好立地なのにクラブルームが格安で泊まれる!インピアナKLCCホテル宿泊レビュー

この記事をシェアする

クアラルンプールで宿泊したインピアナ KLCC ホテルをご紹介します。中心部のKLCCとブキッビンタン地区の中間に位置する、コスパ最高のホテルです。KLCCとパビリオンを結ぶ高架歩道「ウォークウェイ」に直結しているので、どこへ移動するにも便利でした。好立地なのに、専用ラウンジが利用できるクラブルームに安く泊まれるのも魅力です。高級ビジネスホテルのような雰囲気なので、一人旅にもおすすめできるホテルですよ。

スポンサーリンク

インピアナ KLCC ホテル

インピアナ KLCC ホテルは、クアラルンプールコンベンションセンター(KLCC)に隣接する4つ星ホテルです。KLCC地区とブキッビンタン地区の両方に歩いて行けるため、食事・買い物・観光にとても便利な立地にあります。

最寄り駅は、KLモノレールのラジャチュラン駅です。

インピアナホテルは、KLCCとブキッビンタンのショッピングセンター「パビリオン」を結ぶ、全長約1kmの高架歩道ウォークウェイ(スカイウォーク)に直結しています。ラジャチュラン駅からはウォークウェイを歩いてホテルへ向かいます。

少し歩くと分岐点がありますから、ここをKLCC方面の左へ曲がります。

しばらく真っ直ぐ歩いて行きます。ウォークウェイの中は少しだけクーラーが効いていたので、屋外よりは快適に歩けました。

次にKLCCへ向かう分岐点がありますが、ここは「IMPIANA KLCC HOTEL」と書かれた左へ曲がります。

すると、ホテルの入口に到着しました。屋根が付いているので、雨の日でも快適に歩けるのが良いですね。ウォークウェイが通行できる時間は、6:00~23:00です。

インピアナホテルは25階建ての新館と旧館があり、ゲストルームは全519室あります。ロビーは大理石張りでシャンデリアが飾られていたりと、高級ビジネスホテルのような雰囲気でした。宿泊客はビジネスマンが多いので、お一人様でも気兼ねなく泊まれるかと思います。

エレベーターはカードキーがないと作動しないので、セキュリティは万全です。また、ホテルではショッピングセンターの「スリアKLCC」へ向かう無料シャトルバスを運行しています。運行時間は月曜~金曜の7:45、8:30、9:30です。

ホテルからスリアKLCCまでは、もちろん徒歩で行くこともでき5分ほどです。ブキッビンタンのパビリオンまでは10分ほどで行けますよ。

客室(クラブデラックスルーム)

今回はアサインされたのは、新館12階のクラブデラックスルームです。専用ラウンジが利用できるクラブルームに、無料でアップグレードされました。部屋の広さは37㎡あり、室内はビジネス客向けの機能的な造りになっています。

今回はキングベッド1台のお部屋ですが、シングル2台のツインルームもあります。枕元にはピローメニューが用意されており、自分好みの枕を選べます。

ベッド足元にはロングテーブルがあるので、荷物をたくさん置くことができました。SHARP製のテレビとDVDプレーヤーが備わっています。

ワークデスクとヘッドレスト付きチェア。生花が飾られていたり、ウェルカムフルーツが用意されていたりと、おもてなしの心が感じられました。

デスク横には日本のコンセントがそのまま挿せるマルチコンセント、BF型コンセント、有線LANポートが備わっています。Wi-Fiは無料、マルチコンセントは枕元にもあり便利でした。

オットマン付きソファ、スーツ&スラックス用ハンガー。

バスルームはガラス張りで丸見えですが、シェードカーテンで隠すこともできます。隣の部屋の物音が聞こえたので、壁は若干薄いのかな?エアコンの効きは良かったです。

ミニバーには電気ケトルとアイスペール。冷蔵庫はしっかりと冷えました。

コーヒー、紅茶(マレーシア特産のBOHティー)、無料のミネラルウォーター2本が用意されています。

クローゼットには、ハンガー、バスローブ(浴衣のような生地)、スリッパ、靴磨き、ヘルスメーター、アイロン、アイロン台、セーフティボックスが入っていました。バゲージラックはスーツケースが2個分置ける大きさだったので、使いやすかったです。

私達の部屋からは、ツインタワーが見えました。

向かい側に見えているのは、5つ星ホテルのグランドハイアットです。インピアナホテルよりも高級感があり、リゾート感いっぱいのプールが素敵です。予算に余裕があれば、こちらのホテルに泊まってみても良いかもしれませんね。

そして17時頃には、フルーツが追加でもう一皿サービスされました。二人じゃちょっと食べきれない量…(笑)翌朝にはマレーシアの新聞がお部屋に届けられたりと、格安なのに色々なサービスが受けられてちょっと驚きですね。

バスルーム

バスルームは明るく、広々としています。バスタブは日本人も入りやすい大きさで、ハンドシャワー付き。ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、拡大鏡、ティッシュ、ドライヤーが備わっています。

シャワーブースは独立していたので、使い勝手が良かったです。ハンドシャワーとレインシャワーの両方があり、水圧と温度は問題ありませんでした。トイレットペーパーは可愛い花柄。

アメニティはハンドソープ、バスソープ、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、ハブラシ、シャワーキャップ、カミソリ、綿棒、爪やすり、ソーイングセットが用意されています。

ホテル予約サイトでインピアナ KLCC ホテルの宿泊料金を確認してみる
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

プール

プールとスパは4階にあり、プールの利用時間は6:00~22:00です。水深は1.3mなので、日本人も入りやすい深さ。小さなプールですが、一応インフィニティプールになっていました。

プールベッドは充分な数があり、プールバーも併設されています。

プールからはツインタワーが眺められます。

ビルに囲まれているので、ここのプールは夜の方が素敵な雰囲気でしたよ。

ジムは最上階の25階にあり、利用時間は6:00~22:00です。

クラブラウンジ

クラブルーム宿泊者専用のクラブラウンジは、15階にあります。利用時間は7:00~23:00で、ドレスコードはカジュアルスマートです。

ラウンジ内はインターネット無料(制限なし)なので、PCを持ち込んで仕事されている方が多かったですね。

軽食をつまみながら、読書や仕事がはかどりそうな雰囲気です。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは15:00~17:00。スイーツを中心に、サンドイッチなどの軽食が用意されています。

ドリンクはコーヒーやジュース、高級紅茶のロンネフェルトもありました。

イブニングカクテル

イブニングカクテルは17:30~19:30で、この時間帯が最も混雑していました。

前菜やホットミールなど、ディナーにもなりそうなメニューがずらりと揃っています。

スイーツやカットフルーツも。

ビールやワイン、ウィスキー、ウォッカなどアルコールも充実。マレーシアはお酒が高い国なので、これはお得ですね。

朝食

朝食はクラブラウンジまたは1階レストランのどちらで食べてもOKなので、私達はクラブラウンジで頂きました。朝食時間は7:00~10:30(土日祝日は11:00)です。

品数は思ったよりも充実していて、クラブラウンジでも満足な朝食となりました。

パン、サラダ、チーズをはじめ、マレー料理や中華なども用意されています。シェフに頼めば、オムレツや目玉焼きも作ってもらえますよ。

和食も少しだけありました。クアラルンプール滞在中は色々なホテルで味噌汁を飲みましたが、ここの味噌汁が一番美味しかったです。

カットフルーツやドライフルーツ、シリアルなども。

まとめ

今回はアップグレードされて、ツインタワービューのデラックスルームルームに朝食付き1泊1室約9,000円で宿泊しました。安かったのであまり期待していなかったのですが、想像していたよりも高級感がありサービスが充実してるホテルでした。

私達は運良く無料でクラブルームに宿泊できましたが、通常でも13,000円~で宿泊できます。他のホテルよりも5,000円近くはクラブルームに安く泊まれるので、穴場ホテルだと思います。お部屋からしっかりツインタワーを見たいという方は、少し高いですがトレーダースホテルもおすすめですよ。

ホテル情報・予約

インピアナ KLCC ホテルの宿泊料金を確認する
icon-check Expedia  icon-check Hotels.com  icon-check agoda

ホテル名インピアナ KLCC ホテル
Impiana KLCC Hotel
星の数★★★★
住所13 Jalan Pinang, Kuala Lumpur
アクセスKLモノレール ラジャチュラン駅徒歩10分
LRT KLCC駅徒歩15分
時間チェックイン 14:00/チェックアウト 12:00
マレーシアの首都クアラルンプールは、5つ星ホテルに世界で一番安く泊まれる都市として知られています。シンガポールのように近代的な都市でありながらも、ホテル代は驚くほどリーズナブル。中...
スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!