グラナダ観光と移動に便利!ホテルポサダデルトロ宿泊レビュー

この記事をシェアする

グラナダでは、街の中心部にあるヌエバ広場近くのホテルポサダデルトロに宿泊しました。ヌエバ広場周辺にはカテドラルなどの観光スポット、バルやレストランといった飲食店があるので便利な立地にあります。また、アルハンブラ宮殿行きのミニバス停留所や市内循環バスのLAC停留所が近くにあるので、交通アクセスも良いホテルです。

スポンサーリンク

ホテルポサダデルトロ

SPAIN2-1_DSC_0627

ホテルポサダデルトロは、客室数が全15室のアットホームな3つ星ホテルです。薄ピンクの壁とバルコニーが可愛らしく、グラナダの街並みに溶け込んだ外観をしています。

SPAIN3_DSC_0292

レセプションはこじんまりとしていますが、対応してくれた女性スタッフはとても感じが良い人で暖かく迎え入れてくれました。

SPAIN5_DSC_0090

親切にグラナダの地図もくれて、ホテルの場所や街の説明をしてくれましたよ。

SPAIN3_DSC_0291

建物の真ん中には、アンダルシア地方特有のパティオ(中庭)があります。朝食会場となるレストランは中庭に面しているので、晴れていれば中庭で朝食を取ることもできます。

SPAIN3_DSC_0290

中庭は吹き抜けになっているので明るく気持ちが良いです。植物や陶器がナチュラルな感じで飾られており、小さな噴水もあります。床には白と黒の丸石が植物の模様に敷き詰められていて素敵なデザインになっています。

SPAIN3_DSC_0286

ホテルの内装には木細工やタイル装飾をふんだんに用いており、グラナダやアルハンブラ宮殿を意識した造りになっています。

SPAIN3_DSC_0300

よく見ると、エレベーターホールの壁や天井もデザインが統一されているんですよね。細かいところまでよく気配りされていると思います。

SPAIN3_DSC_0279

各フロアの手すりのデザインや壁紙の模様からもセンスの良さが感じられますね。

立地

ホテルポサダデルトロは、世界遺産に登録されているアルバイシン地区にあります。かつてはイスラム教徒が暮らしていた地区で、エキゾチックな雰囲気が漂うカルデレリア・ヌエバ通りもすぐそばにあります。ヌエバ広場まで約2分、イサベル・ラ・カトリカ広場とカテドラルまでは約3分という好立地にあるホテルです。

SPAIN3_DSC_0294

ホテル前にあるエルビラ通りは観光客で賑わっています。

SPAIN3_DSC_0295

エルビラ通りを北に2分ほど歩くと、スーパーのCOVIRANがあります。小さい店舗なのですが、中心部にある貴重なスーパーなので結構混んでいます。店先には「22時以降はアルコール類を販売していません」との張り紙がありましたのでご注意を。

SPAIN2-1_DSC_0518

グラナダ観光の拠点となるヌエバ広場です。ヌエバ広場の周辺には飲食店や土産物店、ホテル、タクシーやバスの乗り場などがあり、観光に一番便利な場所です。

ホテルポサダデルトロの他にも、ヌエバ広場周辺にあるおすすめホテルを紹介しています。
関連アルハンブラ宮殿観光にも最適!グラナダのおすすめホテル10選

SPAIN2-1_DSC_0567

イサベル・ラ・カトリカ広場からは、アルハンブラ宮殿行きのアルハンブラバスが発着しています。路線番号はC3で、運行間隔は8分と頻発しています。

アルハンブラ宮殿観光を重視するのであれば、宮殿近くのホテルに泊まるのもおすすめです。私達は当日券を購入するために、宮殿入口のすぐそばにあるホテルにも宿泊しました。
関連アルハンブラ宮殿すぐそば!グラナダのアリサレスホテル宿泊レビュー

SPAIN3_DSC_0317

カテドラルの前には、市内を循環する大型バスLACの停留所があります。ここから長距離バスの発着するグラナダバスターミナルへ行くことができます。

客室

SPAIN3_DSC_0250

今回予約した部屋は、一番安い15㎡のダブルルームです。トランクは余裕で二つ広げられたので、思っていたよりも狭くありませんでした。

SPAIN3_DSC_0254
SPAIN3_DSC_0256

室内は茶色の調度品でまとめられており、デスク、イス、テレビと最低限の設備が備わっています。クローゼットの中には予備の毛布と枕、ハンガーが入っています。

SPAIN3_DSC_0260

デスクの下には冷蔵庫が備え付けられています。

SPAIN3_DSC_0262

この広さなのにソファとバゲージラックもあり、壁にはアルハンブラ宮殿のコマレス宮の絵が飾られています。コンセントは適度な数があって、部屋では無料Wi-Fiが使えます。

バスルーム

SPAIN3_DSC_0265

バスルームは結構広めで、明るく清潔感があります。

SPAIN3_DSC_0266
SPAIN3_DSC_0275

シャワールームはブースになっているので、水しぶきが気になりません。シャワーヘッドは固定式と可動式の二種類があったので使い勝手が良く、水圧と温度も良好でした。

SPAIN3_DSC_0273
SPAIN3_DSC_0270

壁のタイルや洗面台のデザインがとっても可愛らしいです。洗面台横には、拡大鏡が付いているのでメイクやシェービング時に便利ですね。ドライヤーは風量多めで乾きが良かったです。

SPAIN3_DSC_0268

トイレには便器が二つ並んでいますが、左側が普通の便器です。右側の蛇口が付いている方は「ビデ」というお尻や足を洗う場所になります。

レストラン・朝食

SPAIN3_DSC_0311

1階にあるレストランが朝食会場になります。レストランの内装も色とりどりのタイルやステンドグラス、木細工で装飾されていて素敵な雰囲気です。

SPAIN3_DSC_0310

朝食はコンチネンタルブレックファストなので種類は少なめです。ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュースなどが用意されています。

SPAIN3_DSC_0309

個包装されたクロワッサンやチョコデニッシュなどの菓子パン。

SPAIN3_DSC_0306

シリアルやグラノーラ、普通の食パンもあります。ジャムやイベリコ豚のパテといったパンに塗るものが充実しています。

SPAIN3_DSC_0307

ゆで卵、チーズ、ハム、ヨーグルト、フルーツなどもあります。

まとめ

ホテルポサダデルトロの近くには、人気のバルがたくさんあるのでバル巡りも楽しめました。グラナダのバルでは、お酒を頼むとタパスが無料で付いてくる「ただタパ文化」があるので安くバル巡りできるのが魅力です。また、翌朝はセビリアに移動したのですが、ホテルの近くにグラナダバスターミナル行きのバス停があったのでスムーズに移動することができました。

今回はダブルルームに、朝食付き1泊1室約8,500円で宿泊しました。日によっては朝食付き1泊1室約6,500円~とリーズナブルに泊まることができます。ロケーションやホテルの雰囲気を考えると、朝食付きでこの価格ならコストパフォーマンスが高いと思います。

名称:ホテル ポサダ デル トロ/Hotel Posada Del Toro
星の数:★★★
住所:Elvira 25, 18010 Granada
アクセス:ヌエバ広場徒歩2分、カテドラル徒歩3分
時間:チェックイン 13:00/チェックアウト 12:00
▼ ホテル ポサダ デル トロの宿泊料金を確認する
スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!