海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

ボロブドゥール遺跡観光におすすめのホテル!マノハラホテル宿泊記

海外ホテル宿泊記
スポンサーリンク

インドネシアのジャワ島中部にある世界遺産ボロブドゥール遺跡。マノハラホテルは、そのボロブドゥール遺跡公園内にある唯一のホテルです。マノハラホテル宿泊者だけの特典があり、ボロブドゥール観光を満喫するには最適のホテルです。宿泊者専用通路で自由に遺跡へ出入りでき、早朝のサンライズツアーも楽に参加できます。今回はマノハラホテルに一泊して遺跡観光を楽しんできたので、どんなホテルなのか詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マノハラホテルについて

マノハラホテルは、ボロブドゥール遺跡公園内にある唯一のホテルです。ホテルは遺跡入場ゲートの内側に建っているので、宿泊者は営業時間内(6:00~18:00)であれば何度でもボロブドゥールを観光することができます。世界遺産の中に泊まる夢が叶うので、歴史&遺跡好きにはたまりませんね!

【マノハラホテルの宿泊者特典】
①ボロブドゥール遺跡公園の入場が無料になる
②開園前にボロブドゥールに登れるサンライズツアーに割引価格で参加できる
③ボロブドゥールに関するオーディオビジュアル(日本語あり)が無料で鑑賞できる
④遺跡を眺められるレストランで無料のアフタヌーンティーが楽しめる

ボロブドゥール遺跡を観光するには、通常だとUS$25(1回券)の入場料がかかりますが、マノハラホテルの宿泊者は自由に出入りできるため入場料は実質2日間無料となります。さらに開園前のサンライズツアーは、宿泊者以外はRp.450,000なのに対し、宿泊者はRp.275,000で参加できるのが魅力です。

マノハラホテルは、伝統的なジャワ建築のホテルです。敷地内にはボロブドゥールを意識した仏像やストゥーパなど、仏教的な装飾があちこちで見られました。

チェックインすると、爽やかなウェルカムドリンクでのおもてなし。ロビーにはガムランの生演奏が響いており、心地よい雰囲気でした。

チェックインの際には、2日分のボロブドゥール遺跡入場チケット、オーディオビジュアルの鑑賞券、朝食券、アフタヌーンティー券をもらいました。これら全てが宿泊料金に含まれているのでとってもお得ですよね!

ホテルの敷地は広々としており、南国の木々や植物が綺麗に手入れされていました。ボロブドゥール遺跡へは、この宿泊者専用通路を歩いて行きます。

仏像やモニュメントを横目に歩いて行くと、ホテル敷地の西側にゲートがあります。

このゲートから歩いて5分で、ボロブドゥール遺跡に到着します。ゲートの正面には、既にボロブドゥールが見えているのがお分かりでしょうか。

これだけの近さなので、遺跡観光で疲れてもすぐにホテルへ戻ることができて便利でした。

これだけは押さえておきたい!ボロブドゥール寺院遺跡の見学ポイント15

ホテル内にあるレストランは宿泊者以外でも利用が可能です。ボロブドゥールを眺められるレストランなので、観光客にも人気があります。

アフタヌーンティーは一般客だとRp.30,000しますが、宿泊者は無料で頂くことができます。インドネシアコーヒーと軽食3品が付いていました。

宿泊者はホテル内にあるシアタールームで、オーディオビジュアルが無料で鑑賞できます。昼間は観光に出掛けて、日没後に鑑賞するのがおすすめです。私達も夜8時頃に、日本語版で上映してもらいました。上映内容はムンドゥ寺院の動物壁画や、ボロブドゥールの彫刻に描かれたブッダの生涯についてなので、知識を深めたい方はぜひご覧になってみて下さい。

スポンサーリンク

客室(スタンダードルーム)

続いては、客室を紹介していきます。マノハラホテルは平屋の造りなので、全室が1階のガーデンに面しています。豪華なリゾートホテルという感じではありませんが、自然いっぱいのコテージに泊まりに来たかのような雰囲気です。

今回はスタンダードツインルームに宿泊しました。部屋は24㎡とまずまずの広さがあり、各室にテラスと物干しが付いていました。窓際にはデスクとイス、ベッドの足元にはテレビとバゲージラックが備わっています。無料Wi-Fiは問題なく使用できる速度でしたが、コンセント(C型)の数は少なめでした。

電気ケトル、コーヒー、紅茶、ミネラルウォーターが用意されています。

冷蔵庫はしっかりと冷え、エアコンも効きが良かったです。クローゼットにはハンガー、紙スリッパ、セーフティボックスが入っています。電気蚊取り器もあるので安心。

バスルームはやや古さが感じられ、シャワーの水圧は弱めでした。バスタブはなく、レインシャワーのみです。バスタオルとフェイスタオルが用意されており、ミニドライヤーは1200Wなのでしっかり乾きました。

アメニティは、シャンプー、コンディショナー、石鹸、ボディローション、ハブラシ、シャワーキャップ、ソーイングセットが一通り備わっています。

レストラン・夕食

私達はせっかくなので、ホテルのレストランで夕食を頂くことにしました。メニューはインドネシア料理が中心で、パスタやサンドイッチなどのウエスタン料理もあります。

インドネシア料理の定番であるナシゴレン(Rp.50,000)やビンタンビール(Rp.70,000)をオーダー。

こちらのシーフードトリオはRp.60,000と、どのメニューも手頃なのが魅力です。翌朝のサンライズツアーに備えて、この日は早めに就寝しました。

サンライズツアー

翌朝のサンライズツアーは4時半に集合なので、モーニングコールは4時にお願いしました。このサンライズを見るために宿泊しているのですから、寝坊は厳禁ですよ~(笑)まだ真っ暗な中、宿泊者専用通路を歩いて行きボロブドゥールへ登ります。

霧の森に包まれ、朝日に照らされたボロブドゥールは神々しく、感動的な時間を過ごすことができました。頑張って早起きをすれば、眠気も吹き飛ぶほどの絶景が見られますよ!

神秘的な世界が広がる!ボロブドゥール遺跡のサンライズツアー

朝食

ボロブドゥール遺跡公園は6時に開園すると一気に観光客がやってくるので、一旦ホテルへ戻り朝食を頂くと良いでしょう。朝食会場は、昨晩のレストランとは違う場所になります。

朝食ビュッフェの品数は少なく、味も普通でした。インドネシア料理を中心に、パンやサラダ、フルーツといったメニューです。

さらっとだけ食べて朝食会場を後にし、チェックアウト時間ギリギリまでボロブドゥールを観光しました。

周辺には「ムンドゥ寺院」や「パオン寺院」といった見どころがあるので、朝食後はサイクリングを楽しんでも良いかもしれませんね。マノハラホテルのレンタサイクルは、Rp.10,000/1時間です。私達は暑い中で自転車に乗るのがイヤなので、タクシーで観光しましたが…(笑)

まとめ

今回はスタンダードツインルームに、朝食付き1泊1室約12,000円で宿泊しました。マノハラホテルは客室数が少ないうえに、人気ホテルなので満室になりやすいです。私達も第一希望の日が埋まっていたので、違う日に変更しなければいけませんでした。旅行が決まったらなるべく早めに予約するのが良いでしょう。

ボロブドゥール遺跡公園内は日を遮る場所が少ないうえ、階段も多くてかなり歩きます。想像以上に体力を消耗するので、軽い熱中症になりかけてしまいました。そんな時にすぐクーラーの効いた部屋へ戻れるというのは、非常に助かりましたね。周辺にもホテルはありますが、朝から晩までボロブドゥールを満喫するならマノハラホテル一択ではないでしょうか。

ホテル情報・予約

マノハラホテルの宿泊料金を確認する
icon-check agoda  icon-check Booking.com

 icon-exclamation-triangle マノハラホテルは2018年6月より、改装工事中のため宿泊できません。サンライズツアーの参加、レストランの利用は通常通り可能となっています。
ホテル名マノハラホテル
Manohara Hotel
星の数★★
住所Jl. Badrawati, Borobudur, Magelang, Jawa Tengah
アクセスボロブドゥール遺跡まで徒歩5分
時間チェックイン 14:00/チェックアウト 12:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外ホテル宿泊記インドネシア
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
TABI JOZU