GoToトラベルキャンペーン特集!

札幌プリンスホテル宿泊記!札幌の夜景が楽しめるタワーホテル

withコロナ旅行
スポンサーリンク

札幌中心部にありながらも、美しい夜景が望めると評判の札幌プリンスホテル。場所は地下鉄西11丁目駅そばに位置し、大通や狸小路へは徒歩圏内。大型駐車場を完備しているため、マイカーやレンタカーでの旅行にも向いています。レストランではコロナ対策がしっかりとなされており、ビュッフェの代わりに「和定食」または「洋定食」から選ぶ朝食になっていました。2020年8月上旬に宿泊してきたので、客室や朝食についてレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

札幌プリンスホテル

札幌プリンスホテルは、円柱形の外観をした28階建ての高層タワーホテルです。市内でもかなり目立つ建物で、テレビ塔や大倉山展望台から見ても確認できるほどでした。上皇・上皇后両陛下が、在位中最後の札幌訪問で滞在なさったホテルでもあります。

チェックイン時には、検温手指消毒健康チェックシートに署名することが求められました。さすがは札幌でも指折りのホテルなだけあり、スタッフの対応は非常に丁寧でしたね。

部屋のランクは上層階にいくほど上がり、エレベーターはロイヤルフロア用とスタンダード・スーペリアフロア用に分かれています。ロイヤルフロアの方は、ルームキーがないとエレベーターホールにアクセスできない仕様になっていました。

札幌プリンスホテルの客室フロア
22~27階 ロイヤルフロア 
14~21階 スーペリアフロア
3~12階 スタンダードフロア

上層階まで吹き抜けのロビー。

エレベーターは全部で5基あるため、高層ホテルなのに待ち時間が気になりません。

エレベーターホールにはアルコール消毒液を設置。ボタンを触った後もすぐに消毒できて良かったです。

密を避けるため、エレベーターの定員は6名までに制限されていました。

客室フロアの廊下はカーブを描き、吹き抜けを囲むように部屋が並んでいます。

客室(改装スーペリアツインルーム)

プリンスホテルグループでは、独自の衛生・消毒基準「プリンス・セーフティー・コミットメント」が導入されているそうです。客室のドアには、清掃・消毒完了のセーフティシールが貼られていました。コロナ禍では何かと不安も多いなか、これは安心して泊まれそうですね!

今回宿泊したのは、2020年5月に改装が完了したばかりのスーペリアツインルームです。札幌の豊平川をイメージしたブルーが基調になっているという、スタイリッシュな部屋でした。

シモンズの110㎝幅ベッドが採用されているので、非常に寝心地が良かったです。部屋の広さは21㎡、ちょっと窮屈感はありましたが、使い勝手が良いように工夫されていました。

無料Wi-Fiのパスワードは、テレビ画面上で確認できます。

テレビ下のキャビネットには、電気ケトル、ティーセット、無料のミネラルウォーター。

デスク上には、スマホのワイヤレス充電器やコンセント、USBポートがまとまっています。

滞在中無料で使用できるスマホ「handy」。

冷蔵庫には何も入っていないので、物を入れやすいです。

ナノイー加湿空気清浄機を完備。ウイルス抑制のため、滞在中は付けたままにしていました。

室内照明の電源、コンセント、USBポートは枕元に集約されて使いやすいです。

クリーニング済みスリッパとセーフティボックス。

クローゼットが無い代わりに、壁掛けタイプのハンガーラックが2か所ありました。

衣類とお部屋の消臭スプレー。

ナイトウェアは上下セパレートタイプ。ジャージ生地なので少し安っぽさを感じました。

客室からの眺望

今回アサインされたのは20階の高層フロアだったため、部屋からの眺望は抜群!周囲には視界を遮る建物がないので、「円山」や「大倉山ジャンプ競技場」まで綺麗に望めました。

「日本新三大夜景」に選ばれた藻岩山も。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

昼間の景色も最高ですが、夜景はもっと素敵に。

ベッドで休みながら夜景が楽しめるのも良いですね。

バスルーム・アメニティ

お部屋は綺麗に改装されているのに、バスルームはそのままだったのが残念。札幌プリンスホテルの2階には天然温泉(1泊あたり500円)があるので、そちらを利用しても良いかもしれませんね!

アメニティは、歯ブラシやカミソリなどが一式揃っています。POLAの「アロマエッセゴールド」のスキンケアセット(クレンジングオイル・洗顔料・化粧水・乳液)が用意されているので、女性は手ぶらでも泊まれるのがポイント!

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは、スキンケアセットと同じPOLAの「アロマエッセゴールド」でした。ノンシリコンシャンプーなので、髪がきしみません。

バスタブ付き、シャワーの水圧と温度は◎。トイレットペーパーは、ネピアプレミアムが採用されていてちょっと感動しました。

スポンサーリンク

ホテルの施設

ホテルの1階には「宮の森珈琲」が入っています。

その奥には、お土産ショップ「道産市場」も。お菓子や酒などの品揃えが充実していました。

製氷機は、3階と21階にあります。スタンダード・スーペリアフロアに宿泊した人は3階、ロイヤルフロアの人は21階を利用して下さいとのこと。 

3階にはランドリールームも。洗剤不要タイプで、洗濯は300円/1回、乾燥は100円/20分。

ランドリールーム内には電子レンジも完備。

スカイラウンジでのアフタヌーンティー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ホテルの最上階(28階)には、スカイラウンジ「トップオブプリンス」があります。今回の宿泊プランは、ワンドリンクチケット付きだったので利用させてもらいました。

ソーシャルディスタンスを保つため、ソファは間隔を空けて座るように配慮されています。

各テーブルにはアルコール消毒ジェルを設置。

前面ガラス張りなので、座りながらにして札幌中心部が一望できます。

絶景を眺めながら、美味しいコーヒーとレモンティーが頂けました。

夜のホテル

夜のホテルも一層ロマンチックに。

カップルや夫婦の記念日滞在にもおすすめできるホテルです。

朝食レストラン

朝食会場は宿泊日によって異なり、1階メインレストラン「ハプナ」または28階レストランのどちらかになります。朝食時間は7:00~10:00まで、料金は大人2,700円、子供(小学生)1,400円です。

残念ながらコロナ感染防止のため朝食ビュッフェは休止中で、「和定食」または「洋定食」から選ぶようになっていました。

28階のレストランは眺望が良いのですが、座席数は少なめ。ほとんど宿泊客がいないにもかかわらず、案内されるまで20分ほど待たされました。

和定食をオーダー。イクラやお刺身は付いていましたが、まるでビジネスホテルのような朝食でちょっと期待外れだったかも。

ホテルの立地

札幌プリンスホテルは、地下鉄東西線の西11丁目駅から徒歩3分の立地にあります。札幌駅周辺のホテルに比べると立地は落ちますが、そこまで不便なホテルというわけでもありません。ホテルから札幌駅北口へは、無料シャトルバスを1時間おきに運行しています。

 始発終発
プリンスホテル発7:3021:30
札幌駅北口発8:0022:00

大通公園は徒歩圏内。

ホテル前には「新千歳空港連絡バス」が停まるため、空港アクセスは抜群です。目の前にはローソンがあり、ちょっとした買い物も困りません。

狸小路やすすきのへ行く場合は、ホテルから歩いてすぐの「中央区役所前」から市電に乗ると便利です。

ホテルの駐車場

札幌プリンスホテルの敷地内には、約190台を収容できる大型立体駐車場が完備されています。24時間入出庫自由で、料金は1泊あたり1,500円。広くて停めやすい駐車場なので、マイカーやレンタカーでの旅行にもぴったりなホテルだと感じました。

ホテルに宿泊した感想

札幌中心部にあるホテルにもかかわらず、夜は静かな環境でぐっすりと休むことができました。

〇 良かったところ

  • 夜景がロマンチック
  • 部屋が新しくて綺麗
  • 駐車場が停めやすい
× 残念だったところ

  • 立地がやや落ちる
  • バスルームだけ古い

ホテル情報・宿泊予約

札幌プリンスホテルは、GoToトラベルキャンペーンの割引対象ホテルです。

ホテル名札幌プリンスホテル
住所北海道札幌市中央区南2条西11丁目
アクセス地下鉄西11丁目駅まで徒歩5分
時間チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
withコロナ旅行 ホテル宿泊記
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました