海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

ウラジオストク中心部の好立地ホテル!ベルサイユホテル宿泊記

海外ホテル宿泊記
スポンサーリンク

極東ロシア・ウラジオストク旅行の初日に宿泊した、ベルサイユ ホテル(Versailles Hotel)を紹介します。場所は市内中心部に位置し、メインストリートのスヴェトランスカヤ通りに面したホテルです。観光スポットやレストランだけでなく、大きめのスーパーやウラジオストク駅にも歩いて行くことができるので、どこへ出掛けるのも便利な立地でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルサイユホテル ウラジオストク

まだまだ外国人観光客の泊まれるホテルが少ないウラジオスク。その中でも指折りの人気を誇るのが、街の中心部に建つベルサイユホテルです。

ベルサイユホテルは、1909年創業というウラジオストクで最も歴史があるホテルです。ピンクと白の可愛らしい建物で、まるでヨーロッパの宮殿を思わせるようなホテルでした。

ロビーに足を踏み入れると、大きなシャンデリアとステンドグラスが目に入ります。なかなか英語の通じないロシアですが、こちらのホテルは英語OK。レセプションのスタッフはツンデレ対応ではなく、優しく接してくれたのが印象的でした。

フロント横のエレベーターホールには、素敵な絵画が飾られています。…と思ったら、この絵は全て売り物でした(笑)

おみやげ屋さんには、ロシア名物のマトリョーシカも売られていました。

階段の手すりと踊り場のステンドグラスも素敵ですね~。

ホテルのロビーと直結しているのが、スタローバヤ(大衆食堂)のニルィダイです。食堂とは思えないほどオシャレな雰囲気の中で食事が楽しめちゃいます。

ショーケースの中から好きなおかずが選べます。セットメニューもあり、値段は200~300ルーブルと手頃です。私達は夜遅くに到着したので、ここで初日のディナーを食べました。

ホテル立地・アクセス

ベルサイユホテルは、街のメインストリート「スヴェトランスカヤ通り」に面しています。歩道が綺麗に整備されており、観光客を多く見かける通りでした。

スヴェトランスカヤ通りは夜でも安心して歩ける雰囲気。油断は禁物ですが、夜10時頃歩いても治安の悪さは感じませんでしたね。

ホテルの斜め向かいには、ミニスーパーの24hoursがあります。その名の通り24時間営業で、スーパーというよりは商店のような感じ。ウォッカやビールなどお酒の種類が豊富でした。

人気のロシア料理レストランストゥーディオは、ホテルから徒歩3分の場所にあります。

ホテルの一本北にあるアドミラーラ・フォーキナ通り(通称:噴水通り)は、海へ向かって延びるオシャレなストリート。歩行者天国になっていて、観光客で賑わっていました。

スーパーのフレッシュ25は、ホテルから徒歩7~8分の場所にあります。わりと大きめのスーパーで、バラマキ用のお土産を購入するならここが一番おすすめ。

ホテルからウラジオストク駅へは10分の距離ですが、坂があるので実際は15分くらいかかります。大きなスーツケースを持って歩くのはちょっと大変かも。私達は空港から直接タクシーで移動しました。

スポンサーリンク

客室(ツインルーム)

クラシカルな雰囲気の廊下を通り、客室へ向かいます。団体客はあまり泊まらないのか、びっくりするくらい静かなホテルでしたね。

今回宿泊したのは、広さ20㎡のツインルーム。レトロな客室ですが、リノベーションされているので綺麗です。ベッドは狭めのシングルサイズなので、体が大きい人はちょっと大変かも。マットレスが安っぽいのはいただけませんねぇ…。

北国ではお馴染みのペアガラスなので、外の音は全く気になりませんでした。エアコンの効きはイマイチですが、ここはロシア。窓を開ければ冷たい風がピューっと入ってきます(笑)

ベッドの足元には、テレビとミニバーがあります。冷蔵庫は年代物の「ナショナル製」ですが、しっかりと冷えました。残念ながらセーフティボックスはありません。

電気ケトルとティーセット。ロシアで人気の「Greenfield」の紅茶が用意されていました。

部屋にペットボトルの水が用意されていない代わりに、無料のウォーターサーバーが3階にあります。

なんとびっくり。日本の旅館みたいに浴衣が用意されています。

コンセントはC型プラグなので、変換プラグは必須です。ホテルの無料Wi-Fiは、なぜか繋がらず…。私達はロシアの現地SIMカードを準備していったので何とかなりました。SIMカードWi-Fiレンタルを用意した方がいいかもしれませんね。

バスルームも清潔感があります。ドライヤーは備わっていますが、風量は弱め。

アメニティは、シャンプー・ハブラシ・石鹸など一通り揃っています。コンディショナーは無かったので、必要な人は持参した方がいいですね。

嬉しいことにバスタブ付きです。ハンドシャワーの水圧はちょっと弱めかな。

トイレには便器が二つ並んでいますが、蛇口の付いている方は「ビデ」です。お尻や足を洗う場所になので、間違わないようにしてくださいね。

朝食

朝食会場は3階、まるで宮殿のようにゴージャスな空間で食事をいただきます。朝食時間はちょっと遅めの8:00~10:00。

朝食はビュッフェ形式ですが、品数はかなり少ないです。

ハム・ウィンナー・チーズ・目玉焼き・サラダ・パン程度しかありません。ロシアらしいメニューなら、サワークリームとブリヌイ(クレープのようなもの)でしょうか。

ドリンクで美味しかったのは、飲むヨーグルトの「kefir」。ホテルの周辺には美味しいレストランがいっぱいあるので、サッと朝食を済ませて出掛けてしまった方が良さそうですね。

まとめ

今回はツインルームに、朝食付き1泊1室約10,000円で宿泊しました。まだまだホテル軒数の少ないウラジオストクには、コスパの良いホテルが無いのが現状です。辛口レビューになってしまいましたが、ベルサイユホテルは好立地にありながらも、手頃な価格で泊まれる貴重なホテルです。これ以上安いホテルになると、ホステルのような感じになってしまいます。観光にはとにかく便利なホテルだったので、マイナス点はある程度目をつぶった方がいいかもしれませんね。

ホテル情報・予約

ベルサイユホテルの宿泊料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com
icon-check agoda   icon-check Booking.com

ホテル名ベルサイユ ホテル
Versailles Hotel
星の数★★★
住所Svetlanskaya St. 10, Vladivostok
アクセスウラジオストク駅まで徒歩15分
時間チェックイン 14:00/チェックアウト 12:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外ホテル宿泊記ロシア
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました