海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

アルハンブラ宮殿は事前予約必須!ネット予約と当日券の購入方法

スペイン
スポンサーリンク

グラナダの世界遺産アルハンブラ宮殿は、スペイン屈指の人気観光スポットです。一年中、世界各国から観光客が押し寄せるため、入場チケットの事前予約は必須となります。

私達は1か月前にネット予約を試みたら売り切れており、当日券購入を狙うも1日目は2時間半並んでSOLD OUT、2日目に3時間並んでやっと入場チケットを手に入れることができました。この失敗談を踏まえて、アルハンブラ宮殿のネット予約と当日券の購入方法をアドバイスしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルハンブラ宮殿について

見取り図

アルハンブラ宮殿は広大な敷地内に、宮殿や城塞、庭園といった見どころが点在しています。
見学時に入場チケットが必要なのは、①「ナスル朝宮殿」②「アルカサバ」③「ヘネラリフェ」の3か所だけで、その他のエリアは無料で見学することができます。

宮殿の入口は、④チケット売り場があるメインエントランス、⑤車両の門、⑥裁きの門の3か所あります。

開館時間

【4月1日~10月14日】
8:30~20:00(夜間入場は火曜~土曜の22:00~23:30)
午前の部 8:30~14:00、午後の部 14:00~20:00

【10月15日~3月31日】
8:30~18:00(夜間入場は金曜・土曜の20:00~21:30)
午前の部 8:30~14:00、午後の部 14:00~18:00

休館日

1/1、12/25

入場料

  • 一般チケット(アルハンブラ宮殿内の全エリアに入場可):14ユーロ
  • 庭園チケット(アルカサバ、ヘネラリフェのみに入場可):7ユーロ
  • 夜間チケット(ナスル朝宮殿のみ入場可):8ユーロ
  • 夜間チケット(ヘネラリフェのみ入場可):5ユーロ

※11歳以下の子供は入場無料ですが、無料入場チケットの申請が必要です。12~15歳の子供は割引料金が適用になるので、当日はパスポートを持参しましょう。

アルハンブラ宮殿の公式サイトは英語なので、心配な方は日本語で予約できるベルトラ公式サイトを利用すると良いでしょう。
icon-check ベルトラ公式サイトでアルハンブラ宮殿の入場チケットを予約する

所要時間

所要時間の目安としては、ナスル朝宮殿やカルロス5世宮殿、アルカサバ、ヘネラリフェといった主な見どころをさっくりと見学して約2時間半、ゆったりと見学して約4時間、ランチを取りながらじっくり見学して5時間以上といったところでしょうか。

施設案内

【インフォメーションセンター】
メインエントランスと車両の門の2か所にあり、アルハンブラ宮殿マップが貰えます。

【オーディオガイド】
メインエントランスとカルロス5世宮殿で貸し出しています。

【クローク】
メインエントランスとアルカサバ近くのワインの門にあります。

【ショップ】
アルハンブラ宮殿グッズや関連書籍などを扱う公式ストアは、メインエントランスとカルロス5世宮殿にあります。

【カフェ】
メインエントランスにあります。アルカサバ前には軽食を販売する売店があります。

【飲料・軽食の自動販売機】
メインエントランスとワインの門に設置されています。

【トイレ】
メインエントランスとワインの門、ヘネラリフェ内2か所の計4か所しかないのでご注意を。

服装・持ち物

アルハンブラ宮殿内は広大で、かなりの距離を歩くことになります。動きやすい服装、スニーカーなどの歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。おしゃれしたい気持ちは分かりますが、間違ってもヒールはやめた方がいいです。

また夏は非常に暑くなるので、熱中症と日焼け対策をしっかりと行いましょう。帽子やサングラス、日焼け止め、飲み物などの準備をお忘れなく。体力の消耗を防ぐためにも、持ち歩く荷物は少なめにした方が賢明です。

注意事項

アルハンブラ宮殿で一番の見所であるナスル朝宮殿は入場時間が30分毎に決められています。予約時間から30分以内でなければ入場できないようになっており、かなり時間に厳しいことで有名です。早めの行動を心がけ、絶対に遅れないようにしましょう。

アルハンブラ宮殿の行き方

徒歩

街の中心部からアルハンブラ宮殿へは歩いていくこともできますが、ゴメレス坂を上らないといけないので約20分くらいかかります。ゴメレス坂にはお土産ショップが建ち並んでおり、坂の途中には16世紀に造られたルネサンス様式のグラナダ門があります。歩いてみたい方は、行きよりも帰りの方がおすすめです。

タクシー

中心部のヌエバ広場前にタクシー乗り場があります。宮殿までの所要時間は5分ほどなので、手っ取り早く移動したい方におすすめです。アルハンブラ宮殿のタクシー乗り場は、チケット売り場があるメインエントランス前と車両の門前にあります。

バス

中心部のイサベル・ラ・カトリカ広場前から、路線番号C3のアルハンブラバスというミニバスに乗ります。運行時間はイサベル・ラ・カトリカ広場発が7:12~23:00、アルハンブラ宮殿発が7:22~23:09です。運行間隔は8分、料金は1回券1.20ユーロです。

アルハンブラバスの発着するイサベル・ラ・カトリカ広場です。広場の中央には、コロンブスの面会を受けているイサベル女王の像と噴水があります。

イサベル女王像の後ろに停留所があります。停留所にはC3と書かれた看板が立っているので分かりやすいです。

アルハンブラバスは赤い車体が目印で、バンタイプのミニバスになります。切符は車内で運転手から直接購入します。

ミニバスなので車内は狭く、C3は人気路線なので結構混み合います。

約10分でアルハンブラ宮殿のメインエントランス前に到着しました。アルハンブラ宮殿の停留所は、メインエントランス前(Alhambra-Generalife 2)、車両の門(Palacio Emperador Carlos V)、裁きの門(Puerta de la Justicia)の3か所あります。アルハンブラバスの詳しいルートや停留所を知りたい方は、公式サイトをご覧下さい。

メインエントランス前には、グラナダシティツアーのバスも発着しています。グラナダシティツアーはグラナダの主要観光スポットを結ぶ、乗り降り自由の観光バスです。音声ガイドは日本語にも対応しており、料金は1日券が8ユーロ、2日券が10ユーロになります。

スポンサーリンク

アルハンブラ宮殿予約サイトからの予約方法

スペイン旅行でアルハンブラ宮殿を訪れることが決まった時点から、入場チケットを手に入れる戦いはスタートしています。入場チケットはアルハンブラ宮殿の公式予約サイトにて、約3か月前から予約することができますのでシーズンに関係なくできるだけ早く予約して下さい。確実に予約するには1か月前では遅いので、2か月前までの予約がおすすめです。

また、チケット予約には多少の語学力が必要になります。当サイトを参考にして起こったトラブルや損害に関しては一切責任を負いかねますので、ご自身の責任のもと進めて下さい。

icon-external-link アルハンブラ宮殿公式予約サイト

1.チケットの種類を選択

様々な種類のチケットが販売されていますが、一番人気のチケットはアルハンブラ宮殿の全エリアに入場できる一般チケット(Alhambra General)です。「Buy now」をクリックして次へ進みます。

チケット購入やアルハンブラ宮殿見学に関しての注意事項がずらりと表示されるので、全て確認したら「Purchase Tickets」をクリックします。

2.チケットの枚数を選択

予約するチケットの枚数を「+」ボタンで選択します。一般チケットは「Alhambra General Ticket」、12~15歳の子供は「Under 15-12」、11歳以下の子供は「Under 12」です。枚数を選択すると、チケット1枚につき0.85ユーロの予約手数料が加算された合計金額が表示されます。確認したら「Go to step 2」をクリックします。

3.予約日とナスル朝宮殿の入場時間を選択

カレンダーから予約日を選択します。赤色の日は売り切れ、緑色は予約可能、黄色は残りわずかです。次にナスル朝宮殿へ入場する時間を選択し、「Go to step 3」をクリックします。

4.購入者と訪問者情報の入力

【購入者情報】
①名前
②苗字
③身分証明書の種類(Other id numberを選択)
④パスポート番号
⑤国籍
⑥年齢
⑦性別(男性はMale、女性はFemaleを選択)
⑧メールアドレス
⑨メールアドレス(確認用にもう一度入力)
⑩住所
⑪都道府県・市区町村
⑫国(Japanを選択)
⑬郵便番号
⑭電話番号
⑮⑯個人情報取り扱い規約に同意するにチェックを入れる

【訪問者情報】※訪問者全員の情報を入力する必要があります。
①名前
②苗字
③身分証明書の種類(Other id numberを選択)
④パスポート番号
⑤国籍
⑥年齢
⑦性別(男性はMale、女性はFemaleを選択)

購入者と訪問者情報を全て入力したら「Go to step 4」をクリックします。

5.支払情報の入力

支払いにはJCBカードも利用できるとありますが、エラーではじかれることも多いので「VISA」か「MasterCard」で決済するのが確実です。支払情報の入力で時間をかけ過ぎるとタイムアウトしてしまうので、カードを準備してから「CHECKOUT」をクリックします。

右上の言語選択で日本語を選ぶと分かりやすいです。クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード(カード裏面に記載されている3桁の番号)を入力したら「承認する」をクリックします。

5.チケットの確認

決済が完了したら、画面下の「Save your tickets in PDF format」からチケットをダウンロードします。入力したアドレスにもPDFファイルの添付されたメールが届いているので確認しましょう。チケットはプリントアウトするかスマートフォンに保存して、当日持参して下さい。

 icon-hand-o-right 以前は現地にて本物のチケットに引き換える必要がありましたが、自宅でチケットをプリントアウトしていけるようになりとっても便利になりました。

当日券の購入方法(窓口・自動券売機)

当日券は、メインエントランスにある窓口または自動券売機で購入できます。ただし、当日券の購入は競争率が高いので、事前にネット予約できなかった方向けです。

窓口

メインエントランスにあるチケット売り場は朝8時からオープンしますが、当日券の販売枚数は限られているため、相当早く並ばないと購入することができません。窓口で購入する場合は、朝5時台には並ばないといけないと思って下さい。窓口での当日券購入は、最も競争率が高いのでおすすめしません。

▼チケット売り場の営業時間
【4月1日~10月14日】
8:00~20:00(夜間入場は火曜~土曜の21:00~22:45)
【10月15日~3月31日】
8:00~18:00(夜間入場は金曜・土曜の19:00~20:45)

自動券売機

当日券の購入は、観光客にあまり知られていない自動券売機がおすすめです。窓口よりも列の進みが早いので、それほど朝早く並ばなくても高確率で購入できると思います。自動券売機コーナーは少し分かりづらい場所にあります。チケット売り場の向かい側にお土産ショップの入る建物があるのですが、この建物の奥にひっそりと券売機が並んでいます。

自動券売機コーナーも窓口と同じく、朝8時オープンです。決済方法はクレジットカードのみで、手数料がチケット1枚につき1.40ユーロかかります。券売機の操作方法は割と簡単で、言語を英語に変更し、チケットの種類と枚数を選択、クレジットカードで決済するだけです。

スポンサーリンク

当日券購入レポート

私達は残念ながら事前予約が間に合わなかったために、現地で絶対に当日券を入手しなければいけない状況になりました。そこで、アルハンブラ宮殿のチケット売り場から徒歩3分という好立地にあるアリサレス ホテルに宿泊しました。早朝から並ぶためにあえて朝食なしプランで予約し、1日目でチケット購入できなかった場合に備えて2泊しました。

アリサレスホテルの詳細・料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

こちらのホテルアルハンブラパレスは同じく当日券購入組に人気のホテルで、チケット売り場から徒歩7分という好立地にあります。どちらのホテルに泊まるか迷ったのですが、よりチケット売り場に近い方のアリサレスホテルを選択しました。

ホテルアルハンブラパレスの詳細・料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

SPAIN2-1_DSC_0430

街の中心部とアルハンブラ宮殿を結ぶアルハンブラバスは、始発が7時12分なので6時台に並べば楽勝かなと思っていたのですが、チケット売り場に到着したらなんと200人以上も並んでいます!まだ真っ暗な6時30分にもかかわらず、既に出遅れた感が…。

10月中旬だったのですが、想像以上に寒いです…。ヒートテックは着ていたのですが、もっと厚手の上着を用意すれば良かったなと後悔。他の人もみんな寒そうにしており、チケット売り場のオープンまでひたすら耐えて待ちます。

チケット売り場の隣にはトイレがあるのですが、なんとチケット売り場がオープンするまで使用できないと言われました!…ありえない。

チケット売り場の奥の方にはカフェ・バーがあり、早朝から営業しています。寒くてホットドリンクが人気だったのですが、あんまり飲みすぎるとトイレが近くなるのでご注意を。

まだ薄暗い8時にチケットの販売が開始しました。電光掲示板には残りのチケット販売枚数が表示されています。一番上に表示されている「General Daytime Visit」がアルハンブラ宮殿内の全エリアに入場できる一般チケットです。

やっと日が昇りましたが、行列は一向に進みません。電光掲示板の数字はどんどん減っていき、並んでいる他の人達もみんな焦った様子です。早くしないと売り切れてしまう…。

そうこうしているうちに、午前中のチケットが完売し、間もなくして午後のチケットも売り切れました。そしてチケットが完売したことを告げる非情なアナウンスが流れ、周囲からは落胆した旅行者の声が漏れます。窓口でも購入できると思っていたのに、こんなことなら最初から自動券売機の方に並べばよかった…。

翌日はさらに早起きして5時45分から並び、窓口と自動券売機の二手に分かれました。窓口の方は50人くらい並んでいましたが、券売機の方は10人ぐらいしか並んでいません。窓口の方でも購入できそうでしたが、やはり券売機の方が列の進みが早く、券売機で無事に購入することができました。

やっとのことで手に入れたチケット。どんなプレミアムチケットよりも輝いて見えます!

アルハンブラ宮殿に入場した様子は、こちらのページをご覧下さい。
icon-caret-right グラナダのアルハンブラ宮殿入場レポート!見学ルート順に見どころを紹介

まとめ

私達は1か月前にネット予約を試みたら既に売り切れており、出発直前までキャンセルチケットが出ないかチェックしていましたが、結局予約することはできませんでした。そして当日券の購入も、10月中旬の平日だから大丈夫だろうと高を括っていたら、大変な目に遭ってしまいました。皆さんはくれぐれも早めにチケットを予約して下さいね。

事前にネット予約できなかった場合は、予約代行サイトのベルトラを利用する方法もあります。アルハンブラ宮殿公式予約サイトよりは割高になりますが、日本語で予約できるので安心感があります。現地で並ぶ手間などを考えれば、それほど高くないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スペイン
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
TABI JOZU