ソウルの仁川空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方

この記事をシェアする

韓国の首都ソウルの玄関口である仁川(インチョン)国際空港は、サービスの質や利便性の高さから、毎年行われる世界の空港ランキングで常に上位にランクインしている空港です。首都圏だけでなく、札幌・仙台・新潟・広島・福岡・沖縄といった多くの地方空港とも直行便を結んでおり、日本の22都市からアクセス可能となっています。

ソウルにて乗り継ぎが必要な便は、直行便と比べて時間はかかりますが航空券代が安いのが魅力です。また地方在住者にとっては、成田や関空で乗り継ぐような感覚で利用できるので、非常に使い勝手が良いのもポイントです。

ここでは海外の空港での乗り継ぎが初めてという方にも解りやすいよう、仁川空港の乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

仁川空港での乗り継ぎ方法

今回は大韓航空の札幌→ソウル→ベトナムのハノイ線を利用した例を紹介します。
日本人も多く利用する仁川空港では、日本語の案内表示があちこちにあります。乗り継ぎ方法といっても案内通りに進むだけですから、何も難しいことはありませんよ。

日本出発~ソウル到着

DSCN0006

まず日本出発時の搭乗手続きについてですが、最終目的地までの搭乗券が発券されます。乗継便の搭乗ゲートはこの時点で決まっている場合もあれば、決まっていないこともあります。仁川空港に着いたら、発着掲示板にて搭乗ゲートを必ず確認してください。

海外空港の乗り継ぎでは、受託手荷物について心配される方も多いでしょう。ほとんどの場合、受託手荷物は最終目的地まで運ばれるので、仁川空港で受け取ることはありません。異なるエアラインに乗り継ぐ場合など特殊なケースの方は、搭乗手続きの際に地上係員に確認するといいでしょう。

仁川空港に到着後は「Transfer」の案内通りに進む

DSCN0009

ソウル到着後、飛行機を降りたらすぐに「International Transfer/国際線乗り継ぎ」と書かれた看板がありますので、案内通りに進むだけです。

DSCN0016

案内通りに進むと、突き当たりが保安検査場になります。

Point!仁川空港はターミナル1とサテライトターミナルに分かれています。大韓航空やアシアナ航空はターミナル1、日本航空や全日空はサテライトターミナルから発着します。
サテライトターミナルに到着した場合は、スターライン(無料のシャトルトレイン)に乗ってターミナル1まで移動し、上記と同じように「International Transfer」の案内に従って保安検査場へ向かいましょう。

保安検査場にて手荷物検査を受ける

DSCN0022

保安検査場に着いたら、乗り継ぎ搭乗券とパスポートを用意して列に並びましょう。諸事情で乗り継ぎ便の搭乗券を持っていない場合は、eチケットを提示すればOKです。
ペットボトルなどの飲料類はここで没収されてしまうので注意してくださいね。

出国フロアの3階へ上がる

DSCN0026

保安検査を終えると目の前にエスカレーターがありますので、出国フロアの3階へ上がります。「Departures/出発」と案内があるのですぐに分かります。

DSCN0028

3階の出国フロアへ上がってきたところです。

搭乗ゲートへ向かう

DSCN0044

続いては、発着掲示板にて乗継便の搭乗ゲートを確認します。仁川空港は広いので搭乗ゲートを間違えると引き返すのが大変です。早めの行動を心がけ、チケットに記載されているボーディングタイムには搭乗ゲートに居るようにしましょう。

DSCN0048

仁川空港は免税店やレストラン等がとっても充実しています。夢中になっているうちに搭乗時間ギリギリにならないよう注意してくださいね!

乗継便の搭乗券を持っていない場合

珍しいケースだとは思いますが、日本でのチェックイン時に乗継便の搭乗券を発券してもらえない場合があります。

自分達の場合は目的地のハノイに台風が接近していたため、乗継便の搭乗券を発券してもらえませんでした。仁川空港に着いたら乗り継ぎカウンターにて、運航状況を確認してほしいとのことでした。

保安検査場を通過し出国フロアの3階へ上がったら、乗り継ぎカウンターを探し、チェックインを済ませ、搭乗券を発券してもらうだけです。

乗り継ぎカウンターの場所

DSCN0045

3階の出国フロアに到着したら、4階の乗り継ぎカウンターへ向かいます。
「Transfer DeskBとTransfer DeskC」と大きく看板が出ているので、すぐに分かると思います。大韓航空はデスクB、アシアナ航空はデスクCになります。

DSCN0038

ここからエスカレーターで4階へ上がります。

チェックイン手続きと発券

DSCN0039

4階へ上がるとすぐに乗り継ぎカウンターがあります。こちらは大韓航空のデスクBです。
欠航するのではないかとヒヤヒヤしましたが、無事にチェックインでき発券してもらえました。この後はまた3階に下り、搭乗ゲートに向かうだけです。

