県民割・隣県割キャンペーン特集!

香港国際空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方

香港
スポンサーリンク
スポンサーリンク

空港内でのトランジットの過ごし方

香港空港での乗り継ぎ時間が6時間以下の場合は、これから紹介する空港施設でトランジットの時間を過ごすと良いでしょう。

イーストホールのレストランでグルメを楽しむ

まずはトランジットの過ごし方の定番である、空港内のグルメスポットをご紹介します。香港空港で特におすすめなのが、イーストホールのL7階にあるレストラン街・フードコートです。出発フロアのL6階からエスカレーターで上がります。

フードコートには中華や日本食、ファストフードなど様々なお店が入っています。空港なのでちょっと高めではありますが、大体1,000~1,500円くらいで食べられます。

私達は、ミシュラン一つ星を獲得している「正斗粥麺専家」で食事しました。営業時間は6:30~23:00、超人気店なので時間帯によっては行列が出来ていることもあります。

定番メニューのワンタン麵(55HK$)とエビシュウマイ(40HK$)をオーダー。ワンタン麵はコシのある麺とダシの効いたスープが絶品で、シュウマイにはプリップリのエビが入っていましたよ。機内食も食べたのに、ペロリと完食してしまいました(笑)

「翠華餐廟/Tsui Wah Eatery I Love」は、正斗粥麺専家よりも手頃な価格で食べられる人気の中華チェーン店です。

日本食が恋しくなったら、サクサクのフライ定食が食べられる「さぼてん」がおすすめです。定食は味噌汁とライス付きで、エビフライやトンカツなどが食べられますよ。

フードコートで24時間営業なのは「マクドナルド」や「味千拉麺」など一部店舗のみで、大体のお店は深夜0時頃で閉店します。

このほかL7階には、人気お土産ショップの「奇華餅家/ケイワーベーカリー」や「ディズニーストア」が入っています。奇華餅家では定番のパイナップルケーキや、見た目にも可愛いパンダクッキーなどお土産にぴったりのお菓子が手に入ります。ディズニーストアでは香港限定アイテムを扱っているので、ディズニー好きは見逃せませんね。

ウェストホールのレストランでグルメを楽しむ

ウェストホールの中央付近にもフードコートがあり、ミシュランにも掲載された「鏞記」や「池記」、ロースト肉で人気の「太興」などが入っています。イーストホールのフードコートに比べて空いているので、穴場のグルメスポットだと思います。

「鏞記/Yung Kee Restaurant」は、世界のVIPも訪れるガチョウのローストで有名な高級店です。

「池記/Chee Kei」は、香港B級グルメの代表格であるワンタン麵の人気店です。コンボセットは約100HK$、麺類は約40HK$、お粥は約50HK$で食べられます。

マレーシアの有名コーヒーチェーン店「オールドタウンホワイトコーヒー」や韓国の屋台グルメが楽しめる「SCHOOL FOOD」、スイスの有名アイスクリームショップ「MOVENPICK」などもありました。

ラウンジにて休憩する

空港ラウンジではシャワーが利用できたり、仮眠スペースがあるので、ゆったりと待ち時間を過ごすことができます。乗り継ぎ時間が長いけれど、トランジットホテルに泊まるほどではない場合に利用してみてはいかがでしょうか。

ビジネス・ファーストクラスの方、航空会社・アライアンスの上級会員、プライオリティパスをお持ちの方は、以下のラウンジが利用できます。香港空港ではやはりキャセイパシフィック航空のラウンジが一番大きく、出発フロアに計4か所あります。

【出発フロアのL6階にあるラウンジ】
イーストホール:キャセイパシフィック航空(2か所)、シンガポール航空、スカイチーム
セントラルコンコース:香港航空、中国国際航空
ウェストホール:キャセイパシフィック航空(2か所)、ユナイテッド航空

ウェストホールのL7階には、タイ国際航空とエミレーツ航空のラウンジもあります。

同じくL7階には、一般の方も有料で利用できる「プラザプレミアムラウンジ」もあります。

プラザプレミアムラウンジは、イーストホールの1番ゲート前とウェストホールの60番ゲート前にもあります。プライオリティパスをお持ちの方は無料、一般の方は2時間580HK$、5時間780HK$、10時間900HK$で利用できます。

