海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

インドネシア・ソロ(スラカルタ)のおすすめスーパー・ショッピングモール4選!

インドネシア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インドネシアのソロ(スラカルタ)は、まだあまり知られていない旅行先のため、どんなショッピングスポットがあるのか分からず困ってしまう方も多いかと思います。そこで今回は観光客も比較的行きやすい場所にある、ソロ中心部のスーパーマーケットショッピングモールを紹介していきます。ソロのスーパーやショッピングモールでは、お菓子や調味料、紅茶など、バラマキ用のお土産にもぴったりのアイテムが手頃な価格で購入できますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソロ(スラカルタ)のスーパー・ショッピングモールの地図

①ソロ グランドモール ②ソロ パラゴンモール ③Luwesモール ④Luwesスーパー

ソロ グランドモール(Solo Grand Mall)

ソログランドモールは、ソロ中心部を東西に走るスラメ・リヤディ通り(Jl. Slamet Riyadi)沿いにある大型ショッピングモールです。ソロでは一番使い勝手の良いショッピングモールで、地元の中間層や富裕層で賑わっています。価格はローカル店に比べると少々高めですが、日本人からすると十分に安いです。

6階建てのモール内には、アパレル・コスメ・雑貨などのショップ、インドネシア最大の百貨店「マタハリデパート」など様々なテナントが入っています。

飲食店も充実しており、ケンタッキーやA&Wといったファストフード店のほか、最上階には綺麗なフードコートもあります。フードコートは地元客でかなり賑わっており、外国人も食事できそうな雰囲気でした。インドネシア料理だけでなく、多国籍な料理を手頃な価格で食べることができます。

モール内には、インドネシア発のコーヒー&ドーナツショップ「J.CO」も入っています。

シンガポール発のパン屋「Bread Talk」も。

そしてソログランドモールの地下1階には、大型スーパーのハイパーマートが入っています。買い物のしやすさ、価格と品揃えのバランスの良さを考えると、ソロでお土産を購入するには一番おすすめのスーパーです。

店内には生鮮食品をはじめ、調味料やインスタント食品、お菓子、コーヒー、紅茶など、お土産になりそうなアイテムが揃っています。

ソロのスーパーで買えるお土産は、基本的にお隣のバリ島と同じような物が多いです。バリ島に行かれたことがある方は、どれもお馴染みのアイテムばかりかもしれませんが、代表的なものを紹介していきますね。

インドネシア料理に欠かせない調味料といえば、甘い醤油ソースの「ケチャップマニス」とチリソースの「サンバルアスリ」です。

だしの素は「ロイコ」と「マサコ」が有名で、鶏肉だしや牛肉だしがあります。小分けパックから大袋まで、様々なサイズを取り揃えていました。

インスタント麺は日本のように5袋入りで1パックになっているのではなく、1袋ずつバラ売りされていることが多いです。1袋10~20円という安さが魅力。

世界的な紅茶の産地として知られるインドネシア。紅茶のティーバッグが山のように積んでありました。「サリワンギ」は最もポピュラーな紅茶で、1箱20包入りがRp.5,450です。

インドネシアは世界的なコーヒー豆の産地としても有名で、日本では見かけないような珍しいコーヒーがたくさん並んでいました。高級コーヒーの「ルアックコーヒー」や「トラジャコーヒー」は、コーヒー好きの方に喜ばれるお土産ではないでしょうか。

ピーナッツやカシューナッツなど、ナッツ類のお土産も人気です。有名なのが「Mr.P」というメーカーで、甘いハニー味・塩味・ピリ辛味といった色んなフレーバーがあります。

日用品コーナーも充実しており、人気ヘアオイルの「エリップス」も置いてありました。バリ島みやげとして日本でもブームに火が付いたエリップスですが、ソロでも購入できるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

ソロ パラゴンモール(Solo Paragon Mall)

ソロパラゴンモールは、ソログランドモールから700mほどの場所にある大型ショッピングモールです。新しく出来たばかりで、ソロで一番高級なショッピングモールです。

田舎町のソロには不釣り合いなほど立派なショッピングモールだったので、正直驚きました。外国人や富裕層向けのためか、ソログランドモールに比べて客数は少なかったですね。

4階建てのモール内には、ファッション・コスメ・雑貨などのショップがたくさんあります。

飲食店も充実しており、スタバやローカル系カフェの「EXCELSO」も入っています。

最上階にはフードコートもあるのですが、ここはあまり賑わっていなかったですね。

ソロパラゴンホテル&レジデンシズという4つ星ホテルがモールに直結しています。

ソロパラゴンホテル&レジデンシズの詳細・料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

そしてモールの1~2階には、大型スーパーのカルフールが入っています。ソログランドモールのハイパーマートよりも品揃えは豊富ですが、価格はちょっと高めです。

店内には調味料やインスタント食品、お菓子、コーヒー、紅茶など、バラマキ用土産になりそうなアイテムがずらり!インドネシア伝統の漢方ドリンク「ジャムウ」など、ちょっと変わったお土産を買うのにもおすすめのスーパーです。

一面に並ぶ、調味料のケチャップマニスとサンバルアスリ。

大量に積み上げられていたのは、強烈なパッケージが目を引く「zananaチップス」です。インドネシアの人気スナック菓子で、スライスしたバナナが揚げてあります。

安くて美味しい、コーヒーキャンディの「KOPIKO」もおすすめ。

インドネシアは宗教上の理由からアルコールを販売するお店が限られているのですが、カルフールにはビールがたくさん売られていました。定番のビンタンビールやアンカービールをはじめ、カールスバーグなどの外国産ビールも。

日用品や雑貨コーナーも充実しているので、自宅用に珍しいシャンプーや歯磨き粉を買って帰るのも良いですね。

スポンサーリンク

Luwesモール(Luwes Sangkrah Mall)

Luwesモールは、集合屋台のガラボに隣接するローカル系ショッピングモールです。人気ホテルのロイヤルスラカルタからは500mほどの場所にあります。

中に入ると、1階には小さなフードコートがありました。地元客で賑わっており、値段はびっくりするぐらい安かったです。

その奥には、格安のローカル系スーパーが入っています。

ハイパーマートやカルフールより規模は小さいものの、品揃えはそこそこ充実していました。

紅茶のサリワンギは大箱がRp.9,600、小箱がRp4,750。今回巡ったスーパーの中では一番安かったです。

ケチャップマニスは有名なABCではなく、「BANGO」のものがプッシュされていました。

ソロでよく見かけた歯磨き粉は、コルゲートやセンソダイン(日本名はシュミテクト)です。センソダインにはRp.2,000の割引クーポンが付いていたので、私達もお買い上げしました。

Luwesスーパー(Sami Luwes)

Luwesスーパーは、メインストリートのスラメ・リヤディ通り沿いにあるローカル系スーパーです。人気ホテルのノボテルソロイビススタイルズソロのそばにあります。

今回紹介したスーパーの中では一番規模が小さいですが、調味料やお菓子などバラマキ用土産になりそうなアイテムは揃っています。

インスタント麺は、1袋Rp2,000~とリーズナブル。

自宅で手軽に飲める、3in1タイプ(コーヒー・クリーム・砂糖が一体になった)のホワイトコーヒー。苦味が少なく、低カフェインなので、誰でも飲みやすいコーヒーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インドネシア
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました