バルセロナのおすすめ観光スポット!旧市街ゴシック地区・ランブラス通り編

この記事をシェアする

世界有数の観光都市であるバルセロナは、芸術、文化、スポーツ、自然、グルメなど多彩な魅力に満ち溢れた街です。サグラダファミリアをはじめとしたガウディの建築物は特に有名ですが、その他にも魅力的な観光名所がたくさんあります。

今回はその中でも、旧市街ゴシック地区とランブラス通りにスポットを当てて、おすすめの見どころを紹介していきたいと思います。このエリアには古き良き街並みが残っており、街角アートや素敵な建築物を眺めながら街歩きが楽しめます。食べ歩きやショッピングも楽しみながら、気の向くままに散策してみて下さいね!

スポンサーリンク

バルセロナ観光の所要日数・時間

一口にバルセロナと言ってもエリアが広いですから観光には最短で2日間、できれば3~5日間は欲しいところです。

【2日間プラン】
2日間だとかなりの駆け足になるので、自分が絶対に行きたい所だけ絞ってプランニングするのがポイントです。例としては以下のような感じでしょうか。

  • 1日目:サグラダファミリア、グエル公園、カサ・ミラ、カサ・バトリョを観光。
  • 2日目:旧市街ゴシック地区とランブラス通りを散策しながら、食べ歩きとお土産探し。

【3日間~5日間プラン】
やはり3~5日間くらい日程があると旅の満足度が高くなります。実際に私達も4日間かけてバルセロナ観光をしましたが、ゆっくり見所を回れたので非常に満足しました。

  • ガウディ建築をはじめとした世界遺産巡り:2日
  • 旧市街ゴシック地区とランブラス通り周辺:1日
  • その他バルセロナ観光(モンジュイックの丘、カンプノウスタジアムなど)、近郊の町に日帰り観光(モンセラット、タラゴナ、フィゲラスなど):1日~2日

バルセロナのおすすめ観光スポットの地図

①カタルーニャ広場 ②ボケリア市場 ③ミロのモザイク床 ④リセウ大劇場 ⑤レイアール広場 ⑥グエル邸 ⑦コロンブスの塔 ⑧サン・ジャウマ広場 ⑨カテドラル ⑩王の広場 ⑪建築士会会館の壁画 ⑫カタルーニャ音楽堂 ⑬ピカソ美術館

カタルーニャ広場~ランブラス通り

カタルーニャ広場

SPAIN4-1_DSC_0131

バルセロナのほぼ中心に位置するカタルーニャ広場は、観光や交通の拠点となる場所です。目抜き通りであるグラシア通りやランブラス通りの始点でもあるので、旅行者なら一度は通りかかる場所でもあります。

SPAIN4-1_DSC_0129
SPAIN4-1_DSC_0230

広場には噴水やモニュメントなどがあり、くつろぐ市民や旅行者でいつも賑わっています。

SPAIN4-1_DSC_0128

カタルーニャ駅には地下鉄1号線と3号線、スペイン国鉄のRenfe、カタルーニャ鉄道のFGCが乗り入れています。また広場周辺には、市バスやツーリストバス、エアポートバスAerobusの停留所があり、まさに市内交通の要所となっています。

SPAIN3-2_DSC_0206

カタルーニャ広場の東側には、スペインの人気デパート「エル・コルテ・イングレス」があります。地下には大きなスーパーマーケットが入っているので、食品系のお土産はここで揃ってしまいます。バラマキ土産から大事なお土産まで一気に揃うのでとっても便利です。営業時間は9:30~21:30、日曜・祝日は休みなので気を付けて下さい。

SPAIN3-1_DSC_0441

ランブラス通りはカタルーニャ広場からコロンブスの塔まで続く、旧市街のメインストリートです。ポプラ並木の歩行者専用道路が整備されており、夜遅くまで観光客で賑わっています。飲食店や土産物店などが建ち並び、これから紹介するボケリア市場やリセウ大劇場もこの通り沿いにあります。

SPAIN4-1_DSC_0233
SPAIN4-1_DSC_0238

街灯のデザインも周辺の雰囲気にマッチしていて素敵です。写真右はランプの付いたおしゃれな水飲み場「カナレタスの泉」です。この泉の水を飲むともう一度バルセロナに戻って来られる、という言い伝えがあります。

SPAIN3-1_DSC_0438

ランブラス通りには「カルフールマーケット」があります。大きなスーパーなので、品揃えはけっこう豊富です。営業時間は10:00~22:00、日曜・祝日は休みなので気を付けて下さい。

ボケリア市場

SPAIN3-1_DSC_0462

バルセロナ市民の台所であるボケリア市場(サン・ジュゼップ市場)には、肉、魚、野菜、フルーツなど様々な食品の専門店が集まっています。観光客も食べやすいよう小分けにされて売られているので、色んなものをつまみながら食べ歩きが楽しめます。

SPAIN3-1_DSC_0447

営業時間はお店によって異なりますが、大体8:00~20:00くらいで日曜・祝日はお休みです。お店によっては夕方で店仕舞いする所もあるので、早めに訪れるのがおすすめ。

SPAIN3-1_DSC_0450

スペインといえば生ハムは絶対に欠かせません!様々な種類・ランクの生ハムが売られていますが、特にカットしたてのイベリコ豚は絶品です。お土産で持って帰りたいところですが、日本には持ち込みが禁止されているので現地でたっぷり食べてきて下さいね。

SPAIN3-1_DSC_0453

定番のチーズも色々な種類が売られています。チーズ好きにはたまりませんね!

SPAIN3-1_DSC_0451

スペインの一口おつまみ「ピンチョス」も目移りするほどたくさんの種類があります。こちらはシーフードのフライでしょうか。

SPAIN3-1_DSC_0452

地中海の温暖な気候と、降り注ぐ太陽に育まれた真っ赤なトマト!ジューシーで美味しそう~

SPAIN3-1_DSC_0448

たっぷり盛り付けられたカットフルーツは、なんと1パック1.5ユーロ!

SPAIN3-1_DSC_0455

観光客に特に人気だったのが、絞りたてのフレッシュフルーツジュース!1杯1~2ユーロほど、種類が豊富なのでどのジュースにしようか迷ってしまいます。

SPAIN4-1_DSC_0333

ボケリア市場の最寄り駅は、地下鉄3号線のリセウ駅になります。

SPAIN4-1_DSC_0341

リセウ駅のすぐ近くには、バルセロナ出身の画家ジョアン・ミロのモザイク床があります。人通りが多い場所にあるので、うっかりしていると見落としてしまいますよ。ミロ作品の特徴である抽象的なデザインとカラフルな色使いのモザイク画となっています。

SPAIN4-1_DSC_0356-1

ちょうどランブラス通りの中間に位置する豪華な建物は、リセウ大劇場になります。1847年に建てられた歴史あるオペラ座で、定期的にオペラやバレエなどの公演が行われています。スペインでオペラというのもちょっと意外ですよね。観光客向けにメインホールや舞台裏まで見られる見学ツアーも行われていますよ。

レイアール広場

SPAIN4-1_DSC_0358

ランブラス通りを一本脇に入ると、南国風のレイアール広場があります。広場には椰子の木がたくさん植えられており、下がアーチ状になった建物に四方を囲まれています。

SPAIN4-1_DSC_0369

広場の中央には円形の噴水があります。周囲にはフラメンコショーが観られるダブラオやレストラン・カフェなどが並んでおり、昼も夜も観光客で賑わっています。

SPAIN4-1_DSC_0363

この広場で見逃せないのが、ガウディがデザインした街灯です。ガウディが建築学校を卒業して最初に手掛けた作品で、武具をモチーフにした不思議なデザインをしています。この頃からすでに奇才としての片鱗が現れていたんですね。

グエル邸

SPAIN4-1_DSC_0371

グエル邸は、ガウディ最大のパトロンだった実業家グエル氏の依頼により設計した邸宅です。ランブラス通りから一本脇に入った道沿いに、ひっそりと佇んでいます。他のガウディ建築に比べると地味な外観ですが、彼の才能がいかんなく発揮されており初期の作品の中では最高傑作と言われています。

SPAIN4-1_DSC_0374
SPAIN4-1_DSC_0377

正面ファサードには、放物線を描くアーチ状の大きな扉が2つあります。重厚感のある鍛鉄製の扉で、扉の横には鷹をモチーフにした緻密な鍛造装飾が施されています。屋上には、グエル公園を彷彿とさせるようなポップでカラフルな煙突が20本も設置されています。

SPAIN4-1_DSC_0378

チケット売り場はグエル邸の左横にあり、閉館1時間前まで販売されています。

【グエル邸】
開館時間:4/1~10/31は10:00~20:00、11/1~3/31は10:00~17:30
休館日:月曜、1/1、1月の第三週、12/25、12/26
入場料:12ユーロ

コロンブスの塔・バルセロネータ

SPAIN4-1_DSC_0384

約1.5kmに及ぶランブラス通りは、港の前に立つコロンブスの塔で終点となります。

SPAIN4-1_DSC_0404

約60mの塔の先端には、アメリカ大陸を発見したコロンブス像が立っています。塔の上には360度見渡せる展望台があり、4.5ユーロで上ることができます。

SPAIN4-1_DSC_0393
SPAIN4-1_DSC_0406

台座には、ライオン像や新大陸発見に関わった人物たちの彫刻が設置されています。

SPAIN4-1_DSC_0388

最寄り駅は、地下鉄3号線のドゥラサーネス駅になります。

SPAIN4-1_DSC_0424

地中海に面したベイエリアはバルセロネータと呼ばれており、心地よい海風を感じながら散策するのにぴったりのエリアです。手前に見えている橋は「海のランブラス」とも呼ばれ、この橋を渡った先には「マレマグナム・ショッピングモール」があります。

SPAIN4-1_DSC_0429

ハーバーにはたくさんのヨットが係留されていて素敵な雰囲気!地中海を眺めながら食事ができるレストランもあるので、新鮮なシーフードを味わうのも良いですね。

SPAIN4-1_DSC_0411

コロンブスの塔の正面には、遊覧船ゴロンドリナス号の船着場があります。コースは2種類あり、バルセロナ港を約40分かけて周るコースが7.40ユーロ、ビーチ沿いを約90分かけて周るコースが15ユーロとなっています。

SPAIN4-1_DSC_0415

写真の真ん中に見える赤いゴンドラは、バルセロナ港(ビーチ)とモンジュイックの丘(アルマダ広場)を結ぶロープウェイ「テレフェリック」です。空中から眺める海と港が美しく、観光客に大人気の乗り物となっています。運行時間は3~10月が10:30~19:00、11~2月が11:00~17:30頃です。料金は片道11ユーロ、往復16.5ユーロと少しお高めです。

>>次ページ 旧市街ゴシック地区

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!