台北桃園空港近くのホテル!シティスイーツゲートウェイ宿泊レビュー

この記事をシェアする

台北の台湾桃園空港での乗り継ぎ時に宿泊したシティスイーツゲートウェイ(城市商旅航空館)を紹介します。桃園空港からタクシーでわずか5分の場所にあるので、チャイナエアライン・エバー航空の乗継便やLCCの深夜・早朝出発便を利用する場合に便利なホテルです。

スポンサーリンク

シティスイーツゲートウェイ

BALI1_DSC_0163

シティスイーツゲートウェイは、桃園空港の近くにある4つ星ホテルです。ホテルの周辺にはコンビニ以外何もないので、空港利用者のためのホテルと思っていいでしょう。

BALI1_DSC_0099

チェックイン時には翌朝のモーニングコールとタクシー予約が必要か、必要なら何時に手配するのかを聞かれました。フロントスタッフはテキパキと笑顔で接客をしていたので好印象!

BALI1_DSC_0100

レセプション前のロビーは広々としており、テーブルとイスがたくさん置かれています。

BALI1_DSC_0102

飲み物と軽食の自販機があります。水やお茶が15~25元、スナック類が10元~、カップ麺が25元~とリーズナブルなので、買い物が面倒な時はここで済ませてもいいかも。

BALI1_DSC_0106

インターネットコーナーにはパソコンが4台あり。その奥には、台湾大手の第一銀行のATMが設置されています。

BALI1_DSC_0088

フロアはB1から11階まで、エレベーターは2基あります。

BALI1_DSC_0084

エレベーターホールには、冷水と温水の出るウォーターサーバーが設置されています。

BALI1_DSC_0086

客室は全部で153室あり、日本人ツアー客をはじめ各国の団体客も御用達のホテルです。

BALI1_DSC_0081

団体客がうるさかったとの口コミも見かけましたが、自分達が泊まった時はそのような雰囲気は感じなかったです。むしろ他に宿泊者いるのかな?と思うくらい静かでした(笑)

立地

BALI1_DSC_0119

ホテルの周辺には観光客が利用できそうな飲食店などはないので、このホテルを拠点に台北観光するのは難しいと思います。

BALI1_DSC_0107

ホテルから200mほどの場所には唯一、コンビニのセブンイレブンがあります。このセブンイレブンへは、ホテルの裏口にある橋を渡って行きます。ホテル前の道は交通量が多いので、正面出入口からは歩いて行くことができません。

BALI1_DSC_0114

セブンイレブンまでの道のりは、治安が悪いような雰囲気ではなかったですが夜間は結構暗くなります。こちらの店舗は24時間営業です。

BALI1_DSC_0115

お弁当や総菜、カップ麺、各種ドリンク、アルコール類、お菓子、書籍、生活用品など日本のコンビニと変わらない充実度です。お弁当は200~300円くらいでした。

空港アクセス

BALI1_DSC_0162

ホテルから空港へはタクシーでわずか5分程、混んでいたとしても10分で到着するでしょう。チェックイン時にタクシーを手配しておいたので、翌朝は時間通りにタクシーが待機していました。運転手は基本的に中国語しか話せない人が多いので、ホテルスタッフがやり取りしてくれます。ターミナル1とターミナル2のどちらを利用するのか聞かれると思います。

BALI1_DSC_0165

空港に到着したら「出境大廳/Departure hall」の方向へ進んで下さいね。

icon-hand-o-right 空港からホテルへ向かうタクシーは、メーター制でぴったり150元でした。実際は150元を少しオーバーしたのですが、端数は要らないと言われました。ホテルから空港へ向かうタクシーは、ホテルフロントで手配してもらい200元ちょうどでした。

客室

BALI1_DSC_0080

今回アサインされたのは6階のお部屋です。

BALI1_DSC_0071

一番安いスーペリアルームを予約しましたが、20㎡とまずまずの広さがあります。お部屋は清潔感があり、ビジネスホテルのようにシンプルで機能的です。

BALI1_DSC_0047

クローゼットの中にはハンガーと予備の毛布が入っています。セーフティボックスは付いていませんが、ほとんどの方は寝るだけのホテルですから必要ないのでしょう。

BALI1_DSC_0033

電気ケトル、ミネラルウォーター、コーヒー、ウーロン茶が用意されています。

BALI1_DSC_0127

コンビニで買ってきたカップ麺も食べられましたよ~

BALI1_DSC_0037

冷蔵庫の中には何も入っていないので使いやすいですね。

BALI1_DSC_0069

バスマットと紙製のスリッパもあります。

BALI1_DSC_0137

テーブルとスツール、TVなど。空調は付いているのに何故か扇風機がありました。コンセントの形状は日本と同じAタイプなので、変換プラグがなくても大丈夫です。

BALI1_DSC_0135

無料Wi-Fiの使い方が書かれています。通信速度はわりと良かったように思います。

BALI1_DSC_0075

部屋には小さいバルコニーがあり、目の前は幹線道路となっています。空港に近いので飛行機の離着陸音がうるさいのかなと心配していたのですが、全然気になりませんでしたね。

バスルーム

BALI1_DSC_0066

全体的に設備の古さは感じますが、水回りはリノベーションされているので綺麗です。

BALI1_DSC_0056

アメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、石鹸、ハブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、くし、綿棒と一式揃っています。

BALI1_DSC_0060

ドライヤーは小さいわりに風量強めでよく乾きます。

BALI1_DSC_0064

バスルームはビジネスホテル並みに狭いですが、安いホテルなので仕方ありませんね。

BALI1_DSC_0063

シャワーブースには扉が付いているので、床が水浸しにならずに済みます。スーペリアルームにはバスタブがありませんでした。

朝食・レストラン

BALI1_DSC_0146

朝食時間は6:00~10:00となっています。自分達は朝のフライトだったので10分前に行きましたが、既に開いており数組が食事していました。

BALI1_DSC_0147

朝食ビュッフェは和洋中揃っており品数が豊富でした。白米や漬物、味噌汁といった日本食、点心やお粥などがあります。それほど美味しくはないので、パン・ハム・卵で無難に済ませるのもありでしょう。

BALI1_DSC_0148

ドリンク類はオレンジジュースやクランベリージュース、炭酸ジュース、コーヒーなど。

BALI1_DSC_0150

ケーキなどのスイーツもありました。

まとめ

今回のバリ島旅行は激安の台北乗り継ぎ便だったのですが、乗継便が翌朝のためトランジットホテルに宿泊することにしました。桃園空港内にあったエバーグリーントランジットホテルは営業が終了していたため、空港周辺でトランジットに使えそうなホテルを探しました。

寝られれば十分だったので、ノボテル台北桃園国際空港ホテルオーチャードパークといった選択肢もありましたが、空港から近くて一番安いシティスイーツゲートウェイに宿泊しました。スーペリアダブルルームで朝食付き1泊1室約7,000円でした。台北中心部に宿泊するよりかなり安いのに、設備やサービスがしっかりとしているホテルでしたよ。

名称:シティ スイーツ ゲートウェイ(城市商旅航空館)/City Suites Gateway
星の数:★★★★
住所:桃園県大園郷中正東路442号
アクセス:桃園空港まで車で5分
時間:チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
▼ シティ スイーツ ゲートウェイの宿泊料金を確認する

関連台北の桃園空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!