サンパウ病院の入場レポートとチケットの予約方法について!

この記事をシェアする

バルセロナのサンパウ病院は、世界で最も美しいと言われるモデルニスモ建築の病院です。広大な敷地の中に、豪華なイスラム宮殿風の病棟が建ち並んでいます。天才建築家ガウディのライバルであるモンタネールの設計で、1997年には世界遺産にも登録されています。

サンパウ病院は他の観光スポットに比べて空いているので、入場チケットは事前予約して行かなくても大丈夫だと思います。私達は入場できなかったら困るので予約しましたが、予約して行ってもチケット代は同じなので損はありませんよ。今回はサンパウ病院に入場した様子と、チケットの予約方法について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

サンパウ病院について

アクセス

  • 地下鉄5号線のサンパウ・ドス・デ・マッチ(Sant Pau Dos de Maig)駅徒歩1分
  • 市バスのH8、19、20、45、47、50、51、92、117、192番
  • サグラダファミリアから徒歩10分

開館時間

4~10月(月曜~土曜):10:00~18:30
4~10月(日曜・祝日):10:00~14:30
11~3月(月曜~土曜):10:00~16:30
11~3月(日曜・祝日):10:00~14:30

休館日

1/1、1/6、12/25

無料開放日

毎月第1日曜日と2/12、4/23、5/8、9/24は、終日無料で入場できます。
※一般入場だけが無料で、ガイドツアーは有料になります。

入場料

料金区分一般入場ガイドツアー
大人13ユーロ19ユーロ
大人(12~29歳)9.10ユーロ13.30ユーロ
シニア(65歳以上)9.10ユーロ13.30ユーロ
子供(12歳未満)無料無料

※割引料金の方は、パスポートの提示を求められる場合があるので念のため持参下さい。

ガイドツアー

ガイドツアーに参加すると、一般入場では立ち入ることのできない場所へも案内してもらうことができます。ガイドツアーは日本語がないので、英語、フランス語、スペイン語、カタルーニャ語のいずれかでの案内となります。所要時間は約1時間です。

【ガイドツアーのスケジュール】
フランス語 10:30
英語 11:00
スペイン語 12:00
カタルーニャ語 12:30

所要時間

所要時間は約1時間が目安となります。敷地内に病棟はたくさんありますが、見学できる建物は限られているのでゆっくり見学しても1時間半くらいでしょう。

サンパウ病院の入場レポート

SPAIN4_DSC_0633

私達はサグラダファミリアの見学後、徒歩でサンパウ病院に向かいました。サグラダファミリアとサンパウ病院を一直線に結ぶ「ガウディ通り」を10分ほど歩けば到着します。

SPAIN4_DSC_0638

ガウディ通りの中央は、歩行者専用スペースになっているので歩きやすかったです。通りにはベンチがたくさん設置されているので、皆さんのんびりと寛いでいました。後ろを振り返ると、巨大なサグラダファミリアがそびえ立っているのが見えます。

SPAIN4_DSC_0652

ほどなくすると、サンパウ病院の正面玄関にあたる「管理事務分館」が見えてきました。両手を広げたように迎えてくれる、素敵なデザインの建物です。サンパウ病院は街の区画に対して斜め45度に傾けて造られているので、建物の正面はガウディ通りに面しています。

SPAIN4_DSC_0672

入口は、管理事務分館の右側にありました。

SPAIN4_DSC_0847

私達はチケット売り場にて事前予約したバウチャーを見せて、本物のチケットと引き換えてもらいました。チケットは直接購入している人が多いようだったので、事前予約は必要なかったかもしれません。

SPAIN4_DSC_0678

日本語の無料パンフレットと、自由見学者用の緑色のシールを貰いました。ガイドツアーの人と区別するため、色の違うシールを目立つ所に貼って見学します。

SPAIN5_DSC_0091

パンフレットはフルカラーで31ページもあり、写真付きで分かりやすい内容でした。海外にありがちな直訳のおかしい日本語ではなく、ナチュラルな日本語なので読みやすいです。内部を見学できる建物は3か所だけとなっていますね。それでは早速見ていきましょう!

SPAIN4_DSC_0683

サンパウ病院は正式名称をサンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院と言い、銀行家パウ・ジウの寄付によって建てられた巨大病院です。当時あった6つの病院を統合し、28年もの歳月をかけて造られました。1930年に完成し、なんと2009年まで実際に病院として使われていました。設計を担当したのは、ガウディのライバルだったルイス・ドメネク・イ・モンタネールです。二人はモデルニスモ建築を代表する建築家で、師弟関係にあったことでも有名です。

SPAIN4_DSC_0685

まず最初に地下の通路を進んでいきます。見取り図で「トンネル」と書かれている部分です。

SPAIN4_DSC_0692

各病棟は雨風をしのげるように、全て地下通路で繋がっています。病棟間で患者を移動しやすいように、機能性も考えて造られていたそうです。天井から光が取り込まれているので、白いタイルがキラキラと反射して綺麗ですね。

SPAIN4_DSC_0700

トンネルから地上へ出ると、左右対称のそっくりな建物がずらりと建ち並んでいました。

当初の予定では48の建物が建設される予定でしたが、最終的には27棟となりました。このうち16棟がモダニズム建築の建物で、12棟はモンタネールの設計、残りの4棟はモンタネールの息子によって設計されました。

SPAIN4_DSC_0827

中庭の中央にある建物は手術棟です。正面ファサードは、青と白の美しいタイルと様々な彫刻によって装飾されています。一番上には両手を広げた天使像があり、この他にも有翼のライオン、口を開けた有翼のドラゴン、胸に手を当てた天使といった彫刻が施されています。

SPAIN4_DSC_0810

手術棟の裏側はガラス張りのテラスになっており、中庭を眺められる設計になっています。中庭にはオレンジの木や落葉樹などの樹木、ラベンダーやローズマリーといったハーブ類が植えられていました。モンタネールは自然豊かな環境作りも治療の一環だと考えていたそうです。

SPAIN4_DSC_0701

それでは、右端にある建物から反時計回りで順番に見学していきます。

こちらは聖ジョルディ分館で、かつて総合救急科と小児科として使われていた病棟です。カラフルな瓦屋根と、王冠のような形をした換気口が特徴的です。

SPAIN4_DSC_0846

側面の外壁に描かれていたモザイク画。

SPAIN4_DSC_0709
SPAIN4_DSC_0706

他の病棟に比べてこじんまりとした建物で、内部は展示スペースとなっていました。波打った天井のタイル装飾が可愛らしいです。バラと葉っぱの模様かな?

SPAIN4_DSC_0708

部屋の壁一面は真っ白な陶器タイルで覆われていますが、消毒がしやすいようにタイル張りにしたそうです。機能性も持たせつつ、デザイン性も考えられていますよね。

SPAIN4_DSC_0830

SPAIN4_DSC_0831

こちらは聖ジョルディ分館の隣に建つ、聖サルバドール分館です。

サンパウ病院の建物はすべてレンガ製で、それぞれの建物にはドーム型の娯楽室と給水塔が備わっています。ドームはうろこのような形をした、カラフルな瓦で覆われていました。まるでイスラム宮殿のような外観をしていますが、これはムデハル様式というイスラムとキリストが融合したスペイン独自の建築様式なんですよ。

SPAIN4_DSC_0825

SPAIN4_DSC_0826

聖サルバドール分館の隣に建つ、聖レオポルド分館です。どの建物もそっくりな外観をしているのですが、よく見るとドーム部分などが微妙に違っていたりします(笑)

SPAIN4_DSC_0795

聖レオポルド分館の隣に建つ聖ラファエル分館は、内部を見学することができました。

SPAIN4_DSC_0796

ドームの周りには、怪物のような形をしたガーゴイル(排水口)が付いていますね。

SPAIN4_DSC_0801

聖ラファエル分館はかつての入院病棟で、娯楽室や医局なども設けられていました。内部は広々としており、窓からたくさん光が取り込まれるようになっています。モンタネールは患者に圧迫感を与えないように、病棟間や庭園、室内までもゆったりと設計したそうです。

SPAIN4_DSC_0806

アーチ状の天井が特徴的で、壁は掃除がしやすい陶器タイルで覆われていました。タイルには淡い緑色を基調として、赤や黄色の草花が描かれています。

SPAIN4_DSC_0804

こんな可愛いタイルを見ていると、塞ぎがちな入院生活も明るい気分で過ごせそうですよね。

SPAIN4_DSC_0814

次は聖ラファエル分館の隣に建つ、聖マヌエル分館です。

先ほど見てきた3つの建物とは、デザインが異なっているのが分かりますか?サンパウ病院は傾斜地に建てられているため、各病棟の高さが視覚的に調和するように設計されています。この聖マヌエル分館と中庭を挟んで反対側に建つ聖母モンセラット分館は、半地下の上に2階建てという設計になっています。

SPAIN4_DSC_0809

一番奥の建物は、修道女の宿舎です。この建物の後方には近代的な建物があるのですが、これは現在のサンパウ病院です。病院としての機能はこの新館に移行されているそうです。

それでは右側の男性用病棟の見学が終わったので、次は左側の女性用病棟を見ていき、入口のあった管理事務分館に戻ります。

SPAIN4_DSC_0813

聖母モンセラット分館は反対側の聖マヌエル分館と同じく、半地下の上に2階建てという構造になっています。尖塔の陶器装飾、窓枠のデザインにも一つ一つこだわりが感じられますね。

SPAIN4_DSC_0820

聖母モンセラット分館の隣に建つ、聖母メルセ分館です。各分館の名前はそれぞれの入口の上に立つ守護聖人像にちなんで名付けられているそうですよ。

SPAIN4_DSC_0823

聖母メルセ分館の隣に建つ、聖母カルメ分館です。

SPAIN4_DSC_0832

次は聖母カルメ分館の隣に建つ、聖母プリッシマ分館です。見取り図には書かれていなかったのですが、今回訪れた時は内部を見学できるようになっていました。ドームの上は修復中のようですね。

SPAIN4_DSC_0786

内部もまだ修復工事の途中らしく、天井にはネットが張られていました。当時の写真が展示されているだけで、がらんとした雰囲気です。

SPAIN4_DSC_0697

管理事務分館に戻ってきたので、次は内部を見学していきます。建物内にはホールや回廊、礼拝堂などがあり、サンパウ病院の中で最も豪華に装飾されている棟になります。

SPAIN4_DSC_0714

中に入ると一番最初に目に飛び込んでくるのが、このピンクの玄関ホールです。ピンクの天井タイルと大理石の柱が、なんともメルヘンチック!天井には9つの丸天井が広がっており、ピンクタイルの間には数字や紋章の描かれたモザイクが施されています。「Α1905」は工事開始年で、「Ω1910」は工事終了年、その他にもバルセロナ市の紋章などが描かれています。

SPAIN4_DSC_0756

「建築の力で患者を癒す」ことをモットーに病院建築に取り組んだ、モンタネールの優しさが感じられる空間となっていますね。

SPAIN4_DSC_0721

奥にある階段ホールも素敵なデザインでした。階段脇にはレリーフがあり、ステップの部分にまで模様が施されています。壁には、病院建設のパトロンだったパウ・ジウ氏のイニシャルであろう「P」「G」の文字と十字架模様が刻まれていました。

SPAIN4_DSC_0726

階段ホールを見上げると、ステンドグラスのドーム天井が飛び込んできます。

SPAIN4_DSC_0720

万華鏡のように輝く美しいステンドグラス。

SPAIN4_DSC_0734
SPAIN4_DSC_0730

2階へ上がると、そこにも素敵な空間が広がっていました。馬蹄形アーチやカリグラフィーのような文字装飾など、随所にイスラム建築の要素が取り入れられていますね。

SPAIN4_DSC_0745
SPAIN4_DSC_0746

中は礼拝堂になっており、ステンドグラスの大きな窓から優しい光が差し込んでいます。よく見ると左側のレリーフの奥には、磔にされたキリスト像が掲げられています。

SPAIN4_DSC_0747
SPAIN4_DSC_0748

レリーフの下には、植物模様のモザイクタイルがあります。花柄の白いレリーフタイルと色鮮やかなモザイクタイルも素敵です。

SPAIN4_DSC_0743

天井は波打った独特の形をしており、淡い黄色やオレンジ、水色のタイル装飾が施されていました。モンタネールは人を癒すカラーのピンクや黄色を率先して取り入れたそうです。

SPAIN4_DSC_0750

窓からは先ほど見学した中庭が見えました。改めて見ても病院という感じが全くしませんね。カラフルな装飾で彩られた赤レンガの建物が並ぶ光景を眺めていると、まるでおとぎの世界に迷いこんでしまったようです。

SPAIN4_DSC_0777

では1階に戻って、回廊を見ていきます。回廊の天井もパステルカラーで可愛らしいですね。

SPAIN4_DSC_0772
SPAIN4_DSC_0775

回廊に面していくつか小部屋があり、床にはびっしりとモザイクタイルが施されていました。結構古そうな感じだったので、当時のオリジナルのタイルかもしれませんね。

SPAIN4_DSC_0768

回廊の奥には、天井がゴージャスな会議室または講堂のような場所がありました。

以上で、サンパウ病院の見学は終了となります。

SPAIN4_DSC_0842

出口は聖ジョルディ分館の前にあります。一度、管理事務分館の裏側から出て右側に回り込まないといけないので少し分かりにくかったですね。

SPAIN4_DSC_0844

最後の最後まで美しいモザイク画が描かれていました。

>>次ページ サンパウ病院のチケット予約方法

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

この記事をシェアする

この記事をお届けした
TABI JOZUの最新ニュース情報を
いいねしてチェックしよう!