一番人気のサグラダファミリア攻略!チケットの予約方法と見学アドバイス

この記事をシェアする

バルセロナにあるサグラダファミリアは、スペインで一番の人気を誇る有名観光スポットです。建築家ガウディの最高傑作を一目見ようと、年間を通して世界中から観光客がやってくるため入場チケットの事前予約は必須となります。

今回は実際に訪れた経験をもとに、サグラダファミリアの見学アドバイス、チケットのネット予約方法について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

サグラダファミリアについて

行き方

SPAIN4_DSC_0033

サグラダファミリアへは地下鉄、バス、タクシーでアクセスできますが、観光客にとっては路線網が充実していて分かりやすい地下鉄を利用するのが一番便利だと思います。

地下鉄2号線または5号線のサグラダファミリア(Sagrada Familia)駅下車すぐです。

  • サンツ駅から:5号線に乗って5駅目です。
  • カタルーニャ駅、リセウ駅から:3号線に乗ってパセッチ・ダ・グラシア駅で2号線に乗り換えて3駅目です。

入口

一般の方は生誕のファサードの右側①から入場します。左側は団体客の入口②です。

オーディオガイドの貸出カウンターは、入口の階段を上がったすぐ右手③にあります。

当日券の売り場は、反対側の受難のファサード側④にあります。

開館時間

4月~9月 9:00~20:00
10月と3月 9:00~19:00
11~2月 9:00~18:00
12/25、12/26、1/1、1/6 9:00~14:00

休館日

なし

入場料

入場チケットの種類は5種類ありますが、鐘塔にも登れる1のチケットが一番人気です。塔に登らなくても良いという方は、2または3のチケットになります。

  1. TOP VIEWS 聖堂+塔+オーディオガイド(日本語あり):29ユーロ
  2. BASIC TICKET 聖堂入場のみ:15ユーロ
  3. AUDIO TOUR 聖堂+オーディオガイド:22ユーロ
  4. GUIDED EXPERIENCE 聖堂+ガイドツアー(日本語なし):24ユーロ
  5. GAUDI’S WORK&LIFE 聖堂+オーディオガイド+グエル公園内のガウディ博物館入場チケット:24ユーロ

※11歳未満は入場無料です。30歳未満と65歳以上は割引が適用になりますので、当日は年齢確認のできるパスポート等を持参しましょう。

サグラダファミリアの公式サイトは英語なので、心配な方は日本語で予約できるベルトラを利用するのがおすすめです。
icon-check サグラダファミリアの入場チケットが事前予約できます

所要時間

所要時間は聖堂や塔、地下博物館を一通り見学して約2時間、ゆっくり見学して約3時間が目安となります。塔に上って下りてくるまでは30分くらいでしょうか。

注意事項

  • 聖堂という神聖な場所ですから、過度な肌の露出や帽子を被ることは控えましょう。
  • 大声をあげたり、走ったりなどの迷惑行為は禁止されています。
  • 建物内での飲食や喫煙、撮影時に三脚を使用することは禁止されています。

塔に登る際の注意点

SPAIN4_DSC_0372

  • 塔内部は狭いので、リュックなどの大きな荷物はエレベーター横にあるコインロッカー(返金式)に預けます。
  • 6歳未満の子供、車椅子の方、体が不自由な方は塔に登ることが出来ません。
  • 16歳未満は大人の同伴がなければ塔に登れません。

サグラダファミリアの見学アドバイス

どちらの塔に登るのがおすすめ?

SPAIN4_DSC_0576
SPAIN4_DSC_0502

サグラダファミリアで登る塔は、生誕のファサード側と受難のファサード側のどちらかを選ぶことができます。どちらの塔も行きはエレベーターで上って、帰りは螺旋階段で下ります。塔だけのチケットは販売されていないので、両方の塔に登りたい方は時間をずらして「聖堂+塔+オーディオガイドのチケット」を2枚予約しないといけません。

【生誕のファサード:写真左】
バルセロナ市内の主に東側の景色を眺めることができます。眼下には池のあるガウディ広場が広がり、並木道の先にはサンパウ病院が見えます。受難のファサードとの大きな違いは、見晴らしの良い橋のバルコニーがあることです。安全のためワイヤーで覆われていますが、開放感があり、生命の木の彫刻を間近で見ることができます。ガウディが生きている間に完成させたということもあって、生誕のファサードの方が人気があります。

【受難のファサード:写真右】
バルセロナ市街と海、モンジュイックの丘を眺めることができます。生誕のファサードよりも景色の見える範囲が狭くなっています。途中でイエスの彫刻を間近で見ることができます。

※どちらの塔からも、日本人彫刻家の外尾氏が制作したフルーツの実の彫刻と工事現場は見ることができます。

SPAIN4_DSC_0365
SPAIN4_DSC_0425

当日は、予約時間より少し早めにエレベーター乗り場へ行きましょう。

写真左:建物の東側にある生誕のファサード(Torres Naixement)のエレベーター

写真右:西側にある受難のファサード(Torres Passio)のエレベーター

エレベーターの運行停止について

SPAIN4_DSC_0286

塔に上るエレベーターは雨天や強風、故障などの理由で運行停止になることがあります。運行停止になった場合は、入場料を差し引いた塔の料金が決済したクレジットカードに後日返金されます。どうしても塔に登りたい方は、再度チケットを購入しないといけません…。

塔の内部は石造りの螺旋階段になっていますので、雨が降って床が濡れると滑って危険です。小さな子供や体の不自由な方が塔に登れないのも、この階段が原因でしょうね。

サグラダファミリア攻略ポイント

  1. 冬のオフシーズンは予約しなくても入場できるという情報を見かけますが、時間が限られている旅行者はシーズンを問わず絶対に予約していった方が良いです。
  2. 予約時間は朝早くか午後遅くがおすすめ!団体客のやってくる11時頃から混雑します。
  3. 万が一、事前にネット予約できなかった場合は朝一番で当日券売り場に並ぶこと。
  4. 当日券よりも事前予約の方が安くなります。一番人気の聖堂+塔+オーディオガイドのチケットは事前予約29ユーロ、当日券35ユーロと6ユーロも違うので事前予約がおすすめです。
  5. 飛行機や電車が遅れた場合に備えて、バルセロナ到着日は避けて予約すること。
  6. 絶対に塔へ登りたいという方はエレベーターが運行停止になった場合に備えて、日程に余裕を持たせておくこと。翌日以降に再度チャレンジすれば、登れる可能性はあります。

サグラダファミリアのチケット予約方法

入場チケットの事前予約は、サグラダファミリア公式予約サイトの「Clorian」にて約3か月前から予約することができるのでなるべく早く予約した方が良いと思います。

チケット予約には多少の語学力が必要になります。当サイトを参考にして起こったトラブルや損害に関しては一切責任を負いかねますので、ご自身の責任のもと進めて下さい。

sagrada1

1.チケットの種類を選択

サグラダファミリアの公式予約サイトにアクセスします。

チケットは合計で6種類販売されており、右端の「NEXT」をクリックすると画面が横にスクロールして全てのチケットを見ることができます。予約したいチケットの左下にある、赤いボタンの「Buy」をクリックします。

左から順に、

  1. TOP VIEWS 聖堂+塔+オーディオガイド(日本語あり)
  2. GAUDI’S WORK&LIFE 聖堂+オーディオガイド+グエル公園内のガウディ博物館チケット
  3. GUIDED EXPERIENCE 聖堂+ガイドツアー(日本語なし)
  4. AUDIO TOUR 聖堂+オーディオガイド
  5. BASIC TICKET 聖堂入場のみ
  6. GAUDI HOUSE MUSEUM ※グエル公園内のガウディ博物館チケットなので関係ない

今回は一番人気がある、1. 聖堂+塔+オーディオガイドのチケットで話を進めていきます。

sagrada2

2.予約日と購入枚数を選択

画面左側のカレンダーで予約日、右側で購入枚数を選択します。カレンダーには予約可能な約3か月先までの日付が表示されているので、予約希望日をクリックします。次に購入枚数を選択しますが、大人は「General」になります。また、最大で1人9枚までチケットを購入することができます。予約日と購入枚数を選択したら、画面を下にスクロールしていきます。

  • General 大人:29ユーロ
  • Student 学生:27ユーロ
  • Children under 11 years old 11歳未満:無料
  • Senior シニア(65歳以上):22ユーロ
  • Under 30 years old 30歳未満:27ユーロ

sagrada3

3.聖堂の入場時間を選択

サグラダファミリア(聖堂)への入場希望時間を選択し、画面下の「NEXT」ボタンをクリックします。

sagrada4

4.登る塔の種類とエレベーターの時間を選択

① 登る塔の種類を選択します。Tower on the Passion facadeは受難のファサード、 Tower on the Nativity facadeは生誕のファサードです。ガウディが生きていた時に完成させた生誕のファサードの方が人気があります。

② 塔に上るエレベーターに乗る時間帯を選択します。

③ エレベーターに乗る詳細な時間を選択します。ボタンの色が薄グレーになってクリック出来ない時間は、チケットが売り切れているなどの理由によって予約できません。

全て選択したら、画面下の「ADD TO CART」をクリックします。

sagrada5

5.オーディオガイドの言語を選択

オーディオガイドは10か国語に対応しており、日本語版も用意されています。日本語の「Japanese」を選び、個数を入力したら「ADD TO CART」をクリックします。

sagrada6

すると、先ほどエレベーターの時間を選択した画面に戻るので、「COMPLETE PURCHASE」をクリックして次へ進みます。

sagrada7

6.個人情報の入力

この個人情報の入力画面から予約完了までは、制限時間20分以内で済ませないといけません。画面右上の青で囲った部分が残り時間になります。20分で予約を完了させないと最初からやり直しになるので注意して下さい。

※印の付いている箇所が必須の入力項目になります。

  • Name:名前
  • Email:メールアドレス
  • Repeat your email:確認のためもう一度メールアドレス
  • Country of origin:国籍(Japanを選択)

チェックボックス2か所にレ点を入れて、画面一番下の「PAY」をクリックします。一つ目のチェックボックスは個人情報登録に同意する、二つ目は利用規約に同意するです。

sagrada8

7.クレジットカード情報の入力

使用できるカードはVISA、MASTER、JCBですが、エラーの出やすいJCBは避けた方が良いかもしれません。カード情報を入力したら「ACCEPT」ボタンをクリックします。

  • Card Number:クレジットカード番号
  • Expiry Date(mm/yy):有効期限(月/年)
  • Security Code:セキュリティコード(カード裏面に記載されている3桁の番号)

sagrada9

8.チケットの確認

決済が完了すると、チケットのダウンロード画面に切り替わります。チケットのPDFファイルをダウンロードして、印刷しておきましょう。チケットを複数枚購入した場合は、1枚のPDFファイルにチケットがまとまっているので画面を下にスクロールすると現れます。

予約サイトの「Clorian」からも上記のようなメールが届いていると思うので、添付のPDFファイルを確認して下さい。当日はプリントアウトして持っていかなくても、スマホやタブレットでQRコードをかざして入場することもできます。

まとめ

私達は10月の平日の朝一番に予約したのですが、想像以上に多くの人が並んでいましたね。朝早かったので聖堂内や狭い塔の上でもゆっくり撮影することができ、予約していって良かったなと感じました。やはり団体客がやってくる11時頃からは、サグラダファミリア内部も周辺も大混雑となっていましたよ。
icon-caret-right サグラダファミリアの聖堂内部と塔、ファサードの見どころを徹底紹介!

もし事前にネット予約できなかった場合は、予約代行サイトのベルトラを利用する方法もあります。サグラダファミリアの予約サイトよりは割高になりますが、日本語で予約できるので安心感があります。現地で朝早くに並ぶ手間などを考えれば、それほど高くないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!