ブリュッセルのおすすめ格安グルメスポット!人気のワッフル店とムール貝レストラン

この記事をシェアする

美食の街として知られるブリュッセルでは、ムール貝などのシーフード、人気スイーツのワッフル、ベルギー発祥のフライドポテトといったグルメを楽しめるのが魅力です。美味しいグルメがたくさんある一方で、欧州では外食費がかさんでしまうのが悩ましいところ。きちんとしたレストランと格安のお店を使い分けて、予算を抑えてみてはいかがでしょうか。

今回は、ムール貝やワッフルが食べられるレストラン・カフェを中心に、安くて美味しいブリュッセルのおすすめグルメスポットを紹介します。いずれのお店もブリュッセル中心部にあるので、観光やショッピングのついでに食べ歩きが楽しめますよ。

スポンサーリンク

ブリュッセルのおすすめグルメスポットの地図

①シェ レオン ②ザ ロブスター ハウス ③Le Bourgeois ④ノールドゼー メール ド ノール ⑤デリリウム カフェ ⑥Grimbergen Bruxelles Cafe ⑦レストラン ミン ⑧メゾン ダンドア ティールーム ⑨ゴーフル ドゥ ブリュッセル ⑩レ フナンブル ⑪ヴィタメール カフェ ⑫フリットランド ⑬ベルジアン フリットン トースト ⑭エクスキ ブルス広場店 ⑮エクスキ アゴラ広場店 ⑯エクスキ 南駅店

ブリュッセルのおすすめレストラン・バー

シェ レオン(Chez Leon)

ベルギーを代表する名物料理と言えば、ムール貝の白ワイン蒸しです。ブリュッセルでは新鮮なムール貝が一年中手頃な価格で楽しめるので、訪れたらぜひ食べてもらいたい一品です。ムール貝を食べるなら、グランプラスから歩いてすぐの場所にある「イロサクレ地区」のブシェ通りがおすすめ!この通りには、シーフード料理のレストランが軒を連ねています。

中でも有名なのが「シェ レオン」というレストラン。ブリュッセルのレストランと言えばココ!というぐらい観光客に人気があります。人気メニューは、ムール貝、サラダ、フライドポテト、ビールのセット(約35ユーロ)です。営業時間は11:30~23:00と遅くまでやっていますが、時間帯によっては満席の場合もあるのでご注意を。

ザ ロブスター ハウス(The Lobster House)

ザ ロブスター ハウスは、同じくブシェ通りにあるシーフードレストランです。ギャルリーサンチュベールのすぐ横にあり、ロブスターの絵が描かれた看板が目印。呼び込みの店員さんが面白い方だったので、つい釣られて入店しちゃいました(笑)

店内はこじんまりとしていますが、なかなか良い雰囲気。シェレオンよりも手頃な価格で食事できるせいか人気があり、ランチタイムでも結構混んでいましたね。

1品目はムール貝、フライドポテト、ビールのセット(12ユーロ)をオーダー。山盛りになったムール貝は、これで一人前という驚きのボリューム! 白ワインで蒸してあるので臭みもなく、セロリがいいアクセントになっています。シンプルな塩味なので、これだけ量があっても一気に食べられちゃいましたね。

2品目はシーフードパエリア、フライドポテト、ビールのセット(15ユーロ)をオーダー。ムール貝、エビ、イカなど魚介の旨味がご飯に染み込み、とっても美味しかったです。付け合わせのフライドポテトは揚げたてホクホクでしたよ。

Le Bourgeois

Le Bourgeoisは、シェレオンの向い側にあるシーフードレストランです。ブシェ通りにあるムール貝が食べられるレストランの中では、最安店の一つであります。ネットでの評価はあまり良くないのですが、実際に利用したところ味や接客に問題はありませんでした。

このレストランは、なんと10ユーロでムール貝のセットを食べられるのが魅力です。この他にもステーキやスパゲッティにお酒が付いたセット、前菜とメインが選べる15ユーロのセットなどリーズナブルなメニューが揃っています。