無料インターネットサービス

香港空港では無料Wi-Fiのほか、無料のインターネットサービス(パソコンコーナー)があちこちに設置されています。待ち時間を持て余さずに済みそうですね。

その他の無料施設

その他にもパソコンやタブレットの新製品が試せるコーナーがあったり、充電スポットもあちこちにあります。待合スペースはゆったりしているので、仮眠は取れそうな雰囲気でした。

トイレ近くにはウォーターサーバーがあるので、ちょっと喉が渇いた時も助かります。

スポンサーリンク

一時入国して香港を観光する

乗り継ぎ時間が長すぎる場合は、香港に一時入国してプチ観光を楽しむのも良いと思います。その際は機内で出入国カードを貰い、香港での滞在先欄に「Transit」または「Transfer」と記入して入国審査時に提出しましょう。

香港空港には、他国の空港で行われているような無料トランジットツアーはありませんので、個人で観光に出掛けることになります。香港国際空港から市内までの移動方法は、電車・バス・タクシーがあります。料金は少し高いですが、時間がない方は一番早く移動できる電車(エアポートエクスプレス)を利用するのがおすすめです。

移動手段所要時間料金
エアポートエクスプレス香港駅まで24分115HK$
エアポートバス(A11番)香港島まで約60分40HK$
タクシー香港島まで約45分 350HK$前後

香港市内へ観光に出掛けるのに必要な時間は、6時間以上が目安になります。乗り継ぎ時間が6時間以下の場合は、空港内で過ごすことをおすすめします。もし飛行機に乗り遅れてしまっても自己責任ですので、くれぐれも時間に余裕を持って空港へ戻りましょう。

一時入国してトランジットホテルに宿泊する

香港空港へは夕方や夜に到着して、翌日に目的地へ向けて出発というフライトスケジュールも結構あります。そんな時はホテルに泊まってゆっくり休んだ方が、翌日のフライトの疲れ具合も全然違ってきます。

香港空港周辺には、以下3軒のトランジットホテルがあります。選択肢が少ないので料金はちょっと高めではありますが、空港直結または無料送迎バス付きなので便利です。格安ホテルに泊まりたい場合は、市内中心部まで行かないとありません。市内へ移動する時間や料金を考えると、トランジットホテルは決して高くないかなと思います。

リーガル エアポート ホテル

リーガルエアポートホテルは、空港に直結した最高の立地にあるホテルです。香港国際空港のターミナル1から専用通路で繋がっているので、歩いてチェックインができます。早朝出発のフライトや、朝起きられるか心配な方も安心して滞在できますね。宿泊料金に関しては、3軒の中でちょうど中間の価格になります。

リーガルエアポートホテルの詳細・料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

香港 スカイシティ マリオット ホテル

スカイシティマリオットホテルは、宿泊料金が3軒の中で一番高い分、最もラグジュアリーさが感じられるホテルです。空港とホテルを結ぶ無料送迎バスは頻繁に運行しており、所要時間も5分ほどとスムーズに移動できます。MTRの東涌駅と香港ディズニーランドへも無料送迎を行なっているので便利ですね。

香港スカイシティマリオットホテルの詳細・料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

ノボテル シティゲート 香港

ノボテルシティゲートは、空港の対岸にあるランタオ島に建つホテルです。宿泊料金は3軒の中で一番安く、空港とホテルを結ぶ無料の送迎バスで10分ほどかかります。すぐ隣にはショッピングモールが隣接し、中にはスーパーも入っていて便利です。MTR東涌駅と連結しており、香港ディズニーランドへも2駅とアクセスしやすいです。

ノボテルシティゲート香港の詳細・料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

まとめ

香港空港は明るく清潔感があり、待ち時間も安心して過ごすことができました。ただ、ソウルの仁川空港や台北の桃園空港に比べて、乗り継ぎ客用の無料サービス・施設はあまり充実していない印象を受けましたね。

今回は乗り継ぎ時間が4時間だったので、私達は香港へ一時入国したり、トランジットホテルに泊まることなく空港内で過ごしました。乗り継ぎ時間が長すぎる場合は、近くのホテルに泊まったり、ラウンジで時間を潰すのが良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
香港
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました