全国旅行支援特集!

全国旅行支援「ただいま東京プラス」の日帰り旅行について!日帰りプランを販売するおすすめ旅行会社は?

全国旅行支援
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年10月20日から開始した、東京都の全国旅行支援「ただいま東京プラス」。宿泊旅行の方に人気が集中しがちですが、1人あたり最大5,000円割引になり、最大3,000円分のクーポンがもらえる日帰り旅行も狙い目です。都内の観光名所を巡る日帰りバスツアーや、ランチビュッフェプランなどが対象になっています。今回は、ただいま東京プラスの日帰り旅行の利用条件、日帰りプランを販売するおすすめの旅行会社などを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全国旅行支援「ただいま東京プラス」の日帰り旅行について

全国旅行支援「ただいま東京プラス」は、全国民を対象とした都内の宿泊・日帰り旅行が割引になる観光促進キャンペーンです。東京以外の都道府県は一足先に10月11日から実施されていましたが、遅れながら東京都も10月20日よりスタートすることになりました。

日帰り旅行の割引額は、旅行代金の最大40%割引(上限額は5,000円)となります。さらに割引利用者には、東京都内の加盟店で使える「ただいま東京プラスクーポン」が最大3,000円分もらえます。日帰り旅行の最低旅行代金は、1人あたり平日が5,000円以上、休日が2,000円以上。利用回数の上限はないので、期間中であれば何度でも利用できます。

キャンペーン名ただいま東京プラス
実施期間2022年10月20日(木)~12月20日(火)まで
※宿泊旅行は2022年12月21日(水)チェックアウト分まで
対象者日本国内に居住する方(外国人可)
割引額1人1泊あたりの宿泊・旅行代金が最大40%割引
交通付旅行商品の上限:8,000円
宿泊旅行・日帰り旅行の上限:5,000円
平日の下限:5,000円
休日の下限:2,000円
クーポン券ただいま東京プラスクーポンを最大3,000円分付与

日帰り旅行のクーポン配布は?

日帰り旅行のただいま東京プラスクーポンの配布額は、宿泊旅行と同額で、平日は1人あたり3,000円分、休日は1人あたり1,000円分となります。日帰り旅行の場合は、土日祝が「休日扱い」、それ以外が「平日扱い」となります。クーポンの休日と平日については、日帰り旅行と宿泊旅行は扱いが違うので注意すること。

日帰り旅行の場合は、クーポンの利用期限は旅行日の23:59までと短いので、あらかじめどこで使えるのか調べておいたほうが良いかもしれません。クーポンの受け取りは、旅行当日の集合時に添乗員または現地係員からとなります。

ただいま東京プラスクーポンが使える店はどこ?観光施設や飲食店などジャンル別に紹介!
東京都では全国旅行支援「ただいま東京プラス」を行っています。都内の宿泊・日帰り旅行が最大40%割引になり、加盟店で使える「ただいま東京プラスクーポン」が配布されます。今回はただいま東京プラスクーポンが使える店を観光施設、飲食店、土産物店などのジャンル別に紹介します。

日帰り旅行の利用条件は?

日帰り旅行の割引を受けるには、①ワクチン3回接種済またはPCR検査等が陰性であることが確認できる書類、②居住地確認のできる本人確認書類(身分証明書)、③受領証兼利用申込書の提出が必要となります。確認書類は申し込み時に旅行会社の窓口にて提示、もしくは旅行当日に添乗員やガイドに提示すること。

①ワクチン接種・検査陰性の確認書類
ワクチン接種証明や検査結果通知書は、原本のコピーやスマホ等で撮影した画像でOKです。旅行当日に証明書類を忘れた場合は、後日提出をしても割引対象にはならないので忘れずに持参しましょう。ワクチン3回目接種後の経過日数については、特に条件はありません。12歳未満の方は、同居する保護者等の監護者が同伴する場合は不要です。同一グループに利用条件を満たさない方(ワクチン未接種の方など)がいる場合は、条件を満たす方のみが割引対象となります。

②本人確認書類(身分証明書)
居住地確認のできる本人確認書類は、健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード、在留カードなどです。身分証明書は、代表者だけではなく旅行に参加する全員分(乳幼児も含む)が必要となります。

全国旅行支援「ただいま東京プラス」の対象となる日帰り旅行

ただいま東京プラスの対象となる日帰り旅行は、旅行会社から販売されている交通(バスや鉄道など)のセットプラン、または現地アクティビティ(果物狩りなど)の旅行商品となります。交通セットプランについては、出発日の当日中に出発地に帰ってくることが予定されていることが条件です。宿泊施設のデイユース利用については割引対象外。予約の際は、必ず「ただいま東京プラス」または「全国旅行支援」と記載された対象プランを申し込むこと。

ランチビュッフェやアフタヌーンティーは割引対象?

登録旅行事業者が販売する食事ツアー(ランチビュッフェ、アフタヌーンティーなど)については割引対象となります。ホテルが販売する日帰り昼食プランは割引対象とならないので注意して下さい。

スポンサーリンク

全国旅行支援「ただいま東京プラス」の日帰りプランを販売するおすすめ旅行会社

全国旅行支援「ただいま東京プラス」の対象となる日帰りプラン・日帰りツアーを販売する旅行会社はどこなのか気になりますよね。まだ販売を開始していないところも多くありますが、はとバス、クラブツーリズム、平日バスツアーズといった旅行会社では日帰りツアーを販売しています。またホテルが販売するランチプランは割引対象外ですが、これらの旅行会社が販売する交通付ランチプランであれば、ただいま東京プラスの割引対象になるのでおすすめです。

はとバス

はとバスでは、全国旅行支援の対象となる日帰りバスツアーを販売しています。ただいま東京プラス対象の日帰りツアーの例を挙げると、「東京タワー&スカイツリー&浅草散策」5,940円~9,900円、「帝国ホテルバイキングと六本木ヒルズ 東京シティビュー」6,480円~10,800円などがあります。ツアーにもよりますが、一部日程を除いてはほぼ毎日催行されているのが嬉しいところ。東京駅丸の内南口からの発着なので、気軽に参加しやすいのがポイントですね。

クラブツーリズム

クラブツーリズムでは、ちょっと贅沢な気分が味わえる東京日帰りツアーを販売しています。ただいま東京プラスの対象となる日帰りバスツアーの例を挙げると、「4つの東京イルミネーションめぐり&東京湾クルーズ」10,500円~11,500円、「老舗料亭・うかい竹亭で懐石料理 往復ケーブルカーで行く紅葉の高尾山3時間滞在」17,500円などがあります。この旅行料金から40%割引になり、支払い実額6,300円から日帰り旅行が楽しめます。集合場所はツアーによって異なりますが、新宿や上野といった場所なので参加しやすいのも嬉しいですね。

平日バスツアーズ

平日バスツアーズでは、全国旅行支援「ただいま東京プラス」と都民割「もっとTokyo」との併用が可能な日帰りツアーを販売しています。対象となる日帰りツアー例を挙げると、「老舗帝国ホテルで味わう!ランチビュッフェと皇居散策」が12,500円のところ、全国旅行支援+都民割の併用割引が適用になり6,000円で楽しむことができます。いずれのツアーも東京駅や品川駅などアクセスの良い集合場所なのがポイントです。ツアーの所要時間は3~4.5時間程度なので、ちょっとした休日でも気軽に参加しやすいのが嬉しいところ。

じゃらん

じゃらんではランチ付き、ディナー付き、日帰り入浴付き、テレワークプランなどの日帰りプランが販売されていますが、残念ながら全国旅行支援「ただいま東京プラス」の対象ではありません。

楽天トラベル

楽天トラベルでも様々な日帰りプランを販売していますが、全国旅行支援「ただいま東京プラス」の対象にはならないので注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
全国旅行支援
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました