クアラルンプールのスーパー・ショッピングセンター特集!お土産を安く購入しよう

この記事をシェアする

買い物天国のクアラルンプールでは、旅行中のショッピングも楽しみの一つです。スーパーショッピングセンターがたくさんあるので、マレーシアらしいお土産を安く手に入れることができます。バラマキ用のお土産を大量購入するなら大型スーパー、可愛らしい雑貨を探すならセントラルマーケットへ行くのがおすすめですよ。

今回は観光客も行きやすい場所にある、クアラルンプール中心部のスーパーマーケットとショッピングセンター、セントラルマーケットについて紹介していきます。我が家がスーパーで調達してきた、クアラルンプール土産も公開しちゃいますね。

スポンサーリンク

ニューセントラル

ニューセントラルは、2014年にオープンした新しめのショッピングセンターです。交通の中心であるKLセントラル駅に直結しているため、利便性が高いのが特徴です。LG階~L5階までの全8フロアから構成されており、飲食店やフードコート、アパレルショップ、書店、両替所、スーパーなど何でもあります。

スーパーのSAM’S GROCERIAは、地下のLG階に入っています。赤と黒を基調にしたお洒落な内装で、こだわりのオーガニック食材が揃っているスーパーです。

生鮮食品から世界各国の食材まで品揃えは豊富で、大きな惣菜コーナーもあります。お酒類は販売していないので、近くのコンビニなどで購入するといいでしょう。

ベルジャヤタイムズスクエア

ベルジャヤタイムズスクエアは、KLモノレールのインビ駅に直結した巨大ショッピングセンターです。飲食店やアパレルショップのほか、ホテル、屋内遊園地、映画館、ボーリング場などが併設されています。

LG階~10階まであり、主に賑わっているのは5階まで。G階にはF.O.Sやカルロリノといったアパレルショップ、1階にはユニクロが入っています。スターバックスコーヒーやオールドタウンホワイトコーヒー、許留山、ドラゴンアイといった人気の飲食店もあります。

3階にはARUKU JAPAN(アルクジャパン)という、日本食や日本製品を扱うお店が集まったエリアもあり楽しめます。今回はちょうどクリスマス時期だったので、エントランスではツリーの飾り付けが行われていました。

地下のLG階には、スーパーのHERO MARKETやテイストオブアジアフードコート、人気のタイオデッセイマッサージなどがあります。立派な外観とは裏腹に、全体的にローカル感が漂うショッピングセンターでした。

パビリオン

パビリオンは、繁華街のブキッビンタンを代表するショッピングセンターです。地下1階~7階まで全8フロアあり、国内外の有名ショップが450店以上も入っています。周辺にはホテルも多くあるので、旅行者にとって一番使い勝手が良いショッピングセンターかなと思います。

明るく清潔感がある店内には、洗練されたショップがずらり。新館のパビリオン・エリートもオープンするなど、日々進化し続けているショッピングセンターなんです。

パビリオンでは特にレストランやフードコートの人気が高く、マレーシア料理・中華料理・日本食と何でも揃っています。1階のフードコート「フードリパブリック」をはじめ、マダムクワンズや宝香肉骨茶などもあるので、食べたいものがきっと見つかるはず。

6階には「東京ストリート」という、日本の飲食店や雑貨店が集まったエリアがあります。100均のダイソーやラーメン山頭火などもあるので、日本が恋しくなったら足を運んでみては?

スーパーのメルカートは1階にあります。私達が訪れた時は改装中でしたが、現在はリニューアルして営業中です。商品のパッケージセンスが良く、品質も確かなのでお土産を購入するのにもぴったりの高級スーパーですよ。

ロット10・伊勢丹

ロット10は、ブキッビンタンのランドマーク的な存在であるショッピングセンターです。緑色の特徴的な外観をしており、中核テナントには日本の伊勢丹が入っています。

この伊勢丹が「イセタン ザ ジャパン ストア」としてリニューアルオープンしたので、どんな感じになったのか紹介していきます。

G階(THE MUSEUM)は時計・ジュエリー、1階(THE STUDIO)はアパレル、2階(THE ROOM)は化粧品・インテリア、3階(THE CUBE)は書籍や旅行会社のJTB、4階(THE TABLE)はレストラン、というフロア構成になっています。

店内は和モダンな美しい内装で、日本式のサービスでおもてなしされています。地下のLG階(THE MARKET)は食品売り場になっており、寿司店や蕎麦屋もありました。

サラダや巻き物、寿司、おにぎり、丼物といった惣菜をはじめ、日本のお菓子やお酒なども豊富に扱っています。

また伊勢丹の食品売り場の隣には、フートンフードコートがあります。チャイナタウンの「金蓮記」や「津記」などの有名店が集まったフードコートで、手頃なのに味のレベルが高いのが特徴です。伊勢丹とはうって変わって、中華街に迷い込んだかのようなノスタルジックな雰囲気が面白いですね。

スンガイワンプラザ

スンガイワンプラザは、KLモノレールのブキッビンタン駅前にあるショッピングセンターです。C/B1階~6階までの全8フロアには、地元客向けのファッション・家電・雑貨などの小型店舗がひしめき合っています。

ローカル臭がプンプンしますが、オールドタウンホワイトコーヒーやナンドス、恭和堂、許留山などの人気店も入っているので侮れません(笑)

100均のダイソーもあります。

地下にあるスーパーのジャイアントも、観光客向けではなく庶民向けのスーパーといった雰囲気です。中心部ではお手頃価格のスーパーなので、バラマキ土産をたくさん購入するならココがおすすめですよ。

フルーツなどの生鮮食品をはじめ、インスタント麺、調味料、お菓子、コーヒー、ミネラルウォーター、お酒に至るまで品揃えは豊富です。

ファーレンハイト88

ファーレンハイト88は、パビリオンの向かい側に建つ新しめのショッピングセンターです。LG2階~5階まで全8フロアあり、若者向けのカジュアルブランドが多く入っています。

「ユニクロ」「カルロリノ」「ヴィンチー」「チャールズ&キース」といった、マレーシアでも人気のショップが入っていますが、店内は閑散としていました。飲食店の数も少ないので、興味がなければ行かなくてもいいショッピングセンターかなと思います。

スターヒルギャラリー

スターヒルギャラリーは、ファーレンハイト88の隣に建つ高級ショッピングセンターです。ここは、地下のお洒落なダイニングエリア「ファーストヴィレッジ」が一押しです。美しいトルコランプが飾られたビレッジバーや、マレーシア料理専門店のエナックKLなど、ガイドブックにも載るような人気店があります。

テナントはルイ・ヴィトン、エルメス、ディオールといった高級ブランドばかりなので、興味がなければ見なくてもいいかなと思います。ちなみにリッツカールトンマリオットホテルは、スターヒルギャラリーと連絡通路で繋がっています。

スリアKLCC

スリアKLCCは、クアラルンプールのシンボルであるペトロナスツインタワーの真下にあるショッピングセンターです。LRTのKLCC駅に直結しており、KLCC公園や水族館に隣接しています。C階~4階の全6フロアの中には、伊勢丹や紀伊國屋書店が入っています。

フードコートは2階と4階にあり、マダムクワンズやリトルペナンカフェなど人気レストランも揃っているのが魅力です。マレーシアの人気ブランド「ヴィンチー」と「ノーズ」もあるので、可愛らしい靴やバッグを探してみるのもいいかも。

C階にはISETANフードマーケットコールドストレージという、2軒のスーパーがあります。ISETANフードマーケットは少し高めですが、新鮮な野菜・肉・魚の他に、日本食材も豊富に取り揃えているのが特徴です。和食の惣菜・弁当や、センスの良いお土産を扱っています。

コールドストレージも、食材にこだわりを持った高級志向のスーパーです。

ミッドバレーメガモール・ガーデンズ

ミッドバレーメガモールは、日本のイオンなど400店以上ものテナントが入るマレーシア最大級のショッピングセンターです。高級モールのガーデンズも隣接しており、伊勢丹や海外ブランドなどが入っています。中心部からは少し離れていますが、KTMコミューターのミッドバレー駅に直結しているためアクセスは良いです。

LG階~3階の全5フロアには、ダイソー、無印良品、ユニクロ、吉野家、はなまるうどんなど日系企業が多く出店しているのが特徴です。人気のタイオデッセイマッサージや、レートが良い両替所なんかもあり、メガモールだけで1日楽しめると思います。

地下のLG階には、イオンの食品売り場フードマーケットがあります。日本食材の品揃えはマレーシア随一と言ってもいいほどで、トップバリュの商品まで手に入ります。価格はやや高めですが、その分パッケージセンスが良く、品質もしっかりとしていました。

フードマーケットの隣には、格安スーパーのイオンビッグもあります。フードマーケットのようにお洒落な雰囲気ではなく、山積みに陳列された倉庫系スーパーです。クアラルンプールでは色々なスーパーに行きましたが、バラマキ土産を大量購入するならイオンビッグが一番安くておすすめですよ!

セントラルマーケット

続いてご紹介するのは、人気ショッピングスポットのセントラルマーケットです。チャイナタウンとムルデカスクエアの中間に位置するマーケットで、LRTのパサールセニ駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

1888年に開かれた歴史ある市場で、可愛らしいパステルブルーの外観が特徴的です。主に、マレーシア特産の工芸品や雑貨のお店が集まっています。マーケットと言っても観光客用に綺麗に整備されているので、安心してお買い物ができますよ。

中に入るとまず左手に、「リトルインディア」「マレーストリート」「ストレイツチャイニーズ」と名付けられた華やかな通りがあります。

その名の通り、インド、マレーシア、中国の特産品を扱うお店がそれぞれ軒を連ねています。

見ているだけで、何だかワクワクしてくる雰囲気ですよね。

リトルインディアにあるリトルカシミア・ハンディクラフトは、カシミール産の織物を扱うショップ。品質が良くて、柄が豊富なパシュミナはお土産にもぴったりだと思います。

マーケット内の中央コンコースを歩いていくと、特設の雑貨店がずらりと並んでいました。

こちらはセントラルマーケットの名物、キュートフィッシュスパです。水槽の中にはたくさんの小魚がいて、足を入れると角質を綺麗に食べてくれます。15分で10RMというお手頃価格なので、買い物の休憩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ロイヤルセランゴールは、ピューター製品の世界的ブランドです。銀色に輝くピューターは高級感があるので、大切な方への贈り物にもぴったり。特にマグカップやタンブラーは、マレーシアの定番みやげとなっていますよ。

アーチは、繊細な木工芸品が人気のブランドです。こちらもマレーシアの定番みやげとしてよく知られており、極薄の木製しおりや額縁入りの飾りが人気となっています。

アスリクラフトは、マレーシアの伝統的な手工芸品を扱うお店。天然繊維を使用した、カラフルな小物が可愛らしいです。

タナメラは、マレーシア生まれのナチュラルコスメブランドです。高級スパでも使用されている製品なので、品質の高さは折り紙つき。フェイシャル・ボディケアからヘアケアまで、ラインナップは豊富にあります。

セランティングは、マレーシアのお菓子を扱うお店です。ドライフルーツやスナック菓子だけでなく、スーパーではあまり見かけない謎のお菓子も並んでいました(笑)

ニルマラサリは、カラフルなナマコ石鹸が名物のショップです。本場ランカウイ島にあるガヤミナミの石鹸ではありませんが、1個10RM~とプチプラで購入できるのが魅力。まとめ買いすれば、さらにお安くなります。

「I LOVE KL」のTシャツなんて、ベタにどうでしょう?

セントラルマーケットには2階もあり、主にバティック(ろうけつ染め)製品や衣料品のお店が軒を連ねています。

ザキールバティックは、バティックアーティストのザキール氏の製品を扱うショップです。手頃な価格で、色鮮やかな小物・服が購入できます。ちなみに建物裏手のアネックス館には、バティック染め体験が出来るお店もあるので、時間があればぜひチャレンジしてみては?

2階にはフードコートと、プレシャスオールドチャイナカフェもあります。チャイナタウンの名店オールドチャイナカフェの姉妹店なので、雰囲気が良くて美味しいマレー料理が食べられると評判のお店なんですよ。

セントラルマーケットのトイレは有料(0.50RM)なので、小銭の用意はお忘れなく。

>>次ページ スーパーで買ったクアラルンプール土産

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!