私達はムール貝、フライドポテト、ビールのセットをオーダー。ムール貝は小ぶりな分、かなりの量が盛られています。貝の砂抜きがちょっと甘いかな~という印象を受けましたが、美味しかったです。鍋底に残ったスープは、ムール貝のエキスが凝縮されて絶品でしたよ。

 icon-exclamation-triangle イロサクレ地区には、観光客狙いの強引な客引きやぼったくりを行なう店があるので注意して下さい。心配な方は、一番人気のレストラン「シェ レオン」を予約していくのが確実かもしれません。当日はバウチャーを見せるだけでムール貝が食べられます。
>>「シェ レオン」ミールクーポン・事前予約サービス(日本語対応)

ノールドゼー メール ド ノール(Noordzee Mer du Nord)

ノールドゼー メール ド ノールは、聖カトリーヌ教会のすぐそばにある魚屋直営の立ち飲みバーです。お酒と共に、安くて美味しいシーフードが味わえる人気店。観光ついでにふらりと立ち寄って、軽く一杯楽しめるのが魅力です。人気メニューはムール貝や魚のスープ、エビのコロッケなど。営業時間は火曜~土曜8:00~18:00、日曜11:00~20:00、月曜定休。

デリリウム カフェ(Delirium Cafe)

デリリウム カフェは、イロサクレ地区にある人気のビアカフェです。2000種類ものビールが飲めるお店として、あのギネスブックにも認定された有名店。場所はブシェ通りから一本入った「小便少女」の前にあります。ちょっと分かりずらいかもしれないので、青い外壁とゾウのイラストを目印にして行くと良いでしょう。

巨大な店内は、いかにも海外のビアホールらしい素敵な雰囲気でした。昼間はご覧の通り空いていますが、夜になると混雑するので少し時間をずらして行くといいかも。ベルギービールをはじめ、世界中から取り寄せたビールを手頃な価格で楽しめます。営業時間は月曜~土曜10:00~翌4:00、日曜10:00~翌2:00。

Grimbergen Bruxelles Cafe

グリンベルゲン ブリュッセル カフェは、ベルギー料理が食べられるカジュアルなレストランです。場所は聖カトリーヌ教会のそばにあり、お洒落なレンガの建物が目印。人気メニューのカルボナード(牛肉のビール煮)をはじめ、山盛りになったムール貝のセットも約20ユーロと手頃な価格で味わえるのが魅力です。営業時間は11:00~0:30。

レストラン ミン(Le restaurant du MIM)

ミンは、アールヌーヴォー建築が美しい楽器博物館の最上階にある人気レストランです。高台にあるため見晴らしが良く、大きな窓からはブリュッセルの街が一望できます。ロケーションもさることながら、料理の美味しさにも定評があります。ランチプレートは、15ユーロ前後と手頃な価格で楽しめるのが魅力。当然ランチタイムは混雑するので、時間をずらして訪れるのがおすすめです。営業時間は火曜~金曜9:30~17:00、土日10:00~17:00、月曜定休。

ブリュッセルのおすすめワッフル・スイーツカフェ

メゾン ダンドア ティールーム(Maison Dandoy Tea Room)

ベルギースイーツの代表格と言えば、日本でも一大ブームが巻き起こったベルギーワッフルですよね!ブリュッセルにはワッフルを食べられるカフェが数多くありますが、中でも一番人気なのが「メゾン ダンドア ティールーム」です。グランプラスからすぐの場所にある老舗のカフェで、ワッフルを食べるなら絶対に外せないお店です。

素敵な雰囲気の店内は、1階がショップ(テイクアウトも可)、2階がカフェスペースになっています。営業時間は月曜~土曜9:30~19:00、日曜10:30~19:00。私達は空いている時間帯に訪れましたが、利用客の半分は日本人でした。店員さんは観光客慣れしていますし、メニュー表には日本語も併記されているので安心して利用できます。

ワッフルの生地は、サクサクした「ブリュッセル風」とモチモチした「リエージュ風」があります。私達はブリュッセル風のワッフル(各6.70ユーロ)をオーダー。手前がアイスクリーム&チョコレート、奥がアイスクリーム&フルーツソースです。程よい甘さで食べやすく、夫もペロリと完食していましたよ(笑)

ゴーフル ドゥ ブリュッセル(Aux Gaufre de Bruxelles)

ダンドア ティールームに並ぶ人気のワッフル店が、ゴーフル ドゥ ブリュッセルです。場所は賑やかなアゴラ広場に面しており、ダンドアよりもカジュアルな雰囲気のカフェ。ワッフルはブリュッセル風かリエージュ風を選び、好きなトッピングをのせてもらうことができます。営業時間は8:00~22:00。軽食もあるので、食事場所に困ったら利用するのもアリですね。

