ハワイ・ホノルルのおすすめ観光スポット12選!観光・グルメ・買い物を楽しもう

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ホノルルのスーパーマーケット

続いてはハワイ観光のお楽しみ、ショッピングやグルメについて紹介していきます。ブランド品の免税ショッピングもいいですが、何でも安く手に入るスーパーマーケット巡りも欠かせませんよね!

1軒目に紹介するフードパントリーは、ワイキキを代表するスーパーです。主要なホテルからは歩いて行ける便利な立地にあるため、旅行者なら一度はお世話になるはず。野菜や肉・魚などの生鮮食品をはじめ、お酒や日用品、ビーチグッズまで幅広い品揃えとなっています。

コココーブはカラカウア通りに面したコンビニで、デリコーナーが充実しています。ワイキキにはこの他にも、ABCストアローソンといった個性豊かなコンビニがあるので使い分けるといいでしょう。

ロングスドラッグスは、スーパーのような品揃えのドラッグストアです。マカダミアナッツやチョコレート、コーヒーといったハワイの定番土産が格安で購入できます。

フードランドファームズは、アラモアナセンターの1階にあるオーガニックスーパーです。オシャレな店内には、こだわりのオーガニック商品がずらりと並んでいます。デリコーナーが充実しており、量り売りのランチボックスコーナーはバランスのよい食事がとれると人気です。

ウォルグリーンは、アラモアナセンターの向かい側にあるドラッグストア。大きなデリ・飲食コーナーがあり、これまではオアフ島中部の「ドールプランテーション」でしか食べられなかったパイナップルソフトクリームを扱っているのが特徴です。

ウォルマートは、安さと品揃えが武器の大型ディスカウントスーパーです。倉庫のような店内には商品が山積みされており、いかにもアメリカっぽい雰囲気が漂っています。定番土産が底値に近い価格で購入でき、マカダミアナッツチョコレートの品揃えはNo.1です。

お馴染みのドンキホーテは、なんとハワイにも進出しています。日本の食料品や医薬品が手に入るので、日本人の駆け込み寺のような存在となっているんです。日本人好みのお土産もたくさん扱っており、ハワイの定番土産が最安値クラスで買えるのも魅力です。

ホノルルの格安グルメスポット

ハワイには美味しいグルメがたくさんある一方で、食事代が高くついてしまうのが悩ましいところ。安くて美味しいお店も利用しながら、上手に出費を抑えるのがおすすめです。リーズナブルにお腹いっぱい食べられるお店をいくつかピックアップしました。

スーパーやコンビニのデリコーナーで簡単に手に入るポキ丼は、ホテルでの部屋食にもぴったりの一品。特にコココーブとフードランドファームズのポキコーナーがおすすめです。

庶民派グルメの代表格であるハンバーガー、本場のものは一味も二味も違います。100%ビーフを使用したパテは、ハンバーガーとは思えないほどの肉肉しさ!テディーズビガーバーガーやマハロハバーガーが、手頃で美味しいと評判です。

ハワイに行ったらステーキは外せませんが、ステーキプレートランチなら安く気軽に食べられます。10~15ドル程度が相場で、ハイステーキやステーキシャック、チャンピオンステーキ&シーフードあたりが人気店です。

爆発的なヒットとなったヘルシースイーツ、アサイーボウルも欠かせません。一番人気のアイランドヴィンテージコーヒーのほか、トロピカルトライブやハワイアンクラウンプランテーションも一押しです。

今やハワイグルメの代名詞ともなったパンケーキ。そんなパンケーキブームの火付け役であるエッグスンシングスには、本場の味を求めてたくさんの観光客がやってきます。ベタではありますが、本店のサラトガ店で食べるストロベリーホイップパンケーキは格別ですよ(笑)

食べたいものが見つからない時は、ショッピングセンターのフードコートへ足を運んでみましょう!特にアラモアナセンターロイヤルハワイセンターのフードコートは、安い・美味い・ボリュームたっぷりの3拍子が揃ったお店ばかりです。

アラモアナセンターには、白木屋(シロキヤ ジャパン ビレッジ ウォーク)という日本食の店が集まるフードコートもあります。名物の1ドルビールを片手に、サクッとつまんでもいいかもしれませんね。

カイルアビーチパーク・ラニカイビーチ

最後にご紹介するのは、オアフ島の東海岸に位置するカイルアタウンです。ハワイで最も美しいと言われるカイルアビーチラニカイビーチがあり、ビーチ・グルメ・ショッピングが楽しめるとあって近年注目を集めている街なんですよ。

ワイキキからはバスで約1時間ですから、日帰りで気軽に行けるのも魅力です。アラモアナセンターから57番または57A番バスに乗りカイルアタウンの中心へ。そこから70番バスの乗り換えれば、カイルアビーチとラニカイビーチに到着です。

ラニカイビーチは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海が広がる絶景のビーチ!ワイキキビーチとは比べ物にならないほど、サラサラのホワイトサンドと海の透明度を誇っています。まさに「ラニカイ=天国の海」という名前がぴったりのビーチですね。

カイルアビーチパークは、ラニカイビーチから歩いて10分ほどの場所にある同じくらい綺麗なビーチです。カイルアタウンの中心部から比較的近いため、写真だけ撮りに来ている観光客の姿もちらほらと見かけます。

カイルアビーチパークには、トイレ・シャワー・更衣室などの施設が整っていて便利です。穴場的な雰囲気を楽しむならラニカイビーチですが、ビーチで遊びやすいのはカイルアビーチパークの方でしょうか。

カイルアタウンのスーパーマーケット

カイルアタウンは小さい街ながらも、徒歩圏内にスーパーマーケットが充実しているのが魅力です。その中でも人気なのが、オーガニックスーパーのホールフーズマーケットです。ヘルシーブームを牽引するスーパーで、ここに来ればハワイの最新トレンドが押さえられます。

オシャレな店内には地元産の野菜やフルーツ、自然派フードやコスメなど、体に優しいオーガニック商品が豊富に揃っています。デリコーナーが充実しているのも魅力で、店内にあるイートインスペースで食べることもできます。

ダウントゥアースは、ハワイにしかない完全ベジタリアンのオーガニックスーパーです。動物性のものは一切置いていないという徹底ぶりで、断トツの安心感があります。他店では見かけないような商品も扱っており、ヘルシーなベジタリアンデリも要チェックですよ。

2015年にオープンしたターゲットは、なんでも売っているディスカウント百貨店のようなスーパーです。チョコレートやコーヒーなどの定番土産が最安値で購入できるほか、センスの良いキッチン雑貨やホーム用品が手に入ります。

ターゲットの向かい側には、カイルアで一番人気のパンケーキ店「ブーツ&キモズ」があります。看板メニューのマカダミアナッツ・パンケーキを目当てに、いつも行列が出来ています。待ち時間が長いようであれば、ターゲットで時間を潰すのもいいですね。

この他にも、セーフウェイやタイムス、ロングスドラッグス、フードランドなど人気スーパーが目白押し!丸1日かけて、じっくりとカイルア観光を楽しんでみて下さいね。

まとめ

ハワイでもホノルルを中心に観光するなら、やはりワイキキに宿泊するのが便利です。特にシェラトンワイキキは一等地にあり、1、2の人気を争う理由が分かるホテルでしたね。少し予算を抑えるなら、おすすめはシェラトンプリンセスカイウラニでしょうか。

私達はクヒオ通り周辺にあるリーズナブルなホテルに泊まりましたが、次回はワイキキビーチ沿いのホテルにも泊まってみたいなと思いました。観光に出掛ける日は安いホテル、ゆっくりする日は高級ホテルと使い分けてみてもいいかもしれませんね。

<<前ページ ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、パールハーバー…

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!