GoToトラベルキャンペーン特集!

クエストホテルセブ宿泊記!セブ島中心部アヤラセンターそばのお手頃ホテル

ホテル宿泊記
スポンサーリンク

マニラからセブ島へ移動し、一軒目に宿泊したクエスト ホテル&カンファレンス センター セブ(Quest Hotel & Conference Center Cebu)を紹介します。場所はセブ島中心部のショッピングモール「アヤラセンター」のすぐそばにあるので、食事や買い物には困らないホテルです。オプショナルツアーに終日出掛けるため、リゾートホテルに泊まるのはもったいないと思い、手頃なこのホテルに泊まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クエストホテル&カンファレンスセンターセブ

今回は前半セブシティ、後半はマクタン島と宿泊するホテルを分けました。前半の日程は、ジンベイザメ、ボホール島、アイランドホッピングのオプショナルツアーに参加するという盛りだくさんのスケジュール。そうなると朝から晩まで出掛けることになり、マクタン島のリゾートホテルに滞在するのはもったいないと思ったからです。

セブシティには数多くのホテルがありますが、どうしてクエストホテルを選んだかというと理由は二つ。①手頃な価格で泊まれる、②すぐそばにアヤラセンターがあるので夜遅くにツアーから帰ってきても食事場所に困らないこと。

3つ星ホテルですが、ロビーは広めで想像していたよりも良いホテルだなと感じました。

メインエントランスには空港のような荷物のX線検査装置があり、警備員も常に待機しているのでセキュリティは万全でした。

チェックイン手続きは、ウェルカムドリンクを頂きながら。

フィットネスセンターは6階にあり、利用時間は6:00~21:00。場所は駐車場の奥にあるので、ちょっと分かりにくいかも。

このホテルはセブ島中心部にありながらも、プールが大きめという点が特徴です。プールは7階、利用時間は7:00~22:00なので遅く帰ってきても使えますね。

大人用と子供用のプールがあり、パラソル付きのプールベッドも完備。

朝食会場のレストランは1階にあります。チェックイン時に朝食ビュッフェを600ペソのところ450ペソにディスカウントしますとのお誘いを受けましたが、翌日は早朝からオプショナルツアーに出掛ける予定だったので今回はお断りしました。

スポンサーリンク

ホテルの立地・アクセス

クエストホテルの立地は、セブ島を代表するショッピングモール「アヤラモール」のすぐそばに位置しています。

アヤラモールにはレストラン、ファストフード、カフェなどの飲食店をはじめ、スーパーや両替所も入っているので、とりあえずここに来れば困ることはありません。

夜はライトアップ&音響で賑わい、月~木は21時、金・土は22時まで営業しています。

クエストホテルはアヤラモールの目と鼻の先にあるのですが、回り込まなければいけないので徒歩5分くらいかかります。 

ホテルの目の前にある道路は、柵があるため突っ切れません。

そのためホテルを出たら、アヤラモールを正面に見て左へ進みます。

すると高架下に横断歩道があるので、ここを渡ります。

横断歩道を渡ったら、BDOバンクの横を通ります。

BDOバンクを過ぎて右へ曲がると、アヤラモールの西側エントランス(H&Mが目印)に到着です。

ホテルからはジプニーステーションを突っ切って行くこともできますが、治安が心配なので上記の行き方がおすすめです。

ホテル周辺は、気軽に街歩きできるような雰囲気ではありません。基本はタクシー移動にし、徒歩の場合はアヤラモールとの往復程度にとどめておくと良いでしょう。

ホテル周辺のお店

クエストホテルの周辺にあるお店をいくつかご紹介します。ホテルを出てアヤラセンター方面とは逆側の右へ100mほど歩くと、人気マッサージ店のヨロスパがあります。

ホテルから5分ほどの場所には、人気レストランのハウスオブレチョンも。

店内は清潔感があり、なかなかお洒落な雰囲気。

ここはフィリピン名物の豚の丸焼き(レチョン)が食べられるお店です。皮はパリパリ、身はフワフワ、タレは塩だしっぽいので日本人も食べやすい料理でした。

ハウスオブレチョンのすぐ近くには、人気レストランチェーンのKUYA J(クヤジェイ)もあります。

そしてホテルの向かい側には、セブンイレブンマクドナルド。これだけ色んなお店が揃っているので、滞在中は何かと便利でした。

スポンサーリンク

客室(デラックスツインルーム)

今回宿泊したのは、広さ25㎡のデラックスツインルーム。このクラスのホテルでは標準的な広さでしょうか。2012年オープンのホテルとのことですが、設備の古さを少し感じましたね。

アサインされたのはアヤラモールの西側エントランスとジプニーステーションが見えるお部屋です。窓が薄いので、14階の部屋なのに外の騒音が気になりました。

ベッドの足元には、デスクとバゲージラック。

電気ケトルとミネラルウォーター、コーヒー、紅茶も。

クローゼットには冷蔵庫、セーフティボックス、ドライヤーが備わっています。バスローブとスリッパはありませんでした。

バスルームはシャワーのみで、残念ながらバスタブはありません。水圧と温度は◎でしたが、排水は△。シャワーブースは引き戸になっているので、水しぶきが飛ばなくて良かったです。

ホテルマッサージは1時間800ペソ~と格安でした。

アメニティ・コンセント

アメニティはシャンプーやコンディショナーをはじめ、石鹸、バスジェル、歯ブラシなど一通り揃っています。最低ランクのものではなかったので、使用感は良かったです。

マルチコンセントとUSBポートが備わっているので、変換プラグがなくてもそのまま差し込めば充電できます。Wi-Fiは無料でしたが、通信速度が不安定だと困るのでフィリピンで使えるSIMカードを準備していきました。

まとめ

今回はデラックスツインルームに、朝食なし1泊1室約6,000円で宿泊しました。ジンベイザメとボホール島ツアーは、セブシティに滞在していた方が移動時間が短く済むので、マクタン島よりもこのホテルに泊まって正解でした。

入口でのセキュリティチェックはもちろんのこと、荷物保管室まであり、安全に配慮しているホテルだったので安心して滞在することができて良かったです。そしてスタッフがいつも気持ちの良い挨拶をしてくれたのが印象的なホテルでした。

ホテル情報・予約

クエストホテル&カンファレンスセンター セブの宿泊料金を確認する
Expedia   Hotels.com
agoda    Booking.com

ホテル名クエスト ホテル&カンファレンス センター セブ
Quest Hotel & Conference Center Cebu
星の数★★★
住所Archbishop Reyes Avenue, Cebu City
アクセスアヤラセンターまで徒歩5分
時間チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホテル宿泊記 フィリピン
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました