釜山のおすすめグルメスポット!西面・南浦洞・海雲台で美味しいお店はどこ?

この記事をシェアする

港町である韓国・釜山は、ソウルとは一味違ったグルメを食べられるのが魅力です。豚肉スープのデジクッパ、冷麺のミルミョン、タコ鍋のナッチポックンなど、美味しいご当地グルメがいっぱい!獲れたばかりの新鮮な魚介類も安く食べられちゃいます。

今回はご当地グルメを提供するレストラン・食堂を中心に、釜山のおすすめグルメスポットを紹介していきます。西面(ソミョン)、南浦洞(ナンポドン)、海雲台(ヘウンデ)エリアの行きやすいお店ばかりなので、食べ歩きが存分に楽しめますよ。

スポンサーリンク

西面(ソミョン)エリアのおすすめグルメ

①松亭3代クッパ ②浦項デジクッパ ③慶州朴家(クッパプ) ④キジャンソンカルグクス ⑤ケミチッ 西面店 ⑥ユガネ 西面本店 ⑦捕盗庁 ⑧ソルビン 西面店

松亭3代クッパ

釜山グルメの代表格と言えば、豚骨スープご飯のデジクッパです。繁華街の西面にある「デジクッパ横丁」にはデジクッパの有名店が軒を連ねており、食べ比べを楽しむにはぴったりのスポット!中でも人気の3軒を紹介していきますが、いずれも24時間営業なので時間を気にせず行けるのが嬉しいです。

1軒目に紹介する松亭3代クッパは、デジクッパ横丁の1番人気店です。店内は食堂のような雰囲気で、優しくてパワフルなおばちゃま達が切り盛りしています。

壁に貼られたメニュー表には、日本語も表記されているので分かりやすいです。一番スタンダードなメニューはデジクッパプ(豚肉クッパ)で、他にもネジャンクッパプ(豚の内臓クッパ)やスンデクッパプ(豚の腸詰めクッパ)などがあります。

私達も定番のデジクッパプ(6,000₩)をオーダー。土鍋の豚骨スープ中には、白米と豚肉のスライスが入っています。付け合わせで出てくる韓国味噌やアミの塩辛、ニラなどを入れて、自分好みの味に整えていきます。豚骨の臭みも少なく、あっさりと食べやすかったですよ。

浦項デジクッパ

2軒目に紹介する浦項デジクッパは、松亭3代クッパの2軒隣にあります。

韓国や日本のテレビ取材も多く、かつては番組で宮根さんが来店したこともあるそうです。

朝早い時間に訪れたので、店内は空いていてゆっくりと食事ができました。

メニュー表には、日本語も表記されているので分かりやすいです。スタンダードなメニューは「デジクッパ」と「タロクッパ」です。土鍋の中にあらかじめ白米が入っているのがデジクッパ、別で出てくるのがタロクッパなので、お好みで選びましょう。

1品目はタロクッパ(6,000₩)をオーダーしました。スープには味が付いていないので、調味料とニラはどっさり入れるのがおすすめ。味変えに手作りキムチを入れるのもgood。全然脂っぽくないので、朝からぺろりと完食してしまいました(笑)

もう1品はボリューム満点、茹で豚肉定食のスユクベクバソ(8,000₩)をオーダーしました。トロトロに煮込まれた豚肉は、チャーシューみたいで絶品!野菜に包んで付けダレで食べたり、スープに入れて食べたりとお好みで召し上がります。

慶州朴家(クッパプ)

3軒目に紹介する慶州朴家は、松亭3代クッパと浦項デジクッパの間にあります。ガイドブックにもよく載る有名店で、メニューは先に紹介した2軒と同じような感じです。どのお店も美味しいですし、ソウルでは食べられない釜山の名物グルメなので、ぜひデジクッパの食べ比べを楽しんでみて下さいね!

キジャンソンカルグクス

キジャンソンカルグクスは、デジクッパ横丁の対面にあるカルグクス(韓国式うどん)屋さんです。西面市場の一角で営業しており、地元の常連さんで常に賑わっています。もちもちした手打ち麺とあっさりダシの効いたスープが特徴で、1杯4,000₩と手頃なのが魅力。汁なしのカルグクスも選ぶことができ、のり巻きのキンパ(1,500₩)も人気メニューですよ。

ケミチッ 西面店

ケミチッは市内に数店舗ある、釜山式ナッチポックン(タコ鍋)のお店です。ナッチポックンはソウルと釜山では調理法が全く違うのが特徴で、ソウルでは「激辛のタコ炒め」なのに対し、釜山では「ピリ辛のタコ鍋」という面白い料理なんです。

店内は明るく清潔感があり、客層は観光客が多いように感じました。西面店は24時間営業なので、時間を気にせず行けるのが良いですね。

メニュー表には、日本語も表記されているので分かりやすいです。タコ炒め(7,000₩)、タコエビ炒め(8,000₩)、タコホルモンとエビ炒め(9,000₩)がスタンダードなメニューです。〆のうどんも人気ですが、必ずご飯とおかずが付くので結構お腹いっぱいになります。

タコ炒めをオーダーすると、テーブルに鍋が運ばれてきて店員さんが調理してくれました。見た目はかなり辛そうなので不安になりましたが、外国人も食べやすい辛さになっていました。魚介のダシが効いていて、やみつきになる美味しさ!おかずのナムル、ニラ、韓国のりを混ぜれば、ビビンバ風にもなりますよ。

ユガネ 西面本店

釜山発祥のユガネは、韓国全土で展開するタッカルビの人気チェーン店です。タッカルビとは、鶏肉と野菜をコチュジャンベースの甘辛いタレで炒めたもの。見た目ほど辛くないので食べやすく、7,500₩~と手頃な価格で頂けるのが魅力です。目の前で店員さんが調理してくれるので、ビールを飲みながら待っているだけでOK(笑)

捕盗庁

西面の繁華街にある捕盗庁は、安くて美味しいと評判の焼き肉屋さんです。一本路地に入ったところにありますが、店先には謎の人形が置かれているのですぐに分かると思います。甘辛い豚焼肉「デジカルビ」が看板メニューで、サムギョプサルやチゲ鍋も人気。辛いものが苦手な方でも食べやすく、ビールがゴクゴクすすむ美味しさです。

ソルビン 西面店

ソルビン(雪氷)は、フワフワかき氷が有名なスイーツチェーン店です。日本にも上陸して話題になっていましたが、実は釜山発祥なのをご存知でしたか?普通のかき氷とは違い、凍らせた牛乳を削って作られる氷はきめ細かく、口の中であっという間に溶けてしまいます。

店内は地元客と観光客で、ご覧のような賑わいぶり。女性同士やカップルだけでなく、男性同士でもたくさん来店しているのには驚きましたね。

ソルビンの看板メニューである、きなこ餅かき氷(7,000₩)をオーダー。きなことアーモンドが香ばしく、お好みで練乳をかければ美味しさ倍増!かき氷にしてはちょっと高いなと感じますが、二人でシェアして食べる大きさなのでコスパは悪くないですよ。

南浦洞(ナンポドン)エリアのおすすめグルメ

①ソムジンガン ②済州家 南浦洞店 ③釜山チョッパル ④ハルメカヤミルミョン ⑤ソルビン 本店 ⑥コルモクケジャン

ソムジンガン

ソムジンガンは南浦駅から5分ほどの場所にある、シジミ料理の専門店です。釜山はシジミの産地である河東から近いので、シジミスープのジェチョッも名物の一つなんです。

店内は明るく清潔感があり、テーブル席とお座敷に分かれていました。朝7時から夜8時まで営業しているので、朝食にもおすすめです。壁に貼られたメニュー表には日本語も表記されており、定番メニューはシジミスープ定食(8,000₩)とシジミビビンバ(10,000₩)。

私達はシジミスープ定食をオーダーしたのですが、シジミスープ、ご飯、野菜の盛り合わせ、おかず8品というあまりのボリュームに驚きました。白く濁ったスープには、小さなシジミがたっぷりと入っており優しい味わい。サバと大根の煮付けは甘辛い味がしっかりと染み込み、ナムルやキムチも手作りでとても美味しかったですよ。

済州家 南浦洞店

済州家は、済州島から取り寄せた海鮮がリーズナブルに食べられる人気店です。看板メニューのアワビ粥(10,000₩)には、アワビの切り身と肝がたっぷりと入っていて濃厚。優しい味わいなので朝食にもぴったりです。ここが本店で、西面のロッテホテル裏手と海雲台ビーチにも支店がありますよ。

釜山チョッパル

国際市場の近くにある「チョッパル横丁」には、チョッパル=茹で豚足のお店が立ち並んでいます。中でも人気なのが、釜山名物ネンチェチョッパルの元祖である釜山チョッパルです。

普通のチョッパルはスライスした豚足と付けダレが出てくるのに対し、ネンチェチョッパルは豚足、きゅうり、クラゲ、玉子をさっぱりダレで和えているのが特徴です。冷やし中華のような味がするので、豚足を食べたことがない方でも食べやすいと思います。

ハルメカヤミルミョン

ハルメカヤミルミョンは、釜山名物の冷麺ミルミョンの専門店です。お店は少し奥まった所にありますが、看板にはひらがなで店名が書かれているのですぐに分かります。

店内は清潔感があり、お洒落なので観光客も入りやすい雰囲気でした。釜山の冷麺はそば粉ではなく小麦粉を使っているのが特徴で、「汁ありのミルミョン」と「汁なしのビビンミルミョン」があります。ビビンミルミョンはかなり辛いので、汁ありのミルミョンがおすすめ。

私達はミルミョンの大サイズ(6,000₩)をオーダーしました。もちもちとした麺の上には、タレ、きゅうり、玉子、豚肉がのっています。辛いのが苦手な方は、スープに溶かすタレを調整すると良いでしょう。スープには氷が入っているので、暑い夏にもぴったり!

一緒にマンドゥ5個入り(3,500₩)もオーダーしてみました。マンドゥはニラがたっぷりと入った韓国式の餃子。喉越しが良い冷麺と合わせて、ぺろりと完食してしまいました(笑)

ソルビン 本店

ソルビンは西面エリアでも紹介した、フワフワかき氷が有名なスイーツチェーン店です。韓国内だけでも数百店舗を展開していますが、ここ南浦洞店がソルビンの本店になります。

さすが本店なだけあって、店内はものすごく混雑していました。ビルの2階と3階が店舗になっているので、空席がなければ3階へ行ってみましょう。

今回はマンゴーチーズケーキかき氷(10,000₩)をオーダーしました。ジューシーなマンゴーと、角切りチーズケーキのコラボがたまりません!一番人気はきなこ餅かき氷ですが、イチゴやメロンかき氷も人気でしたね。

コルモクケジャン

コルモクケジャンは、南浦洞からは少し離れた釜山駅の近くにあるお店です。ワタリガニの醤油漬け「カンジャンケジャン」が、リーズナブルに頂けるとあって人気があります。

店内は清潔感があり、手が汚れないようにフィンガーキャップが用意されていました。

私達は晩御飯の時間に訪れましたが、平日のランチタイム(11:30~14:00)はさらに安くカンジャンケジャンが食べられるのでおすすめです。カニだけでなく、エビやアワビの醤油漬けもおすすめ。

今回はカンジャンケジャン(特)13,000₩をオーダー。醤油が染み込んだカニは、ぷりっとしていてご飯が何杯でもすすむ美味しさ!カニのダシがしっかり出たカンジャンチゲなど、おかずもたっぷり付いてきますよ。

>>次ページ 海雲台エリアのおすすめグルメ

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!