で予約を進めていく必要があります。

  ベルギー国鉄公式サイト(英語)

レイルヨーロッパ公式サイトで予約する(日本語)

電車のチケットは、チケット販売サイトのレイルヨーロッパから予約することもできます。手数料は加算されますが、日本語で予約できるのがメリットです。

  レイルヨーロッパ公式サイト(日本語)

スポンサーリンク

ブリュッセルからブルージュへの電車移動レポート

今回は、ブリュッセル中央駅からブルージュへの行き方を紹介します。ブリュッセル北駅と南駅から出発する場合も基本的な行き方は同じなので参考にして下さい。

ブリュッセル中央駅から出発

余裕を持って観光するには、朝8~9時頃にブリュッセルを出発する電車に乗るのがおすすめです。私達はブリュッセル中央駅から徒歩3分のウォーウィック ブリュッセルに宿泊していたので、すぐに駅へ行くことができました。この周辺には観光スポットも集まっているため、ヒルトンノボテルなどブリュッセル中央駅周辺のホテルに泊まるのが観光に一番便利です。

ブリュッセル中央駅の正面入口から入ると、すぐに窓口と電光掲示板があります。さすが中央駅なだけあって、駅構内は明るく広々としていました。窓口は平日の朝8時台は空いていましたが、9時に近付くにつれて段々と混んできました。

券売機でのチケット購入は、クレジットカードを利用しました。スキミングが心配でしたが、帰国後に確認したら大丈夫だったのでホッと一安心。

  ブリュッセルの鉄道駅はスリや置き引きが多いので、くれぐれも注意して下さい!私達は駅で手錠をかけられた犯人が警察に連行される現場を見てしまいました…。特に切符の購入時など、注意が散漫になっている時は狙われやすいです。

ブリュッセル中央駅は、地上階、地下1階、地下2階の計3フロアあります。チケットを購入し、電光掲示板で自分の乗る電車のホーム番号を確認したら階段を下ります。

地下1階にはカフェやコンビニなどが入っていました。プラットホームがあるのは、地下2階なのでもう一つ階段を下ります。日本と違って改札口はないので、そのままホームへ行って大丈夫です。検札は電車内で行われるため、駅員が来たらチケットを提示すればOK。

ブルージュ行きの電車に乗る

私達は、4番プラットホームから9:00発のオーストエンデ行きのICに乗車しました。各ホームの電光掲示板には行き先が表示されているので、間違いないか改めて確認しましょう。経由駅に「Bruges」と表示されていれば合っています。

電車は数分遅れてきましたが、海外ではよくあることなのであまり気にしないように(笑)座席は全席自由席で、2等車でも清潔感があり十分に快適でした。電車はブリュッセル中央駅を出発し、南駅→ゲント駅→ブルージュ駅の順に停車します。

車窓にはのどかな田園風景が広がり、ボーっと眺めていると1時間ほどでブルージュ駅に到着します。ブルージュ駅は終点ではないので、乗り過ごさないように注意して下さいね。車内の電光掲示板には、次の停車駅が表示されるため確認していれば大丈夫です。

ブルージュ駅に到着

あっという間にブルージュ駅へ到着。電車は遅れてきたわりに、定刻通りに着きました(笑)

ブルージュ駅は小さな駅ですが、必要なものは最低限揃っています。

窓口と券売機も混んでいません。

駅構内には、ブルージュの観光案内所があります。観光スポットの入場料が無料になる「ブルージュ・シティカード」はここで購入できます。

駅構内の西側には、人気のオーガニックカフェ「エクスキ(EXKi)」が入っています。

ミニスーパーの「カルフールエクスプレス」もあるので、飲み物や軽食を買うのに便利。営業時間は平日7:30~19:30、土曜8:30~14:30、日曜定休です。

駅の東口から出て、観光スポットが集まるブルージュ中心部へ向かいます。中心部へは徒歩かバスで行くことができます。

ブルージュ駅前のバス乗り場から、デ・レイン(De Lijn)社の運行するバスが出ています。「CENTRUM(中心部)」または「MARKT(マルクト広場)」行きのどちらかに乗ればOK。どちらも所要時間は同じくらいで、10分ほどで中心部に着きます。

私達は「愛の湖公園」から順番に観光して行ったので、徒歩でブルージュ中心部へと向かいました。

オプショナルツアーを利用してブルージュへ

ブリュッセルからブルージュへ自力で訪れると、丸一日近くかかります。時間がないので効率良く観光したい、自力で移動するのが心配という場合は、オプショナルツアーを利用するのも手です。オプショナルツアーには、ブリュッセルからブルージュへの送迎も含まれています。ツアー料金は日本語ガイドだと約140ユーロ~英語ガイドだと約50ユーロ~です。日本語ガイドはベルトラ公式サイト、英語ガイドはゲットユアガイドから予約できます。

  ベルトラ公式サイト(日本語ガイドツアー)
  ゲットユアガイド公式サイト(英語ガイドツアー)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ベルギー
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました