プラナカンの趣きを感じるプチ邸宅ホテル!ホテルプリマラッカ宿泊レビュー

この記事をシェアする

マレーシアの古都マラッカで宿泊した、ホテル プリ マラッカをご紹介します。ホテルプリは、独自の文化を育んできた「プラナカン」の邸宅を改装したヘリテージホテルです。中国・マレーシア・ヨーロッパを融合させたプラナカン様式のホテルに滞在することは、マラッカ観光の醍醐味となっています。外資系ホテルとはまた違った華やかさや趣きがあるので、ぜひ一度は泊まってみることをおすすめしますよ。

スポンサーリンク

ホテルプリマラッカ

ホテル プリ マラッカは、マラッカでも有数の人気を誇るヘリテージホテルです。中国から移住してきた男性とマレーシア女性との間の生まれた「ババニョニャ」と呼ばれる子孫たち。彼らによって育まれたプラナカン文化を色濃く感じることができるホテルです。

外観はパステルカラーで可愛らしく、プチホテルのような雰囲気が漂っていました。ゲストルームは全部で92室あり、そのうち10室がスイートルームです。エントランスの間口は狭く、奥行きはなんと100mもある面白い造りになっています。

エントランスとレセプションの間には、天窓から光が差し込むプラナカンホールがあります。

ホールにはヨーロッパのタイル床や、中国のアンティークな調度品が飾られています。

特に目を引いたのが、こちらの黒檀のイス。細かな貝がびっしりとはめ込まれており、木の艶やが非常に美しかったです。

陶器の置物も色合いが素敵ですね。

プラナカンホールは、このように吹き抜けになっていて明るいです。

建物内は複雑な構造をしているので、ちょっとした迷子になるかも。3階建てのホテルですが、エレベーターはありませんでした。

レセプションの奥は、まるで博物館のようにたくさんのアンティークが飾られています。壺、置物、家具、水彩画など、趣きが感じられる品がずらり。

ヒストリールームには、交易で栄えたマラッカの歴史を垣間見れる展示もありました。こうやってホテル内を歩き回るだけでも楽しいですね。

立地

ホテル プリ マラッカは、プラナカン様式の邸宅が建ち並ぶヒーレンストリートに面して建っています。写真映えする建物ばかりなので、散策するだけでも充分に楽しめますよ。

マラッカ観光の中心地であるオランダ広場へは、徒歩8分ほどで行けます。

中国寺院の青雲亭をはじめ、ヒンドゥー寺院やモスクなどがあるチャイナタウン観光にも便利な立地にあります。

旅行者に大人気の「ジオグラファーズカフェ」もすぐ近くにあります。古民家を利用したカフェで、オーガニック食材の地元料理を頂くことができます。

客室

今回アサインされたのは、広さ17㎡のスタンダードルームです。正直かなり狭かったのですが、調度品はプラナカンらしさを感じられて雰囲気が良かったですよ。

ただ、ベッドマットレスは非常に寝心地が悪く、室内が綺麗に掃除されていないのはさすがに残念でした。Wi-Fiは無料で、エアコンの効きは良かったです。コンセントはBF型ですが、枕元のみ日本のコンセントがそのまま挿せるマルチコンセントでした。

ベッド足元には、デスク、テレビ、ミニバー、折り畳み式バゲージラックがあります。クローゼットはなく、ハンガーフックのみ備わっていました。

ミニバーには、電気ケトル、コーヒー、紅茶(マレーシア特産のBOHティー)、無料のミネラルウォーター2本が用意されています。

セーフティボックス、1000Wのミニドライヤー、予備の枕、紙製のスリッパ。

バスルームも狭く、タオル類はバスタオルしかありませんでした。

アメニティはリンスインシャンプー、シャワージェル、石鹸、ハブラシ、シャワーキャップが用意されています。

ハンドシャワーはなんとお湯が出ず、さすがに熱帯マレーシアでも寒かったです…。

朝食・レストラン

朝食会場は、ガーデン内にある素敵な雰囲気のカフェ・レストランです。建物はこのガーデンを囲むように建っており、滝や池があって涼しげでした。

昼間も営業していて、お手頃価格でマレーシア料理が頂けますよ。

朝食時間は7:00~10:30。開放的な雰囲気の中で、清々しく朝食を頂くことができました。

メニューはマレーシア料理とパンが中心で、品数は少ないです。宿泊料金を考えると、味も品数も妥当ではないでしょうか。

他のホテルと違い、独自のニョニャ料理が食べられて良かったです。

一風変わったニョニャスイーツなどもありましたよ。

エッグステーションとヌードルステーションがあるので、シェフに頼めば好きなものを作ってもらえます。

まとめ

今回はスタンダードルームに、朝食付き1泊1室約4,000円で宿泊しました。格安なので多くは求められませんが、スタッフの態度や客室のメンテナンス面はぜひ改善してもらいたいです。ただホテルプリに限らず、雰囲気が売りのヘリテージホテルには、シティホテルのような快適さがないのは当然だと思います。不便さを分かった上で宿泊し、部屋のグレードを上げるとより満足度が高くなるのではないでしょうか。

名称:ホテル プリ マラッカ/Hotel Puri Melaka
星の数:★★★
住所:118 Jalan Tun Tan Cheng Lock, 75200 Melaka
アクセス:オランダ広場徒歩8分
時間:チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
▼ ホテル プリ マラッカの宿泊料金を確認する

関連マラッカのおすすめホテル10選!観光に便利でコスパの良いホテルは?

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!