クアラルンプールのおすすめレストラン特集!人気のグルメスポットはどこ?

この記事をシェアする

多民族国家のマレーシアでは、マレー料理、中国料理、インド料理などエスニックなグルメを楽しめるのが魅力です。中でもクアラルンプールは世界各国のグルメが集まる激戦区なので、安くて美味しいレストランがたくさんあります。

今回はショッピングセンターの中にあるレストランやフードコートを中心に、クアラルンプールのおすすめグルメスポットを紹介します。どのお店も行きやすい場所にあり、清潔感があったので安心して食事ができると思いますよ。

スポンサーリンク

クアラルンプールのおすすめレストラン

オールドタウンホワイトコーヒー

オールドタウンホワイトコーヒーは、マレーシア発の有名コーヒーチェーン店です。国内外で230店舗以上を展開しており、街中やショッピングセンター内などあちこちで見かけます。カフェなのにフードメニューが充実しているので、サクッと食事をしたい時にファミレス感覚で利用できるのが魅力です。

店名にもなっている「ホワイトコーヒー」は、マレーシア名物の甘くてコクがあるコーヒーなのでぜひ一度は味わってみて下さい。フードメニューは1品約10~15RMと格安で、麺料理やナシレマなどのワンプレートライスが中心となっています。

①小麦粉麺のカレーパンミー ②辛くて酸っぱいシーフード麺のアッサムラクサ ③焼きそば風のチキンチョップドライ麺 ④マレーシア版かき氷のアイスカチャンとチェンドル

KL市内にもたくさんの店舗がありますが、観光客が利用しやすいのは以下の店舗です。
①スリアKLCC店(2階) ②パビリオン店(1階) ③スンガイワンプラザ店(G階) ④ベルジャヤタイムズスクエア店(3階)

①セントラルマーケット店 ②メガモール店(3階センターコート) ③クアラルンプール国際空港KLIA2の到着階(2階) ④ゲートウェイ@KLIA2店(3階)
この他、クアラルンプール国際空港KLIAにも2店ありますので、滞在中に行き損ねたら帰国時に利用してみてはいかがでしょうか。

ニョニャカラーズ

ニョニャカラーズは、ニョニャ料理が楽しめる人気のカフェチェーン店です。ニョニャ料理とはマレー料理と中国料理がミックスしたもので、香辛料やココナッツをたくさん使用しているのが特徴です。店頭のショーケースでは「ニョニャ・クエ」と呼ばれる、和菓子のようにカラフルなスイーツも販売されています。

フードメニューの種類は少ないですが、チキンカレーやラクサなどを12RM程度で頂けます。全体的にダシの効いているメニューが多く、格安のわりには美味しかったです。

①アッサムラクサ ②ココナッツとチキンスープ麺のイエローラクサ ③カレー中華麺のミーレブス ④汁なしカレー麺のドライカリーミー ⑤甘辛いビーフン麺のミーサイアム+牛肉のココナッツミルク煮込みのレンダン ⑥アイスカチャン

ニューセントラル店(L3階)をはじめとして、KL市内を中心に9店舗を展開しています。
①スリアKLCC店(C階) ②ベルジャヤタイムズスクエア店(LG階) ③ガーデンズ店(LG階の連絡通路) ④ゲートウェイ@KLIA2店(3階)

シークレットレシピ

シークレットレシピは、マレーシア国内だけでも300店以上を展開するカフェレストランチェーン店です。元々はスイーツショップだったので、アジアンフードやウエスタンフードだけでなく、美味しいケーキも頂くことができます。

メニュー表には辛さレベルが表記されているので、辛いのが苦手な人でも安心して利用できるのが嬉しいですね。1品20RM前後と他のチェーン店よりもちょっぴり高めですが、全体的にダシが効いていて美味しかったです。

あっさりエビだし米粉麺のイポーフォーと、濃厚エビだし麺のプラウンミー。

左のスンガイワンプラザ店、右のメガモール店(GF階イーストコート)をはじめとして、スリアKLCC(C階)、KLセントラル駅(1階)、ニューセントラル(CC階)、ベルジャヤタイムズスクエア(3階)、セントラルマーケット、ゲートウェイ@KLIA2(3階)、KLIA(5階)などに店舗があります。

パパリッチ

パパリッチは、マレーシアを代表するカフェレストランチェーン店です。ドリンクやフードメニューは200種類以上と、他のチェーン店に比べると豊富なメニュー数を誇っています。マレー料理を中心に、1品約15~20RMとリーズナブルに食事できるのが魅力です。味はもちろんのこと、盛り付けセンスも良いのでコスパはかなり高いなと感じました。

国内外で130店舗以上を展開しており、クアラルンプール市内だとニューセントラル(GF階)、パビリオン(1階)、ガーデンズ(3階)、ゲートウェイ@KLIA2(2階)あたりの店舗が利用しやすいと思います。

①ココナッツカレー麺のカレーラクサ ②醤油系ソースのパパシェフリッチチキン ③シーフードあんかけ焼きそばのワッタンホー ④米粉麺のクゥイティオスープ+スチームチキン

①バラエティ豊かなドリンク類 ②ブラックライチソーダ、ミントたっぷりのブンガフィズ ③仙草ゼリーのライチチンチャウ ④とうもろこしペーストがのったアイスカチャン

マダムクワンズ

マダムクワンズは、クアラルンプールのショッピングセンターを中心に展開する人気レストランです。店名の通り「マダム・クワン」によって始められたお店で、家庭的で美味しいマレー料理が楽しめます。店内はお洒落で雰囲気が良く、味付けがマイルドで食べやすいので観光客からも絶大な支持を得ています。

ドリンクは約10RM、フードメニューは約20RM~が目安なので、他のチェーン店よりもほんの少しだけ高めです。一番訪れやすいのはパビリオン1階にある店舗ですが、ランチやディナーは混むので少し時間をずらして訪れるといいでしょう。

看板メニューの「ナシレマ」は、フライドチキンやおかずがワンプレートにのったマレーシアの定番料理。ダシが効いたカレーラクサも、食べやすい辛さで美味しかったですよ。

スリアKLCC店(4階)、メガモール店(1階イーストコート)など計8店舗あります。

グランドママズ

グランドママズは、クアラルンプールを中心に4店舗を展開するレストランです。他のチェーン店に比べて知名度は低いですが、手頃な価格で美味しいマレー料理が楽しめます。

一番訪れやすいのは、パビリオンの6階にある店舗でしょう。店内は赤を基調にしたお洒落な内装で、店員の接客態度もバッチリでした。フードメニューは約18RM~、スイーツは約10RM~が目安となります。

おすすめのメニューは、濃厚なココナッツスープに魚のダシが効いた「フィッシュヘッドカレー」です。43RMと高めですが、具材たっぷりなので軽く2人前はあります。食後のデザートには、ライチとアイスクリームがトッピングされたアイスカチャンをぜひご賞味あれ。

①ふわふわ蒸し鶏の海南チキンライス ②鶏白湯スープと春雨麺のフィッシュヘッドヌードル ③ナシレマ ④魚の身がたっぷり入ったフィッシュヘッドカレー

リトルペナンカフェ

リトルペナンカフェは、可愛らしい店内でペナン料理が楽しめるレストランです。メニューの種類はあまり多くありませんが、1品約15~20RMと手頃な価格が魅力です。

サッと美味しいご飯が食べられるので、ランチやディナー以外の時間も結構混んでいました。スリアKLCC(4階)やメガモール(G階ノースコート)に店舗があります。

①濃厚エビラーメンのプラウンミー ②ペナン島名物料理のアッサムラクサ ③ニョニャフライドチキンセット ④コーンペーストがのったアイスカチャン

ナンドス

ナンドスは、南アフリカ発祥のチキン料理を中心に提供するレストランチェーンです。あちこちのショッピングセンターに入っているので、マレー料理に飽きたなという時に利用すると良いでしょう。

看板メニューは「ペリペリチキン」で、スパイスが効いた直火焼きチキンに特製のソースをかけて頂きます。ペリペリチキンは17.90RM~で、値段のわりにボリュームたっぷりなのが人気の理由。ソースは5段階の辛さがあり、オーダー時に選ぶことができます。

私達はサイドメニューがセットになった「1/4ペリペリチキン+1 FINO SIDE」と「チキンラップ+1 FINO SIDE」をオーダー。サイドメニューも好きなものを選ぶことができ、ほうれん草の和え物とマッシュポテトをそれぞれチョイスしました。

①スリアKLCC店(C階) ②パビリオン店(新館1階) ③ベルジャヤタイムズスクエア店(LG階) ④メガモール店(LG階のサウスコート)
この他にもニューセントラル店(L4階)、スンガイワンプラザ店、チャイナタウン店などもあります。

鼎泰豊

台湾発の鼎泰豊(ディンタイフォン)は、小籠包が看板メニューの点心料理店です。日本にも20店ほどあるのですが、クアラルンプールで食べると日本よりも安いので人気があります。小籠包だと6個入りで13.20RM(約370円)と、半額以下で食べられるんですよ。

肉汁がじゅわーっと溢れる小籠包以外にも、スープや麺、チャーハンなどの中華料理もあります。パビリオン(6階)、スリアKLCC(4階)、ガーデンズ(LG階)あたりの店舗が利用しやすいかと思います。

ドラゴンアイ

ドラゴンアイは、鼎泰豊と並ぶ中華料理の有名店です。パッと見は高級店のように感じますが、わりとリーズナブルに本格中華を頂くことができます。人気メニューは小籠包と担々麺。パビリオン(1階)をはじめ、ベルジャヤタイムズスクエア(LG階)、メガモール(シティテルホテル1階)にも店舗があります。

許留山

許留山(ホイラウサン)は香港発の有名スイーツチェーン店で、スリアKLCC店(4階)をはじめ様々なショッピングセンターに入っています。マンゴーをたっぷりと使用したパフェや、タピオカ入りのマンゴージュースが人気のお店です。

私達は、12RMの「マンゴーサゴ」というパフェをオーダー。タピオカのような食感のサゴ椰子の上に、角切りマンゴーがのった絶品スイーツでした。

①パビリオン店(6階) ②スンガイワンプラザ店(C階) ③ベルジャヤタイムズスクエア店(2階) ④ガーデンズ店(LG階)

恭和堂

香港発の恭和堂は、亀ゼリーと呼ばれる薬膳デザートの有名店です。真っ黒なゼリーの中には数十種類もの漢方薬が入っており、いかにも体に良さそうな苦い味がします。デトックス効果は抜群、コラーゲンもたっぷりなので、美容と健康のために我慢して食べましょう(笑)クアラルンプール市内だと、チャイナタウンにある店舗が一番有名です。

他にもスンガイワンプラザ、ベルジャヤタイムズスクエア(1階)、メガモール(LG階)にも店舗があります。

MBG Fruit Shop

MBG Fruit Shopは、マレーシアで有名なフルーツ専門店です。ニューセントラル(LG階)やガーデンズ(LG階)などのショッピングセンターに入っているので、旅行中のビタミン補給に利用してみてはいかがでしょうか。

新鮮な果物はもちろんのこと、搾りたてのフルーツジュースや食べやすい大きさに切られたカットフルーツが販売されています。カットフルーツは1RM~、ジュースは5RM~とお手頃価格なのが嬉しいです。

新峰肉骨茶

ここからは、人気の路面店をいくつか紹介していきます。インビ通りの近くにある新峰肉骨茶は、ガイドブックにも必ずと言っていいほど載っているバクテーの有名店です。バクテーとは、豚肉や内臓を薬膳スープで煮込んだ鍋料理のこと。

1人約15RM~と格安で食べられるのですが、接客態度や清潔感は…??フートンフードコートの「正宗巴生肉骨茶」やパビリオンの「宝香肉骨茶」の方が良いかもしれません(笑)

客家飯店(ハッカ)

パビリオンの裏にある客家飯店は、鍋料理スチームボートが名物の老舗店です。魚介や肉が入った鍋は、あっさり塩味なので日本人も食べやすいと評判です。レストランのセレクトを外したくない、食べたいものが見つからない、という時に使える鉄板のお店なのでぜひ覚えておきましょう。

南香飯店

チャイナタウンに来たら絶対に外せないのが、海南チキンライスで有名な南香飯店です。日本人もたくさん訪れるので、メニュー表には日本語も併記されているほど。

店内は広々としており、清潔感がありました。営業時間は10:00~15:00と短いので、訪問時間には注意して下さいね。

一番ポピュラーなメニューは、左のスチームチキン(8RM)です。右はスチームチキン&ローストポークセット(9.80RM)、チキンだしで炊き込まれたライスは各1.50RMでした。鶏肉はふっくらジューシーで、そのまま食べてもよし、ジンジャーやガーリックのタレを付けて食べてもよしです。あっさりした優しい味付けなので、女性でも食べやすいですよ。

オールドチャイナカフェ

同じくチャイナタウンにある人気店と言えば、オールドチャイナカフェです。店内はノスタルジックな雰囲気が漂っており、まるで古民家カフェのよう。手頃な値段で、本格的なマレー料理やニョニャ料理が頂けます。

オールドチャイナカフェの姉妹店、プレシャスオールドチャイナカフェもおすすめです。セントラルマーケットの2階にあるので、ショッピングのついでに行きやすいと思います。こちらもアンティークな調度品に囲まれていて、素敵な雰囲気のお店でしたよ。

>>次ページ クアラルンプールのおすすめフードコート、アロー通り屋台街

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!