ベルリン中央駅を徹底解剖!ベルリンからプラハへ電車で移動する方法

この記事をシェアする

ベルリン中央駅は、ドイツ最大の鉄道会社であるドイツ鉄道DB(ドイチェバーン)の拠点駅です。ドイツ版の新幹線ICEをはじめとした高速列車、ICやECなどの特急列車、市内近郊鉄道のSバーン、地下鉄のUバーン、ベルリン・テーゲル空港行きバスが乗り入れています。

今回は実際に、ベルリンからチェコのプラハへ国際特急列車のECで移動してきました。ベルリン中央駅とベルリン~プラハへ移動した様子を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ベルリン中央駅について

ベルリン中央駅は、少し歩けば連邦議会議事堂などが見える街の中心部に位置しています。
ガラス張りの近代的な建物で、2006年のサッカーワールドカップドイツ大会に合わせて開業したターミナル駅です。

駅前からは、中央駅とベルリン・テーゲル空港をダイレクトに結ぶ空港バス(ジェットエクスプレスバス TXL)が発着しています。基本的に乗客は観光客しかいないので、比較的安全に利用できるうえ、料金もお得なのでおすすめの移動手段です。

  • 運行ルート:テーゲル空港~ベルリン中央駅~アレクサンダープラッツ駅
  • 運行時間:中央駅→空港は3:52~0:03、空港→中央駅は4:16~0:28
  • 運行間隔:6~10分
  • 所要時間:14~20分
  • 運賃:片道2.80ユーロ

ベルリン中央駅は地上3階、地下2階の5階建てになっています。
駅入口は南のワシントン広場側と、北のヨーロッパ広場側にあります。

ベルリン中央駅の構内図。
地上階は真ん中の0階、一番上の2階と一番下の地下2階にプラットホームがあります。
1階にはコインロッカー1等車の乗客専用ラウンジ「DB Lounge」があります。
ラウンジは一等車(1st Class)の乗車券を提示すれば無料で利用することができ、飲み物や軽食、新聞、雑誌などが用意されています。

地上階にはツーリストインフォメーションがあり、公共交通機関の乗り放題券と入場料の割引特典が付いた「ベルリンウェルカムカード」を購入することができます。

中央駅にはプラットホームがたくさんありますので、くれぐれも間違わないように。
入口近くには大きな電光掲示板がありますから、プラットホーム番号、行き先、出発時刻をしっかりと確認して下さいね。

ちょうど2階に電車が入ってきたのが見えました。

2階にはプラットホームの11~16番があります。
基本的に11~14番ホームはICE、IC、ECなどの長距離線、15・16番ホームはSバーンの乗り場になっています。

エスカレーターで地上階から1階に上がると、駅窓口(チケット売り場)と券売機コーナーがあります。Sバーンの切符をはじめ、新幹線や国際列車の切符も購入できます。

各プラットホームへ上るエスカレーターも1階にあります。
Sバーンが発着する15・16番ホームの看板には、数字の横に大きく「S」と書かれているので分かりやすいと思います。

エスカレーター前の電光掲示板には、到着予定分数、行き先、プラットホーム番号が表示されています。ベルリン中央駅にはS5、S7、S75線が乗り入れているので、市内観光も便利。

エスカレーターで1階から2階(日本でいう3階)に上がってみると、ちょうどSバーンの電車がホームに入ってきたところでした。電車のドアは自動開閉ではないので、自分でドアのボタンを押して乗降して下さいね。

続いては、地上階から地下1階へ下りてみます。

駅構内には飲食店をはじめ、ドラッグストア、本屋、文具店、電気店、アパレルショップなどのテナントが多く入っています。

地下1階には飲食店が充実しており、レストランというよりも軽食をつまめる感じのお店が多かったですね。パンやサンドイッチを扱う「kamps」と「dean&david」。

ちょっとしたお惣菜屋の「FISH&CHIPS」と、怪しげな寿司屋の「TOKIO SUSHI」など。

マクドナルドはハンバーガーやアップルパイが1ユーロ~と、お手頃価格で食事できます。
ちなみに、スターバックスは地上1階にありましたよ。

地下1階には、カイザーススーパーもあります。
営業時間は月曜~土曜が6:00~24:00、日曜・祝日が8:00~22:00。ドイツでは日祝休みのスーパーが多くて困るのですが、ここは嬉しいことに毎日営業しています。

地下1階からは、地下2階のプラットホームが見渡せます。

地下2階にはプラットホームの1~8番があり、ICEやECなどの中長距離線が発着します。

次は、地下鉄のUバーンへ向かってみます。
地下鉄は駅の東側にあるのですが、場所がちょっと分かりにくいです。

地下鉄はU55線のみ乗り入れており、ベルリン中央駅~ブランデンブルク門駅のわずか1.5kmを結ぶ短い路線です。長い工事期間を経て2009年に開業し、たった3駅の間を折り返し運行しています。将来的にはU5線を延伸する予定らしいですが、いつになることやら(笑)

Uバーンのプラットホームは、階段を下った地下2階にあります。
U55線は、連邦議会議事堂とブランデンブルク門を観光する際に利用すると便利です。

電光掲示板には到着予定分数が表示されています。1時間に6本(10分間隔)で運行中。

ホームには自動券売機が設置されています。

ホームには刻印機も設置されているので、矢印の方向に切符を入れて必ず刻印しましょう。
刻印されていない切符は無効なので、検札で見つかった場合は罰金を取られてしまいますよ。

>>次ページ ベルリンからプラハへの電車移動レポート

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ベルリン中央駅を徹底解剖!ベルリンからプラハへ電車で移動する方法
この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!