DSCN0034

こちらはもう一つの乗り継ぎカウンターC(アシアナ航空)になります。
乗り継ぎカウンターBとCはどちらも4階にあるのですが、行き来できないようになっています。それぞれの看板通りに4階へ上がってくださいね。

トランジットの過ごし方

仁川空港は「アジアのハブ空港」と呼ばれるだけあって、乗り継ぎ客を飽きさせないための施設やサービスが充実しています。乗り継ぎ時間が長い場合は、以下で紹介する空港施設や韓国に一時入国といった方法で時間を潰すことができますよ。

空港施設内で過ごす場合

DSCN0041-1

出国フロアの3階から4階へ上がると、トランジット客用の施設が揃っています。4階は東と西のエリアに分かれており、東西を行き来することはできませんが、同じ施設が同じレイアウトで配置されています。このフロアには先ほど紹介した乗り継ぎカウンターもあります。

無料シャワー

上記マップの①の場所が無料のシャワー室になります。入口には「Free Shower」と書かれており、営業時間は7:00~21:30です。タオルは無料で貸してもらえ、ドライヤーも無料で使用できます。

休憩エリア

②のREST AREAにはリクライニングチェアが設置されているので、誰でも横になって休むことができます。

インターネットコーナー

③のインターネットコーナーには、無料で利用できるパソコンが設置されています。

マッサージ

インターネットコーナーにはなんと無料のマッサージチェアまで設置されています。しっかりと施術を受けたい場合は、④の有料マッサージ店もあります。

トランジットホテル

⑤は国際線乗り継ぎ客専用のホテル、インチョン エアポート トランジット ホテルです。東館と西館があり、搭乗ゲートに近い方に宿泊することができます。滞在時間は12時間と24時間のどちらかを選ぶことができ、宿泊料金は約13000円~となっています。

韓国伝統文化センター

出国フロアの3階には、韓国の伝統文化を体験できる施設があります。無料の工芸体験コーナーでは、日替わりで版画や絵付け、紙工芸、螺鈿細工など、20~30分で工芸品作りが楽しめます。営業時間は7:00~21:00、ちょっとした時間潰しにぴったりですね。

韓国に一時入国する場合

DSCN0014

韓国に一時入国したい場合は、通常の乗り継ぎでは必要のない出入国カードを機内で貰う必要があります。出入国カードには、韓国での滞在先欄にTransitまたはTransferと記入します。

Point!飛行機を降りたら「Immigration/入国審査」と書かれた方向に進みます。入国審査場ではパスポートと出入国カードを用意し、「Foreign Passport/外国籍」の列に並びましょう。受託手荷物は最終目的地まで運ばれるので、「Baggage Claim/手荷物受取所」は素通りして大丈夫です。

個人でソウル観光

ソウル市内までは一番早い鉄道を利用して、片道約1時間かかります。
例えばソウル市内に焼肉を食べに行きたい場合は、空港~市内の往復約2時間+食事タイム1時間+出入国審査の2時間=最低でも5時間は必要です。
ただ5時間だと相当慌ただしい行動になりますから、トラブル防止のためにも6~7時間以上は必要となってくるでしょう。

無料トランジットツアー

個人で市内に出るほどの時間がなくても、無料のトランジットツアーに参加すれば気軽にソウル観光を楽しむことができます。

 icon-hand-o-right 入国審査場の手前に2か所トランジットツアーデスクがあり、ここではパンフレットを貰えたり、詳しい説明を聞くことができます。
ツアーの申し込みは、旅客ターミナル1階中央のトランジットツアーデスクにて行ないます。

  • 1時間:龍宮寺お寺ツアー(龍宮寺のみ訪問)
  • 2時間:仁川お寺ツアー(仁川大橋、仁川広域市立博物館または仁川上陸作戦記念館、興輪寺)
  • 3時間:仁川文化ツアー(新基市場、仁川都護府庁舎)
  • 3.5時間:仁川都市ツアー(仁川大橋、月尾公園、新浦市場)
  • 5時間:ソウル都市ツアー(清渓川または曹渓寺、景福宮、仁寺洞通り ※火曜日は景福宮が定休日のため昌徳宮を訪問)
  • 5時間:ソウル文化ツアー(東大門デザインプラザ、昌徳宮 ※月曜日はソウル都市ツアーとなります)
  • 5時間:ソウルショッピングツアー(明洞、南山韓屋村 ※火曜日はソウル都市ツアーとなります)

開催時間やツアー詳細については、仁川空港公式サイトをご覧ください。

まとめ

仁川空港の魅力は、まるで国内の空港で乗り継ぐような感覚で利用できる点でしょう。誰でも安心して利用できるので、海外乗り継ぎのデビューにはぴったりの空港です。

また、空港施設内には無料のサービスが充実しているので、乗継時間が長い場合でも快適にトランジットの時間を過ごせそうですね。快適すぎて次の飛行機に乗り遅れないよう、くれぐれも注意してくださいね!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ソウルの仁川空港での乗り継ぎ方法とトランジットの過ごし方
この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!