音楽の都ウィーン観光の必要日数とおすすめモデルコース

この記事をシェアする

音楽の都ウィーンは、モーツァルトやベートーヴェンといった偉大な作曲家が活躍した街です。音楽関連のスポットが多くあり、連日のようにコンサートやオペラが上演されています。またハプスブルク家ゆかりの豪華な建物、美術品もたくさん残されています。これほど音楽や芸術が身近に感じられる街も珍しいのではないかと、我々夫婦も感銘を受けたほどです。

街の中心には「リング」と呼ばれる環状道路があり、リング内とリング周辺に観光スポットが集まっています。美しく壮大なシェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿も見逃せませんよ!今回はこれらの観光スポットを巡るにはどのくらい日数が必要なのか、どのようなルートで巡ったらいいのか、実際の経験をもとに詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

ウィーン観光に必要な日数

ウィーンには見どころが数多くあるので、観光を満喫するには最低でも3日間は必要です。見どころを絞れば2日間でもいけますが、急ぎ足での観光となってしまいます。

観光の日数は、リング内1日+リング周辺1日+シェーンブルン宮殿半日+ベルヴェデーレ宮殿半日を目安に計画を立てましょう。ウィーンは地下鉄やトラムが発達している街なので、これらの交通機関を上手く利用するのが、観光地を効率的に巡るコツです。

またウィーンを起点に他都市を訪れるなら、ザルツブルクは+1日、プラハは+2日、ブダペストは+2日必要となります。これらの都市とウィーンの間には高速列車レイルジェットが運行しているので、この機会に足を延ばしてみるのも良いかと思います。
icon-caret-right レイルヨーロッパならウィーンの特急列車レイルジェットも予約できます

ウィーン観光モデルコースの地図

今回紹介するモデルコースは、実際に4日間かけて巡ったものになります。大まかに1日目はベルヴェデーレ宮殿、2日目はリング内、3日目はリング周辺、4日目はシェーンブルン宮殿というスケジュールでした。

【リング内】シュテファンスプラッツ駅①シュテファン寺院→②ペスト記念柱→③聖ペーター教会→④ホーフブルク宮殿→⑤カプツィナー教会→⑥ケルントナー通り→⑦ウィーン国立オペラ座→カールスプラッツ駅

【リング周辺】ウィーン・ミッテ駅→①ウィーン市立公園→②楽友協会ホール→③カールス教会→④ナッシュマルクト→⑤分離派会館→⑥美術史美術館→⑦オーストリア国会議事堂→⑧フォルクス庭園→⑨ブルク劇場→⑩市庁舎→⑪ヴォティーフ教会→ショッテントーア駅

ウィーン観光1日目 旧市街(リング内)

リング内はウィーン観光の中心地とも言える場所で、見逃せないスポットが目白押しのエリアです。石畳の美しい旧市街が広がり、街全体が世界遺産に登録されています。

それでは、地下鉄1・3号線のシュテファンスプラッツ(Stephansplatz)駅からリング内の観光をスタートさせたいと思います。

シュテファンスプラッツ駅を出ると、目の前にドーンとそびえ立っているのがシュテファン寺院です。14世紀頃に建てられたゴシック様式の教会で、ウィーンのシンボル的存在です。色とりどりのモザイク屋根がとても可愛らしく、外壁や内部には細やかな彫刻が施されています。北塔と南塔からは、ウィーンの街並みが一望できますよ。
icon-caret-right シュテファン寺院を観光!北塔に登ってウィーンの街を一望してみました

シュテファン寺院を出て、メインストリートである「グラーベン通り」を歩いて行きます。ここは観光客でいつも大賑わいのエリア。通りにはオープンカフェがたくさんあるので、一息つくにはぴったりの場所だと思います。

グラーベン通りを歩いて行くと「レオポルドの泉」と「ペスト記念柱」が見えてきました。ペスト記念柱は、17世紀のペスト終焉を神に感謝するために作られたものです。

シュテファン寺院から3分ほどで、聖ペーター教会に到着しました。9世紀に創建された、ウィーンで2番目に古いバロック様式の教会です。現在の姿になったのは18世紀頃で、緑色の大きなドーム屋根が特徴的。入場料は無料で、日本語のパンフレットが用意されています。

入場すると、思いのほか豪華な内装なので驚きました。ピンク色の大理石と金色の装飾が可愛らしい教会です。中央祭壇には、白い天使の彫像がたっぷりと飾られています。

中央祭壇の両脇には「聖ミヒャエル祭壇」と「聖フランシスコ・サレジオ祭壇」があります。

この教会の一番の見どころと言えば、美しい天井フレスコ画です。楕円形の天井いっぱいに、聖母マリアの戴冠が描かれています。

入口上部には、大きなパイプオルガンもありました。聖ペーター教会では頻繁にコンサートが開かれているので、時間があればぜひ鑑賞してみて下さいね。

聖ペーター教会を出て「コールマルクト通り」を歩いて行くと、ホーフブルク宮殿に到着しました。ホーフブルク宮殿は、ハプスブルク家の歴代皇帝が住んでいた宮殿です。広大な敷地内には、旧王宮や新王宮、図書館、教会、美術館、庭園といった多くの見どころがあります。中でも一番の見どころが旧王宮で、皇帝夫妻が暮らしていた部屋などが見学できます。

ホーフブルク宮殿でもう一つ見逃せないのが、「世界一美しい図書館」と言われるオーストリア国立図書館です。プルンクザールと呼ばれる大広間が見どころで、図書館とは思えないほどの豪華さに驚かれると思います。大理石の柱と天井フレスコ画がとっても美しいです。

図書館の隣には、ハプスブルク家ゆかりのアウグスティナー教会があります。割とシンプルな教会ですが、実は歴史上の有名人物が結婚式を挙げた場所として知られています。フランツ1世とマリア・テレジア、フランツ・ヨーゼフ1世とエリザベートの他にも、ナポレオンとマリー・ルイーズ、ルイ16世とマリー・アントワネットなどがここで挙式しているんですよ。

市民や観光客の憩いの場となっているのが王宮庭園です。庭園内には「ト音記号の花壇とモーツァルト像」があり、ウィーンを象徴する景色となっています。パンフレットやガイドブックでもよく使われているショットなのでお見逃しなく!

王宮庭園の隣には、美しいカーブを描いた新王宮があります。新王宮の前に立っているのは、国民的人気を誇るカール大公とオイゲン公の騎馬像です。この宮殿はエフェソス博物館、中世武器博物館、古楽器博物館など4つの博物館として利用されています。
icon-caret-right ホーフブルク宮殿を観光してわかった!アクセス・チケット・見どころを紹介

ケルントナー通りは、シュテファン寺院からオペラ座へと延びる歩行者天国です。ウィーン随一の繁華街で、ショップやホテル、カフェ、レストランなどがずらりと並んでいます。お土産購入や食事する場所に困ったら、とりあえずここに来れば大丈夫!

ウィーン名物の濃厚なチョコレートケーキ、ザッハートルテはご存知ですか?ケルントナー通りには、このザッハートルテ発祥のお店である「カフェ・ザッハー」もあるんですよ。5つ星ホテルのザッハーウィーンの1階にあり、いつも混んでいるからすぐに分かると思います。

ケルントナー通りから一本入った所には、カプツィナー教会があります。今回は残念ながら工事中で隠れていましたが、レンガ色の落ち着いた雰囲気の建物です。カプツィナー教会にはハプスブルク家の納骨堂があり、皇帝や皇妃などのご遺体が納められています。

名称:カプツィナー教会
開館時間:10:00~18:00(木曜は9:00~18:00)
休館日:なし
入場料:7.50ユーロ

カプツィナー教会の前にはノイアー・マルクトという広場があり、その中央には彫刻家ラファエル・ドンナー作の「ドンナーの泉」が設置されています。

リング内観光のラストを飾るのは、音楽の都ウィーンを代表するスポットウィーン国立オペラ座です。パリ・ミラノと並ぶ世界三大オペラ劇場の一つに数えられており、これまでにマーラーやカラヤンなどが総監督を務めた由緒ある歌劇場です。日本よりもお安く観劇できるので、旅の記念にぜひ一度観劇されてみてはいかがでしょうか。
icon-caret-right 憧れのウィーン国立オペラ座でオペラ観劇!服装・チケット・座席料金について

オペラ座の前にある地下鉄1・2・4号線のカールスプラッツ(Karlsplatz)駅からホテルへ戻って、リング内の観光は終了となります。

ウィーン観光2日目 リング周辺

ウィーン中心部には、旧市街を取り囲むように約4kmほどの環状道路「通称 リング」が走っています。このリング周辺には、美術館や国会議事堂、市庁舎といった立派な建物が建ち並んでおり、散策するだけでも楽しめるエリアです。

それでは、地下鉄3・4号線のウィーン・ミッテ駅からリング周辺の観光をスタートさせたいと思います。リング周辺はトラムでも観光できますが、今回は徒歩で巡ってみました。

ウィーン・ミッテ駅を出るとすぐに、自然いっぱいのウィーン市立公園が広がっています。

公園の中央にはウィーン川が流れており、カモや鳥も気持ち良さそうに泳いでいました。

広大な公園の中には、偉大な音楽家たちの彫像が立っているので、散策がてら探してみるのも良いかもしれませんね。

左はウィーン生まれの作曲家シューベルト、右は遅咲きの作曲家ブルックナーの像です。

彫像の中でも一番人気なのが、黄金のヨハン・シュトラウス像です。彼もウィーン生まれの作曲家で、ワルツ曲「美しく青きドナウ」やオペレッタの「こうもり」が代表作です。

また市立公園内には、クアサロンというコンサートホールがあります。他のコンサートホールはオフシーズンだと公演が行われていないこともありますが、ここはほぼ毎日のように上演されているのが特徴です。シュトラウスとモーツァルトの有名曲ばかり演奏されるので、観光客でも聴きやすいプログラムだと思います。

ウィーン市立公園を出て10分ほど歩くと、楽友協会ホールに到着しました。ここはウィーンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地であるコンサートホールです。黄金の大ホールは、世界三大ホールに数えられるほどの音響の良さで知られています。ウィーンフィルハーモニーのチケットは入手困難ですが、一生に一度は聴いてみたいものですよね。

名称:楽友協会ホール
ガイドツアー時間:英語ツアー13:00、ドイツ語ツアー13:45(不定休)
料金:6.50ユーロ
※コンサートチケットやガイドツアーは公式サイトより予約できます。

楽友協会ホールの向かい側には、ベートーヴェン、バッハと共に「ドイツ音楽3大B」と言われるブラームスの像が立っていました。

ブラームス像の近くには、独特なデザインのパビリオン・カールスプラッツがあります。ユーゲントシュティール建築の建物で、巨匠のオットー・ヴァグナーが手掛けた駅舎です。緑色のひさしや屋根に、金色の装飾が映える可愛らしい建物です。

パビリオン・カールスプラッツから少し歩くと、カールス教会が見えます。バロック様式の美しい教会で、中央に大きなドームと両端に2本の大きな円柱が立っているのが特徴です。内部装飾も非常に豪華で、ドーム天井には素晴らしいフレスコ画が描かれているんですよ。

名称:カールス教会
開館時間:月曜~土曜は9:00~18:00、日曜・祝日は12:00~19:00
休館日:なし
入場料:8ユーロ

カールス教会を出て5分ほど歩くと、ナッシュマルクトに到着しました。南北に1kmほど延びる市場で、ウィーン市民の台所とも言える場所です。野菜やチーズなどの専門店以外にも、レストランや軽食スタンドもあるので、観光客にも人気のスポットとなっています。

ナッシュマルクトの近くには、不思議なデザインの分離派会館があります。パビリオン・カールスプラッツと同じユーゲントシュティール建築で、「金色のキャベツ」と呼ばれる透かし彫りのドームが特徴的です。一番の見どころは、クリムトの三連フレスコ画「ベートーヴェンフリーズ」でしょう。ベートーヴェンの交響曲第9番を絵画化したもので、全長34mもある大作となっています。

入口にはメドゥーサの首が3つ並んでいたりと、外観だけでも充分に楽しむことができます。

可愛らしいカメやフクロウ、

トカゲや植物といった、自然をモチーフにした装飾が魅力です。

名称:分離派会館
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜
入場料:9.50ユーロ

分離派会館から5分ほど歩いて、美術史美術館へやってきました。パッと見は宮殿のようにも見える豪華な建物ですが、内部は世界屈指のコレクションを誇る美術館となっています。フェルメールの代表作「絵画芸術」やブリューゲルの「バベルの塔」など、有名画家の作品が盛りだくさん!館内には「世界で最も美しいカフェ」もあるので、絵画鑑賞の合間にぜひ利用してみて下さいね。
 icon-caret-right ウィーン美術史美術館の必見作品30選と入場レポート!

美術史美術館の向かい側には、まるで双子のようにそっくりな自然史博物館が建っています。約2万年前の「ヴィレンドルフのヴィーナス」をはじめ、恐竜の骨や昆虫、鉱物などが展示されている博物館です。

そして美術史美術館と自然史博物館の間にはマリア・テレジア広場があり、広場の中心にはマリア・テレジア像が立っています。

マリア・テレジアはハプスブルク家の最盛期を築き上げ、16人もの子供をもうけた、いわばオーストリアの肝っ玉母さん(笑)台座にはモーツァルトやハイドンなど、著名な音楽家の彫像も飾られています。

マリア・テレジア広場の後ろには、ミュージアムクォーターがあります。ここは美術館や博物館など10以上の施設が集まる、アート好きにはたまらないスポットです。最大の見どころは、エゴン・シーレの作品が充実している「レオポルトミュージアム」でしょう。

リング沿いを歩いて行くと、オーストリア国会議事堂が見えてきました。古代ギリシア神殿風の巨大な建物で、正面には女神パラスアテネの像が立っています。建物の周りには、有名な思想家や歴史家の彫像も飾られています。

オーストリア国会議事堂の前には、自然いっぱいのフォルクス庭園が広がっています。時期になると、数千本ものバラが咲き誇る美しい庭園として知られています。

庭園内には、オーストリアの劇作家フランツ・グリルパルツァーの像がありました。他にエリザベート皇后の像もありますが、天気が急変して取り忘れてしまいました(笑)

古代ギリシア風のテセウス神殿も素敵です。

フォルクス庭園の隣に建っているのは、ネオバロック様式のブルク劇場です。やや丸みを帯びた外観で、ヨーロッパ最高峰の劇場として知られています。ガイドツアーでしか入場できませんが、若き日のクリムトが描いた天井画は必見ですよ。

ブルク劇場の向かい側にある素敵な建物は、なんとウィーンの市庁舎です。中央の大きな時計塔と、左右に2本づつある尖塔が特徴的なネオゴシック様式の建物です。市庁舎の前にある広場はイベントなどでよく利用されており、この日も何やら賑やかな雰囲気でした。

リング周辺観光のラストを飾るのは、2本の尖塔が特徴的なヴォティーフ教会です。内部にはは数多くのステンドグラスが飾られており、中央にはアントワープの聖壇があります。教会前の芝生広場では、たくさんの市民が寛ぐ様子が見られました。

名称:ヴォティーフ教会
開館時間:火曜~土曜は10:00~18:00、日曜は9:00~13:00
休館日:月曜
入場料:無料

ヴォティーフ教会の前にある地下鉄2号線ショッテントーア(Schottentor)駅からホテルへ戻って、リング周辺の観光は終了となります。

ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿は、オスマントルコからウィーンを救った英雄プリンツ・オイゲンの夏の離宮です。宮殿には上宮と下宮の2つの建物があり、それぞれが美術館として利用されています。中でも上宮美術館にはクリムトの代表作「接吻」やエゴン・シーレの「家族」など、世紀末美術を代表する画家の作品が数多く展示されています。広大な庭園は美しく手入れされており、美術作品を鑑賞するには最高の環境にあります。
icon-caret-right ベルヴェデーレ宮殿の行き方と上宮美術館の押さえておくべき見どころ!

シェーンブルン宮殿

最後にご紹介するスポットは、ウィーンで一番人気のシェーンブルン宮殿です。ハプスブルク家がひと夏を過ごした夏の離宮で、世界遺産にも登録されています。マリアテレジア・イエローと呼ばれる鮮やかな黄色の宮殿と、花が咲き誇る美しい庭園が魅力です。宮殿内にある豪華絢爛な部屋の数々は、並んでも見る価値ありですよ!
icon-caret-right シェーンブルン宮殿を観光してわかった!行き方・チケット・見どころを徹底解剖

まとめ

今回私達はウィーン中央駅すぐそばのホテルに宿泊しましたが、中心部へは地下鉄で5分ほどで行けましたし、高速列車レイルジェットも発着していたので都市間移動もしやすかったです。実際にウィーンを観光してみると、ウィーン中央駅やリング周辺のホテルに泊まるのが一番便利かな思いました。
icon-caret-right ウィーンのおすすめホテル13選!観光に便利で手頃なホテルを厳選しました

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!