ソフィア王妃芸術センターの見どころと無料入場レポート

この記事をシェアする

マドリードにあるソフィア王妃芸術センターは、ピカソのゲルニカが展示されていることで有名な美術館です。20世紀の現代アート作品を多数所蔵しており、特にピカソ、ダリ、ミロの三大巨匠の名画は見逃せません。鉄道と地下鉄のアトーチャ駅前に位置しているので、アクセスが非常に良いです。プラド美術館へは歩いて10分程なので、二大美術館のはしごもできます。

またソフィア王妃芸術センターは素晴らしいことに、通常は10ユーロの入場料がかかるところ、平日夜間と日曜午後は無料で入場することができます。今回は、実際に無料入場してきた様子とソフィア王妃芸術センターの見どころ、ネット予約についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ソフィア王妃芸術センターについて

開館時間

月曜、水曜~土曜 10:00~21:00
日曜 10:00~19:00 ※14:30~はゲルニカなどの有名作品が展示されているサバティーニ館の2階と他一部の展示室しか見学することができません。

休館日

火曜日、1/1、1/6、5/1、5/15、11/9、12/24、12/25、12/31

入場料

  • 大人:10ユーロ
  • 子供(18歳未満)、シニア(65歳以上):無料
  • パセオ・デル・アルデ・カード(ソフィア王妃芸術センター、プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館の入場券セット):29.60ユーロ

無料入場できる時間

月曜、水曜~土曜 19:00~21:00
日曜 14:30~19:00
※5/18、10/12、12/6は終日無料入場できます。

所要時間

有名作品だけを鑑賞するなら1時間、サバティーニ館だけなら2時間、サバティーニ館と新館の両方を見学するなら3時間以上が目安となります。

施設案内

  • セキュリティチェック:入場時には、荷物のX線検査と金属探知機の検査があります。
  • ロッカー:館内には30×30cm以上の荷物を持ち込めませんので、大きな荷物や傘はコインロッカー預けましょう。
  • オーディオガイド:1台4.5ユーロで音声ガイドを貸し出しています。6言語に対応していますが、残念ながら日本語版ガイドはありません。
  • ミュージアムショップ:美術館公式グッズや書籍などを扱うショップがあります。営業時間は月曜・水曜~土曜が10:00~20:45、日曜が10:00~18:45、火曜定休です。
  • カフェ・レストラン:新館の0階にあります。営業時間は9:00~翌2:00、金曜・土曜が9:00~翌2:30です。

注意事項

  • 館内での写真撮影は許可されていますが、ピカソのゲルニカなど一部作品は撮影不可です。フラッシュ撮影と三脚の使用は禁止されています。
  • 館内での飲食、喫煙、ペットの持ち込み、作品に触れることは禁止されています。
  • 閉館15分前には展示室より退場となります。

ソフィア王妃芸術センターのチケット予約

ソフィア王妃芸術センターの公式サイトから事前にネット予約すれば、一人につき0.90ユーロの予約手数料がかかりますが、当日窓口でチケット購入するよりも1.10ユーロ安くなります。ただし日時指定が必要で、支払方法はクレジットカードのみです。

基本的にソフィア王妃芸術センターは、無料入場の時間以外は行列に並ぶことは少ないと考えていいでしょう。もし混雑していてもそれほど並ばずに入場できるので、ネット予約するメリットはあまりないかもしれません。また、無料入場には事前予約の必要はありません。

ソフィア王妃芸術センターの見取り図

spain5_DSC_0073

ソフィア王妃芸術センターは、サバティーニ館(Sabatini Building)と新館のヌーベル館(Nouvel Building)に分かれています。サバティーニ館には1階~4階までの4フロア、新館には0階~3階までの4フロアがあります。有名作品はサバティーニ館に展示されていますので、よほどの美術好きでない限り新館には行かなくてもいいと思います。

spain5_DSC_0070

新館の0階には、入口、チケット売り場、インフォメーションカウンター、コインロッカー、オーディオガイド貸出カウンター、ミュージアムショップ、カフェ・レストランがあります。

spain5_DSC_0071

サバティーニ館の1階には、入口、チケット売り場、インフォメーションカウンター、コインロッカー、オーディオガイド貸出カウンター、ミュージアムショップ、中庭、展示室の第101室~第103室・第105室があります。

新館1階の第104室では企画展が行われています。

spain5_DSC_0072-1

サバティーニ館の2階には、展示室の第201室~第210室があります。三大巨匠のピカソ、ダリ、ミロなどの有名作品は2階に展示されているので、時間がない場合はこのフロアだけ見学するといいでしょう。

 icon-hand-o-right サバティーニ館の3階と4階にも展示室があります。現代美術の巨匠の一人と言われているアントニ・タピエスの有名作品「灰色のマチェールの重ね合わせ」と「ブルーと4本のレッドストライプ」は4階に展示されてます。

ソフィア王妃芸術センターの必見作品15選

ソフィア王妃芸術センターには、20世紀を中心とした現代美術作品がテーマ別に展示されています。ピカソ、ダリ、ミロの三大巨匠の作品はどれも素晴らしいものばかりですが、なんといってもピカソの「ゲルニカ」は絶対に見逃せない作品です。縦3.5m、横7.8mもある巨大な作品で、バスク地方にあるゲルニカという町が空爆を受けた時の様子が描かれています。

ダリとダリの妻が描かれている「偉大なる手淫者」、絵画なのに文字が描かれているミロの「カタツムリ、女、花、星」など、必見作品15点を紹介していきます。

museosofia1

第206室 パブロ・ピカソ作 ゲルニカ
出典:http://www.museoreinasofia.es/en

SPAIN1-1_DSC_0075

第201室 パブロ・ピカソ作 青衣の女

SPAIN1-1_DSC_0042

第210室 パブロ・ピカソ作 静物(死んだ小鳥)

SPAIN1-1_DSC_0041

第210室 パブロ・ピカソ作 フルーツボウル

SPAIN1-1_DSC_0069

第205室 サルバドール・ダリ作 偉大なる手淫者

SPAIN1-1_DSC_0071

第205室 サルバドール・ダリ作 透明人間

SPAIN1-1_DSC_0073

第205室 サルバドール・ダリ作 ヒトラーの謎

SPAIN1-1_DSC_0052

第207室 サルバドール・ダリ作 窓辺の少女

SPAIN1-1_DSC_0054

第207室 サルバドール・ダリ作 後ろ向きに座る女

SPAIN1-1_DSC_0065

第202室 ジョアン・ミロ作 パイプをくわえた男

SPAIN1-1_DSC_0048

第209室 ジョアン・ミロ作 パームツリーのある家

museosofia2

第206室 ジョアン・ミロ作 カタツムリ、女、花、星
出典:http://www.museoreinasofia.es/en

SPAIN1-1_DSC_0046

第208室 フアン・グリス作 海を前にしたギター

SPAIN1-1_DSC_0039

第210室 フアン・グリス作 バイオリンとギター

SPAIN1-1_DSC_0035

第210室 フアン・グリス作 ジョゼット・グリスの肖像

ソフィア王妃芸術センターの無料入場レポート

SPAIN2_DSC_0436
SPAIN2_DSC_0005

続いては、ソフィア王妃芸術センターに無料入場した様子をお伝えしていきたいと思います。ソフィア王妃芸術センターは、スペイン鉄道レンフェのアトーチャ駅と地下鉄のアトーチャ駅が最寄り駅になります。

SPAIN2_DSC_0427

無料入場すると帰りが21時頃になるので、地下鉄に乗ってホテルへ戻るのが心配でした。そこで今回は、ソフィア王妃芸術センターの隣という最強の立地にある、ホテル メディオディアに宿泊しました。

ホテル予約サイトでホテル メディオディアの宿泊料金を比較してみる
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

SPAIN2_DSC_0646

ソフィア王妃芸術センターはサバティーニ館と新館に分かれており、南側にある新館はガラス張りでモダンな建物です。

SPAIN1-1_DSC_0022

ホテルメディオディアの客室から見下ろした北側のサバティーニ館です。入口の左右には、ガラス張りのエレベーターが設置されている特徴的な建物です。ちょうど無料入場が始まる19時頃には、無料入場を待つ行列が出来ていました。

SPAIN2_DSC_0651

サバティーニ館の前は広場になっており、公共のレンタサイクルスタンドなどがあります。

SPAIN2_DSC_0664

入口の前には巨大な彫刻のモニュメントが立っています。

SPAIN1-1_DSC_0023

入ってすぐ左手にチケット売り場があります。チケット売り場は閉館30分前まで(日曜は13:30まで)営業しています。無料入場開始から15分ほど時間をずらすと、行列は解消されていてチケット売り場もガラガラでした。

SPAIN5_DSC_0065
SPAIN5_DSC_0069

チケット売り場に行くと、0ユーロと記載された入場チケットが手渡されます。

SPAIN1-1_DSC_0082

チケット売り場の近くには、インフォメーションカウンター、オーディオガイド貸出カウンター、コインロッカー、ミュージアムショップがあります。

SPAIN1-1_DSC_0083

ミュージアムショップの「ラ・セントラル」です。新館にもミュージアムショップはありますが、こちらのサバティーニ館のショップの方が品揃え豊富です。

SPAIN1-1_DSC_0024

元々は病院だった建物なので、天井が高く廊下も長いです。

SPAIN1-1_DSC_0027

サバティーニ館は中庭(パティオ)にも芸術作品があるので、絵画鑑賞の合間に休憩がてら立ち寄ってみてください。中庭は綺麗に手入れされており、1階の回廊に出入口があります。

SPAIN1-1_DSC_0025

ジョアン・ミロ作の「月の鳥」

ミロは同じデザインの彫刻作品をいくつか残しているのですが、そのうちの一点です。

SPAIN1-1_DSC_0029

動く彫刻(モビール作品)の第一人者である、アレクサンダー・カルダー作の「カルメン」

SPAIN1-1_DSC_0031

ちょうど紅葉の時期だったので、木々の葉は黄色に色づいていました。

SPAIN1-1_DSC_0077

上階へは、あの特徴的なガラス張りのエレベーターで上がります。

SPAIN1-1_DSC_0085

1階と2階をメインに見学し、約1時間半ほどで一通りの名画を鑑賞することができました。外に出るとすっかり日が暮れており、建物は綺麗にライトアップされていました。

館内はそれほど混雑していませんでしたが、やはり「ゲルニカ」の前にはたくさんの人だかりが出来ていました。そしてソフィア王妃芸術センターは作者別ではなく、テーマ別に作品が展示されているので、お目当ての作品が探しづらいなと感じました。あらかじめ有名作品だけでも、どの部屋で展示されているのか把握しておくと良いかもしれません。

まとめ

今回の旅では、ソフィア王妃芸術センターでピカソの「ゲルニカ」を見ることも大きな目的でした。旅の時間と予算を有効に使いたかったので、無料入場できる夜間に見学しました。

マドリードは昼間の治安は良いのですが、朝や夜はあまり治安が良くないので、夜出歩いたり地下鉄に乗るのが心配でした。そこで今回は、ソフィア王妃芸術センターの隣にあるホテル メディオディアに宿泊することにしました。見学が終わると21時頃と夜遅くなりましたが、安心してホテルに戻ることができました。

マドリードの二大美術館であるソフィア王妃芸術センターとプラド美術館に夜間入場する方は、両方の美術館から歩いて行けるアトーチャ駅付近のホテルに宿泊するのがおすすめです。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!