レ フナンブル(Le Funambule)

グランプラスから延びるエチューブ通りには、ワッフルのテイクアウト専門店が数多くあります。この辺りにあるお店は1ユーロからワッフルが食べられるので、観光客が気軽にテイクアウトしている姿をよく見かけます。

ワッフルのテイクアウト店の中で有名なのが、「小便小僧」のそばにあるレ フナンブルです。店先に立つ、水色の小便小僧はインパクト大!本物の小便小僧にも負けない、ちょっとした撮影スポットになっていましたよ(笑)

ワッフルは生地を選び、好きなトッピングをオーダーします。トッピングによって値段が決まりますが、ホイップをのせると3ユーロ前後、フルーツものせると5ユーロ前後が目安。営業時間は8:00~22:00と、朝早くから夜遅くまでやっています。

ヴィタメール カフェ(WITTAMER Cafe)

ヴィタメールはグランサブロン広場に本店を構える、ベルギー王室御用達のチョコレートショップです。グランサブロン広場は通称「チョコレート通り」と呼ばれ、ピエールマルコリーニ本店など名だたるチョコレートブランドが集まっています。

ヴィタメールの1階はショップ、2階がカフェになっており、素敵な空間でティータイムが楽しめます。ケーキだけでなく、朝食やランチの食事メニューも人気があります。ショップの営業時間は7:00~19:00、カフェは9:00~18:00。

ショーケースには美味しそうなケーキがずらり。お得意のチョコレート系のケーキから、フルーツたっぷりのケーキまで種類が多くて目移りしちゃいますね(笑)

ケーキは大体5ユーロ~、表示されているのはテイクアウトの価格になります。1階で購入したケーキをカフェで食べる場合は+3ユーロで食べることができます。ケーキは一つ一つが大きいので、甘党の私達でも1個でお腹いっぱいになるほどのボリューム。チョコレートケーキとマカロンのベリーケーキを食べましたが、どちらも濃厚で美味しかったですよ。

ブリュッセルのおすすめB級グルメ・ファストフード

フリットランド(Fritland)

フリットランドは、グランプラス北にあるフライドポテトの有名店です。ベルギーでわざわざフライドポテトを食べるなんて…と思われるでしょうが、実はフライドポテトはベルギー発祥なのをご存知ですか?ベルギーでは「フリッツ」と呼ばれており、スナック感覚で国民に親しまれているんです。

店先にはいつも行列が出来ていますが、回転は速いのでそれほど待たずに済みます。揚げたてのフリッツは、外がカリカリ、中がモチモチしていました。ケチャップではなく、マヨネーズを付けて食べるのが本場ベルギー流。美味しいのでパクパク食べれちゃいますが、2人でシェアして丁度いい量でしたね。1個3ユーロですからコスパも◎。営業時間は11:00~翌1:00。

ベルジアン フリットン トースト(Belgian Frit’n Toast)

ベルジアン フリットン トーストは、アゴラ広場にあるフリッツの人気店です。すぐ隣にはワッフルの有名店「ゴーフル ドゥ ブリュッセル」もあり、この辺りはいつも賑わっています。甘いもの→しょっぱいものと、ベルギー名物を2軒ハシゴしてもいいかもしれませんね(笑)営業時間は11:00~23:00と遅くまでやっています。

エクスキ(EXKi)

最後にご紹介するエクスキは、ベルギー生まれのオーガニックカフェです。こちらは証券取引所の前にあるブルス広場店で、市内にはいくつか店舗があります。サクッと朝食やランチを食べたい時、一人で食事する場所に困った時など、何かと使い勝手が良いお店です。

主なメニューは、新鮮なサラダや熱々のスープ、焼き立てのパン、サンドイッチなど。いずれも手頃な価格なので、店内はいつも賑わっています。お洒落で雰囲気が良いカフェですが、テイクアウトした方が安く済みますよ。

アゴラ広場店。営業時間は店舗により異なりますが、大体7:00~22:00頃となっています。

ブリュッセル南駅の構内にも店舗があるので、ユーロスターでロンドンやパリへ行く時にサッと利用するのもいいですね。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!