海外旅行のプロ直伝!お得な海外ホテル予約サイトはどれ?

シティポイントホテル バンコク宿泊記!アソーク駅そばの人気格安ホテル

海外ホテル宿泊記
スポンサーリンク

スクンビットエリアは、バンコクの中でも格安から高級まで最もホテルが多くあるエリア。そんなホテル激戦区スクンビットでも指折りの人気を誇るのが、シティポイント ホテル バンコク(CityPoint Hotel Bangkok)です。アソーク駅から徒歩2分という好立地にありながらも、1泊6,000円程度という手頃な価格で泊まることができます。バンコクの格安ホテルは当たり外れが多いのですが、女性でも泊まれる清潔感と、十分な広さがあるホテルでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シティポイントホテル バンコク

私たちがシティポイントホテルに到着したのは、王室リゾート地のホアヒンからバンコクへ戻ってきた日の夕方頃。とりあえず寝られればOKだったので、利便性が高く、手頃な価格で泊まれるこのホテルを選びました。

このクラスのホテルにしては、スタッフの質が良かったのが印象的です。入口ではドアマンが迎え入れてくれ、ウェルカムドリンクのサービスもありました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

小ぢんまりとした綺麗なホテル。客層は個人旅行者が中心のため、騒いでいる人がおらず快適に過ごせました。

プールやフィットネスジムといった設備はなく、ロビーにパソコンがあるくらいです。

ホテルの立地

シティポイントホテルがあるのは、バンコクでも有数の繁華街スクンビットエリア。高架鉄道BTSアソーク駅地下鉄MRTスクンビット駅の二駅が利用できるため、どこへ行くのも便利な立地にあります。

バンコク・スワンナプーム空港からのアクセスも良く、空港鉄道エアポートレールリンクを利用すればホテルまでは45分ほどでアクセスできます。行き方は二つあり、所要時間はどちらも同じくらいです。①マッカサン駅でMRTに乗り換え、一駅隣のスクンビット駅で下車。②パヤタイ駅でBTSに乗り換え、6駅目のアソーク駅で下車。

ホテルの最寄り駅は、BTSアソーク駅の4番出口。アソーク駅前の大通りから一本小道を入ったところにホテルはあります。

MRTスクンビット駅は、駅前のスクンビット通りを渡ってすぐのところ。ホテルの目と鼻の先にあるのですが、横断歩道を渡らなければいけないので実際は徒歩5分以上かかりました。

アソーク駅前には、駅直結の大型ショッピングモール「ターミナル21」があります。夜10時まで営業していて、スーパーやフードコートが入っています。

ターミナル21のフードコートは、日本人にも人気のグルメスポット。清潔感があって、一人100バーツもあればお腹いっぱいに食べられます。夫はお目当てのローストダックと豚足が食べられてご満悦だったみたい(笑)

そしてターミナル21のすぐそばには、夜遊びスポットとして有名な「ソイカウボーイ」があります。思っていたよりも観光地されていて、見学に来ているだけの人も歩いていましたね。

スポンサーリンク

客室(スーペリアルーム)

今回宿泊したのは、広さ25㎡のスーペリアツインルーム。この値段のわりに、女性でも安心して泊まれる綺麗な部屋でした。スーツケースも十分に広げられるスペースがあります。

バスルームとトイレはすりガラスになっているので、ちょっと恥ずかしいかも?

エアコンはパナソニックなので快適。窓ガラスが薄いせいか騒音が少し気にはなりましたが、まあ…バンコクなので仕方ありませんね(笑)

ワークデスクとバゲージラックもゆったりとした造り。全世界対応のマルチコンセントなので、日本のA型コンセントをそのまま差し込めます。Wi-Fiは無料、フロントで貰ったパスワードを入力すればすぐに使えます。

冷蔵庫と電気ケトルを完備。お水は2本無料、紅茶はマレーシアの「BOH TEA」でした。

クローゼットの中には、ガウンや紙スリッパ、雨傘、セーフティボックスが入っています。

格安ホテルで一番気になるのが水回りの綺麗さですよね!狭めではありますが、清潔感のあるバスルームでした。ドライヤーは弱くて使い物にならず…。

シャワールームにはガラスの扉が付いているので、洗面所の床に水しぶきが跳ねることもなく快適でした。バスタブはありませんが、ハンドシャワーとレインシャワーが備わっています。シャワーの水圧と温度は◎。

アメニティ

アメニティは備え付けの液体ソープのみ。シャワーキャップと綿棒だけが用意されており、それ以外のハブラシやカミソリといったアメニティはフロントで貰えるとの案内がありました。アメニティとドライヤーは持参した方が良さそうですね!

レストラン・朝食

朝食会場のレストランは1階にあります。朝食時間は6:30~10:30まで。朝食付きプランと朝食なしプランは500円くらいしか変わらなかったので、私たちは朝食を付けることにしました。

卵料理はテーブルの上に用意されているオーダーシートに記入して注文すればOK。

オムレツを頼んでみました。

コンチネンタルブレックファストなので、パンやフルーツなどの簡単なメニューが用意されています。あまり期待せず、軽食ぐらいに思っておくと良いでしょう。

まとめ

今回はスーペリアルームに、朝食付き1泊1室約6,000円で宿泊しました。「駅近の好立地」「綺麗で広めの部屋」「格安で泊まれる」の三拍子が揃っており、ホテル激戦区のスクンビットでも人気の理由が分かりました。日本からのツアー客も泊まっていて、日本人も御用達のホテルといった雰囲気でしたね。

マイナス点を挙げるとすれば、ホテルの目の前にキャバクラ?的なお店があったことでしょうか。治安が悪いわけではありませんが、お姉様たちがたむろしていたので、微妙に感じる人は避けた方が良いかもしれません。それ以外は問題なかったので、立地と価格を重視する方にはおすすめのホテルです。

ホテル情報・予約

このホテルの詳細・料金を確認する
ホテル名シティポイントホテル バンコク
CityPoint Hotel Bangkok
星の数★★★
住所6/20-24 Ratchadapisek Road, Klongtoey, Bangkok
アクセスBTSアソーク駅まで徒歩2分
時間チェックイン 14:00/チェックアウト 12:00
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外ホテル宿泊記 タイ
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
TABI JOZUをフォローする

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TABI JOZU
タイトルとURLをコピーしました