スリアKLCCってこんなトコ!レストラン・フードコート・スーパーを要チェック

この記事をシェアする

スリアKLCCは、クアラルンプールのシンボルであるペトロナスツインタワーの真下にあるショッピングセンターです。テナントには国内外の有名ブランドショップやレストランをはじめ、伊勢丹や紀伊國屋書店も入っています。KLCC公園や水族館が隣接しており、観光ついでに立ち寄るには最適なスポットです。

私達はスリアKLCCそばのトレーダースホテルに泊まっていたため、ランチやディナーで利用していました。今回は実際に訪れて分かった、スリアKLCCのおすすめレストランとフードコート、ショップ・スーパー・両替所について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

スリアKLCCのショップ・スーパー

スリアKLCCは、C、G、1、2、3、4階の全6フロアから構成されています。吹き抜けのセンターコートを中心にして東西に通路が伸びており、東側のアンパンモール、西側のラムリーモール、中央のセンターコート、中央南側のパークモールの4つのエリアに分かれています。

スーパーマーケットはC階、フードコートは2階と4階にあります。スリアKLCCの営業時間は10:00~22:00、最寄駅はLRTのKLCC駅です。

KLCC駅は、C階の東側アンパンモールに直結しています。それでは、C階のKLCC駅側から順にショップを紹介していきたいと思います。

スリアKLCCに入ると、まず最初にレストランや両替所などがあります。

次に、チャールズ&キースヴィンチーといったショップが見えてきます。チャールズ&キースはシンガポールのファストファッションブランド、ヴィンチーはマレーシアのシューズブランド。どちらも手頃な価格で、お洒落なアイテムが手に入るとあって人気があります。

左手奥に見えるのは、伊勢丹の食品フロアISETANフードマーケット。価格は少々高めですが、新鮮な野菜・肉・魚の他に、日本食材も豊富に取り揃えています。和食の惣菜やお弁当、パッケージセンスの良い食品土産も扱っているので、旅行者にとっても便利な存在です。

そのままアンパンモールを真っ直ぐ歩いて行くと、センターコートが見えてきます。

センターコートにはコンシェルジュ(インフォメーションカウンター)があるので、フロアマップをもらっておくと便利です。

天井を見上げると、センターコートはC階から4階まで巨大な吹き抜けになっていることが分かります。

館内は明るく広々としているので、快適にお買い物が出来る雰囲気でした。

C階パークモールには、ユニクロも入っています。常夏のマレーシアでも、普通にヒートテックやダウンが売られているんですね(笑)

ユニクロの向かい側には、大手スーパーのコールドストレージがあります。こちらも伊勢丹フードマーケットのような高級志向のスーパー。

スリアKLCCの核テナントとなっているのが、マレーシア系のパークソン百貨店と日本の伊勢丹です。

パークソン百貨店はG、1、2階、伊勢丹はC、G、1、2、3、4階に展開しています。

続いては、地上階にあたるG階へやってきました。ペトロナスツインタワーがあるのは、センターコート北側のエントランスになります。

ツインタワーのチケット売り場と入口は、北エントランスのF1カーを目印にすると良いです。F1カーの両サイドにあるエスカレーターを下ると、チケット売り場がありますよ。

北エントランスを出ると、綺麗な噴水広場になっています。

ペトロナスツインタワーは、クアラルンプールのシンボル的存在である現代イスラム建築のタワーです。近くで見るともの凄い迫力があり、夜になるとキラキラと輝いて幻想的な雰囲気になりますよ。

反対側にある南エントランスを出ると、自然いっぱいのKLCC公園があります。ここでは無料の噴水ショーが毎晩行われているので、時間がある方はぜひ立ち寄ってみて下さい。

公園側から見たツインタワーもすごく綺麗でした。

1階ラムリーモールにあるロイヤルセランゴールは、ピューター製品の世界的ブランド。ピューターのマグカップやタンブラーは、マレーシアの定番土産なんですよ。

3階アンパンモールのノーズは、マレーシアの人気シューズブランド。ヴィンチーと並ぶ人気店で、靴だけでなくバッグも充実しています。

4階パークモールには、紀伊國屋書店が入っています。クアラルンプール最大規模の書店で、海外書籍だけでなく日本の書籍も数多く取り揃えています。

スリアKLCCのレストラン

ナンドス

スリアKLCCのレストランは主にC階や4階に集まっているので、C階から順に紹介していきます。こちらのナンドスは、KLCC駅近くのC階アンパンモールにあります。ペリペリチキンが看板メニューのお店で、スパイスが効いたチキンに絶品の特製ソースをかけて頂きます。

ニョニャカラーズ

ナンドスの向かい側にあるニョニャカラーズは、マレーシアの人気カフェチェーン店。マレー料理と中華料理がミックスしたニョニャ料理&スイーツが、手頃な価格で食べられます。

シークレットレシピ

C階ラムリーモールのシークレットレシピは、マレーシア発のカフェチェーン店。マレー料理が手頃な価格で頂けるので、ニョニャカラーズと同じくらい色んな場所で見かけます。

ザ・コーヒービーン&ティーリーフ

2階ラムリーモールのザ・コーヒービーン&ティーリーフは、ロサンゼルス発のコーヒーチェーン店。3階ラムリーモールにはスタバも入っていますが、クアラルンプールではスタバよりもコーヒービーンの方が人気そうな感じを受けましたね。

オールドタウンホワイトコーヒー

2階パークモールのオールドタウンホワイトコーヒーは、マレーシアNo.1のコーヒーチェーン店。クアラルンプールで一番見かけたお店と言ってもいいぐらい、あちこちにあります。フードメニューが充実しており、手頃な価格でマレー料理や美味しいコーヒーが頂けます。

許留山

4階センターコートの許留山は、香港発マンゴースイーツの有名チェーン店。マンゴーをたっぷりと使用したスイーツは、種類も豊富なので目移りしてしまいます。

マダムクワンズ

4階ラムリーモールのマダムクワンズは、代表的なマレー料理が頂ける人気レストラン。店内はお洒落で雰囲気が良く、ランチやディナー時は行列が出来るほどです。味付けもマイルドで食べやすく、ナシレマやフィッシュヘッドカレーが人気メニューとなっています。

リトルペナンカフェ

4階センターコートのリトルペナンカフェは、一風変わったペナン料理がリーズナブルに食べられるレストランです。ランチやディナー時はいつも混雑する人気店で、ミッドバレーにも支店があります。

私達がちょっと早いディナーで訪れた時も、ご覧のように満席状態でした。ただメニューの種類が絞られている分、回転率は早いように感じましたね。

ペナン島の名物料理であるアッサムラクサ(15RM)は、辛くて酸っぱいシーフード麺です。サバやアジでダシを取ったスープに、魚フレークや香草などのトッピングがのっています。私達は好物なのですが、好き嫌いがはっきりと分かれる料理かも(笑)

プラウンミー(15RM)は、濃厚なエビラーメンと表現すれば分かりやすいでしょうか。ちょっと辛めでしたが、スープにはエビのダシがしっかりと出ていましたよ。

ニョニャフライドチキンセット(19RM)は、おかずとご飯がワンプレートにのったメニューです。外側がパリッと揚がったチキンと、切干大根風の付け合わせが美味しかったです。

食後のデザートは、マレーシアのかき氷アイスカチャン(7.20RM)です。アイスカチャンはお店によってトッピングが違いますが、ここのはピーナッツが多めで、上にコーンペーストがのっていました。

スリアKLCCのフードコート

シグニチャーズフードコート

スリアKLCCのフードコートは、2階と4階にあります。2階パークモールにあるシグニチャーズフードコートは、どちらかと言えば日本食や中華などのインターナショナルフードが集まっているフードコートです。

ワンコインもあればお腹いっぱい食べられるとあって、ご覧のようにランチやディナー時は満席状態になります。

ラサフードアリーナ

4階アンパンモールにあるラサフードアリーナは、どちらかと言えばローカルなマレーシアフードが集まっているフードコートです。

どちらのフードコートも清潔感があるので、安心して食事ができます。現地の雰囲気を感じながら食事をしたいけれど、屋台街で食べるのは抵抗があるという方にもおすすめですよ。

スリアKLCCの両替所

スリアKLCCの両替所は、C階とG階に2か所ずつあります。C階はアンパンモールのALINOOR MONEY CHANGERと、ラムリーモールのWESTERN UNIONです。

G階はセンターコートで向かい合って営業している、Vital RateCIMB FOREXです。この中では、Vital Rateのレートが良くて人気がありそうでした。

スリアKLCCとブキッビンタンを結ぶウォークウェイ

KLCCとブキッビンタンは隣り合ったエリアなのですが、電車だと乗り換えが必要なので実は移動が不便なんです。そこで登場したのが、KLCCとブキッビンタンを結ぶ高架歩道ウォークウェイ(スカイウォーク)です。

ウォークウェイの全長は約1km、KLモノレールのラジャチュラン駅やショッピングセンターのパビリオンからKLCCまで繋がっています。通行できる時間は、6:00~23:00です。

ウォークウェイの中は少しだけクーラーが効いているので、屋外よりは快適に歩けます。

KLCCと書かれた方向へしばらく歩いて行くと、エスカレーターがあるので下ります。

すると、コンベンションセンターの入口があります。

中に入ると、アクエリア(KLCC水族館)があります。

両替所やフードコートを横目に歩いて行きます。ここのフードコートはいつも混んでいたので、たぶんローカル御用達の穴場スポット。

スリアKLCCに到着したかと思いきや、ゴールはもうちょっと先。「To Suria KLCC」と書かれた看板の方へ歩いて行きます。

すると、コンベンションセンターとスリアKLCCを結ぶ地下通路があります。

案内通りに右へ曲り、通路を歩いて行きます。

ブキッビンタンからは、15分ほどでスリアKLCCへ到着しました!ちょうどC階のユニクロあたりに繋がっていましたよ。

まとめ

スリアKLCCは、KLCCエリアに滞在した方やツインタワー観光に訪れた方が、食事や買い物をするには便利なスポットだと思います。夜遅くまで営業していますし、このエリアは治安が良いので、観光した後でもゆっくりと見て回れるのが良いですね。

そしてツインタワーには登るだけでなく、向かい側に建つトレーダースホテルから楽しむというテクニックもあるんですよ。私達もタワービューのお部屋に宿泊しましたが、キラキラと輝くツインタワーを真正面から眺めることができて凄く良かったです。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!